202件中 31 - 40件表示
  • 田中眞紀子

    田中眞紀子から見た北朝鮮による拉致被害者家族連絡会

    2003年10月31日、佐渡において行った藤島正之候補の応援演説で、「拉致家族の子供は北朝鮮で生まれたから本来なら北朝鮮に返すべきじゃないですか? その辺のところを蓮池何とか(=透、被害者の薫さんの兄)さんはよく考えてください」と発言し、 北朝鮮による拉致被害者家族連絡会・北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会を批判した。また、「(被害者に)耳触りのいいことを言うべきではない」、「(帰国した5人の拉致被害者の)家族の国籍は国際法上は北朝鮮籍。外務省も知っているはず。(日本帰国は)難しいとはっきり言うべき」と発言した。北朝鮮による拉致被害者家族連絡会と北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会は田中真紀子事務所に抗議したが、一切回答していない。田中眞紀子 フレッシュアイペディアより)

  • 田中眞紀子

    田中眞紀子から見たダライ・ラマ14世

    ダライ・ラマはチベットの自治を求めているわけでしょ。でもチベットは中国の一部なわけですから、自治が欲しいと言うことは独立をめざすと言うことでしょ。なのにダライラマは独立を目指していませんって言うんですけどそれは矛盾してますよ。」と発言。ダライラマを批判しチベットの独立を認めない中国政府を支持した(2008年4月20日CCTVにて)。田中眞紀子 フレッシュアイペディアより)

  • 田中眞紀子

    田中眞紀子から見たミートホープ

    「最初はおいしかったが、だんだんしゃっこく(冷たく)なって、肉はミートホープの肉か知らないけど、見るだけでもいやになった。そういう時に新しく天丼が出てきたら、食べてみることだ」:自民党をカレーライスに例えて。天丼は民主党。田中眞紀子 フレッシュアイペディアより)

  • 田中眞紀子

    田中眞紀子から見た小学館

    『田中真紀子の恩讐』上杉隆著、小学館田中眞紀子 フレッシュアイペディアより)

  • 田中眞紀子

    田中眞紀子から見た東日本旅客鉄道

    父の古くからの支持者との軋轢の一つに、2004年から2005年にかけて起こったJR浦佐駅前に立つ銅像を巡って発生した管理団体との対立が挙げられる。この銅像に屋根をつけるべき(地元は豪雪地帯のため、「雪が積もってお父ちゃんが可哀想」と発言したとも)と2004年11月に管理団体「角友会」(会長・須佐昭三、越山会元幹事長)に申し入れるも難色を示されたため、2005年2月に「田中角栄記念館」を通じて六日町簡易裁判所に調停を申し立てた。話し合いの末、像の管理は田中家がすることとなり「角友会」は解散。銅像そのものは、支持者が角栄の地元発展への尽力に感謝し、約2億円をかけて1985年に建立したもの。また、2005年には銅像に屋根が掛けられた。田中眞紀子 フレッシュアイペディアより)

  • 田中眞紀子

    田中眞紀子から見た浜田幸一

    田中の発言は他の政治家に比べて単なる「悪口」や人格への「中傷」が際立って多く、批判が多い。『ビートたけしのTVタックル』においてテリー伊藤やビートたけしは眞紀子のことを「政治漫談家」と呼び、三宅久之からは「未熟な女」と酷評、浜田幸一は「オヤジ(角栄のこと)は草葉の陰で泣いている」と発言している。外務大臣就任前には東京都知事時代の石原慎太郎からも「田中真紀子が将来の総理大臣だなんて、メディア・大衆の程度の低さだよね。他人の言うことをけなすのは彼女みたいにやっていたら気持ちいいけど。なにもかも人の悪口をいってりゃいいという問題じゃないからね。あの人は親父(角栄)の七光りでしょ」と酷評された。田中眞紀子 フレッシュアイペディアより)

  • 田中眞紀子

    田中眞紀子から見た小渕恵三

    1998年7月の自由民主党総裁選挙に立候補した小渕恵三を「凡人」、梶山静六を「軍人」、小泉純一郎を「変人」と彼女が評した。梶山は旧陸軍航空士官学校出身。小泉は自民党の支持基盤の1つを解体すると目されていた「郵政民営化」を自身の政策の根幹に据えていたため、「自民党の異端児」と評されていた。そして小渕は官房長官当時に「平成」の改元を発表した「平成おじさん」の印象程度しかなく、国民からの認知度が低かったため。これは同年の流行語ともなった。田中眞紀子 フレッシュアイペディアより)

  • 田中眞紀子

    田中眞紀子から見た麻生太郎

    麻生太郎外相の2007年7月19日の講演でのいわゆる「アルツハイマー発言」に対して「口の曲がったわけのわからないおっちょこちょいの外相が『中国のお米と日本のお米の(価格の)計算が分からない人なんてアルツハイマーだ』だって、自分がアルツハイマーだからそんなこと言っているんでしょう」と発言(7月28日の米子市での演説会)。田中眞紀子 フレッシュアイペディアより)

  • 田中眞紀子

    田中眞紀子から見た小渕優子

    2001年7月に、群馬県で参議院選挙に立候補した吉川真由美を応援するための演説をするはずであったが、田中が応援演説の予定の午後4時よりも1時間以上前に群馬県庁前に到着し、応援すべき候補者が来るのを待たずに勝手に演説を始めた。このため吉川は別の場所で演説していたが、これを中断して群馬県庁前へ急行、田中と一緒に演説を始めた。田中は「これから新潟に行って外務省の用事があるもんですから、あと4分だけで終わりにしますが、候補者、どの人か知りません。駅についてチラシをもらうまで男か女かも知りませんでした。名誉のため、市議や県議をやったから国会に行ってみようとか、政治家の娘だから国会に行ってみようというのは税金の無駄遣いなんです。」と駅前で演説した(吉川は元群馬県議会議員であり、元衆議院議員熊川次男の娘。「政治家の娘」云々は群馬県を選挙区とする小渕優子のことかと思われるが、もちろん田中自身も政治家の娘である)。吉川が田中の批判的な発言をなだめるために、にこやかに「そんなぁ」と言いながら、田中の肩へ手を回したが、田中は「この候補者、なんておっしゃるんですか。知らないから触らないでください。知らない人に触られたくありません。では地元に用事がありますし、外務省に用事がありますのでこの辺で失礼します」と駅前の大衆に向かって演説した後、すぐに帰った。報道によれば外務省での公用などなく、地元の用事とは、新潟でのクラシックコンサートを見ることだったとされている。田中眞紀子の事務所には、事前に吉川についての資料が送られていた。結局吉川は落選した。田中は党紀委員会にかけられたが、小泉首相側はこれを擁護した。田中眞紀子 フレッシュアイペディアより)

  • 田中眞紀子

    田中眞紀子から見た文部科学省

    同年11月、2013年春に新規開校を予定していた大学3校の不認可を示唆。3大学は、文部科学省の諮問機関である大学設置・学校法人審議会の認可を受けており、文部科学大臣が審議会の判断を覆すのは極めて異例で、田中は不認可の理由について「大学が多すぎ、質が低下している」と説明したことから、関係各所を巻き込んだ騒動に発展。この3校以外に同時期に認可の申請が出された既設大学の16学部、13の大学院を認可したことに続き、結局、文部科学省は11月8日、新規3校についても正式に認可した。田中眞紀子 フレッシュアイペディアより)

202件中 31 - 40件表示

「田中真紀子」のニューストピックワード