547件中 51 - 60件表示
  • コスモス・エンド

    コスモス・エンドから見た装身具装身具

    ギンヌンガ・ガップ探査の探査主任を務める女性探査官。役職は主任。後述のボウイと脳波で会話するため、額にその増幅装置であるアクセサリーを着けている。ボウイの死の瞬間、彼から1光時離れていたヘルガにその感覚が伝わると、アクセサリーは破壊されヘルガも失神する。しかし、増幅装置によって彼女の持つESP能力がボウイとの会話に制限されていたことから、以後彼女のESP能力は非常に高まる。何かに操られるように宇宙空間に飛び出した彼女は、姿の見えない人物からテレパシーによって案内され、ギンヌンガ・ガップを周回する人工惑星「オム」に辿り着き、オムを制御するコンピュータの感覚端子から、間もなく始まるコスモス・エンドの説明を受ける。やがて彼女の前に現れたテレパシーの主は、すべてが終わった未来のヘルガ自身であった。「金のたてがみ」へメッセンジャーの役割を託したのも暗黒星雲を用意したのも、未来のヘルガがし、これからヘルガがしなければならないことだった。コスモス・エンド フレッシュアイペディアより)

  • 玉髄

    玉髄から見た装飾品装身具

    現代でも、飾り石や簪、帯留、数珠などの装飾品、高級な食器などに加工されて利用されている。玉髄 フレッシュアイペディアより)

  • サオ (植物)

    サオ (植物)から見た装飾品装身具

    木材としては非常に固く、食器や装飾品などによく利用される。サオ (植物) フレッシュアイペディアより)

  • モリタ (鉄道模型メーカー)

    モリタ (鉄道模型メーカー)から見た装身具装身具

    有限会社モリタは日本の鉄道模型部品メーカー。群馬県邑楽郡に製造拠点たる館林工場がある。鋳造技術全般を有しており、釣り具や装身具の製造も請け負っている。モリタ (鉄道模型メーカー) フレッシュアイペディアより)

  • 競技者の用具 (サッカー)

    競技者の用具 (サッカー)から見た装身具装身具

    2006年のワールドカップドイツ大会を契機に、腕時計、指輪、ネックレス、ブレスレット、ピアスなどの金属製の装飾具の着用が厳しく制限されている。(入場前に審判員が選手に指を広げさせて確認しているのは、このような装飾具を着用していないか確認するためである)競技者の用具 (サッカー) フレッシュアイペディアより)

  • ニシキオオツバメガ

    ニシキオオツバメガから見た装身具装身具

    ビクトリア朝時代のイギリスでは、この翅が装身具に加工されたり、宝石として扱われたりしていた。その際、裏面の方が輝く部分の面積が多いので、裏面を表に出して用いられたようである。ニシキオオツバメガ フレッシュアイペディアより)

  • ばら輝石

    ばら輝石から見た宝飾品装身具

    菱マンガン鉱とともにマンガン鉱床に産出する。バラ色に近い色合いを持つ事から宝飾品として加工される事が一般的で、鉱石としての利用は少ない。ごくまれに透明な色の石も採掘される。ばら輝石 フレッシュアイペディアより)

  • 骨壺墓地文化

    骨壺墓地文化から見た装飾品装身具

    遺体を火葬し、遺灰を骨壺に収め、天板や特別に意匠を施された蓋で骨壺を閉じ、武器や装飾品と一緒に墓所に埋葬する習慣がある。「骨壺墓地文化」という名称は、こういった墓地の形態に由来する。骨壺墓地文化 フレッシュアイペディアより)

  • サンプラチナ

    サンプラチナから見た装身具装身具

    サンプラチナ (Sun Platinum Metal、略号SPM) は、1930年に加藤信太郎により開発されたニッケル85%、クロム11%、銀3%、その他1%を含む白金色合金であり、身体との親和性に優れ、耐食性にも優れ、長時間大気中に放置してもほとんど変色せず、研磨後の表面は軟らかい白金色に似た光沢を呈する事より、眼鏡材料、歯科材料(一般的に「サンプラ」と略されることが多い)、装身具・時計バンド、整形外科用等として、幅広く使用されてきた。特に、サンプラチナの丸い眼鏡フレームは、昭和天皇も愛用し、一般にも普及した。サンプラチナ フレッシュアイペディアより)

  • シュシュ

    シュシュから見た装身具装身具

    シュシュは、装身具の一種。ドーナツ状にした薄手の布にゴムを通して縮ませた髪飾りである。シュシュ フレッシュアイペディアより)

547件中 51 - 60件表示

「田中貴金属ジュエリー」のニューストピックワード