207件中 31 - 40件表示
  • 田中眞紀子

    田中眞紀子から見た小泉純一郎

    1998年7月の自由民主党総裁選挙に立候補した小渕恵三を「凡人」、梶山静六を「軍人」、小泉純一郎を「変人」と彼女が評した。梶山は旧陸軍航空士官学校出身。小泉は自民党の支持基盤の1つを解体すると目されていた「郵政民営化」を自身の政策の根幹に据えていたため、「自民党の異端児」と評されていた。そして小渕は官房長官当時に「平成」の改元を発表した「平成おじさん」の印象程度しかなく、国民からの認知度が低かったため。これは同年の流行語ともなった。田中眞紀子 フレッシュアイペディアより)

  • 田中眞紀子

    田中眞紀子から見た金正日

    2001年5月1日、北朝鮮の金正日の長男、金正男と思われる人物が出入国管理法違反により成田空港内で入国管理局に身柄拘束されたことについて田中が「そんな人間を日本に置いておいて、北朝鮮からミサイルが飛んで来たら大変なことになる。すぐ帰さないとだめだ。すぐに追い出すように」という趣旨の発言をしたとされたことについて鈴木宗男が衆議院で質問したが、そのような発言の記録は見当たらないと町村信孝が答弁した。田中眞紀子 フレッシュアイペディアより)

  • 田中眞紀子

    田中眞紀子から見た文部科学省

    同年11月、2013年春に新規開校を予定していた大学3校の不認可を示唆。3大学は、文部科学省の諮問機関である大学設置・学校法人審議会の認可を受けており、文部科学大臣が審議会の判断を覆すのは極めて異例で、田中は不認可の理由について「大学が多すぎ、質が低下している」と説明したことから、関係各所を巻き込んだ騒動に発展。この3校以外に同時期に認可の申請が出された既設大学の16学部、13の大学院を認可したことに続き、結局、文部科学省は11月8日、新規3校についても正式に認可した。田中眞紀子 フレッシュアイペディアより)

  • 田中眞紀子

    田中眞紀子から見た北朝鮮による拉致被害者家族連絡会

    2003年10月31日、佐渡において行った藤島正之候補の応援演説で、「拉致家族の子供は北朝鮮で生まれたから本来なら北朝鮮に返すべきじゃないですか? その辺のところを蓮池何とか(=透、被害者の薫さんの兄)さんはよく考えてください」と発言し、 北朝鮮による拉致被害者家族連絡会・北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会を批判した。また、「(被害者に)耳触りのいいことを言うべきではない」、「(帰国した5人の拉致被害者の)家族の国籍は国際法上は北朝鮮籍。外務省も知っているはず。(日本帰国は)難しいとはっきり言うべき」と発言した。北朝鮮による拉致被害者家族連絡会と北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会は田中真紀子事務所に抗議したが、一切回答していない。田中眞紀子 フレッシュアイペディアより)

  • 田中眞紀子

    田中眞紀子から見たミートホープ

    「最初はおいしかったが、だんだんしゃっこく(冷たく)なって、肉はミートホープの肉か知らないけど、見るだけでもいやになった。そういう時に新しく天丼が出てきたら、食べてみることだ」:自民党をカレーライスに例えて。天丼は民主党。田中眞紀子 フレッシュアイペディアより)

  • 田中眞紀子

    田中眞紀子から見た小学館

    『田中真紀子の恩讐』上杉隆著、小学館田中眞紀子 フレッシュアイペディアより)

  • 田中眞紀子

    田中眞紀子から見た東日本旅客鉄道

    父の古くからの支持者との軋轢の一つに、2004年から2005年にかけて起こったJR浦佐駅前に立つ銅像を巡って発生した管理団体との対立が挙げられる。この銅像に屋根をつけるべき(地元は豪雪地帯のため、「雪が積もってお父ちゃんが可哀想」と発言したとも)と2004年11月に管理団体「角友会」(会長・須佐昭三、越山会元幹事長)に申し入れるも難色を示されたため、2005年2月に「田中角栄記念館」を通じて六日町簡易裁判所に調停を申し立てた。話し合いの末、像の管理は田中家がすることとなり「角友会」は解散。銅像そのものは、支持者が角栄の地元発展への尽力に感謝し、約2億円をかけて1985年に建立したもの。また、2005年には銅像に屋根が掛けられた。田中眞紀子 フレッシュアイペディアより)

  • 田中眞紀子

    田中眞紀子から見た文藝春秋

    『田中真紀子研究』立花隆著、文藝春秋田中眞紀子 フレッシュアイペディアより)

  • 田中眞紀子

    田中眞紀子から見た光文社

    『疑惑の相続人 田中真紀子』野田峯雄・小山唯史著、光文社田中眞紀子 フレッシュアイペディアより)

  • 田中眞紀子

    田中眞紀子から見た長島忠美

    2012年12月16日の第46回衆議院議員総選挙で、父の時代からの強固な地盤だった新潟5区では自民候補の長島忠美に3万票近い差をつけられ次点で落選し、比例復活もならず議席を失った。父・角栄の死去から丁度19年になる命日での出来事であった。「この地域に責任がある」と発言し政界引退は否定したが、以後の選挙には出馬を見送っている。田中眞紀子 フレッシュアイペディアより)

207件中 31 - 40件表示

「田中真紀子」のニューストピックワード