547件中 71 - 80件表示
  • カラーステイ

    カラーステイから見た装身具装身具

    カラーステイ() とは、ワイシャツの襟裏に作られたポケットに挿して襟先に張りを持たせ、また逆に跳ね上がらないようにする器具。カラーキーパー(襟キーパー)、カラーセル、カラーボーンとも呼ぶ。カラーステイ フレッシュアイペディアより)

  • トニーノ・ランボルギーニ

    トニーノ・ランボルギーニから見た服飾品装身具

    トニーノ・ランボルギーニ・グループの代表者であり、「トニーノ・ランボルギーニ」ブランドのバッグや腕時計、靴などの服飾品、マウンテンバイクなどをプロデュースしている。ブランドの紋章には、父が創業したランボルギーニと同じ猛牛が描かれている。トニーノ・ランボルギーニ フレッシュアイペディアより)

  • アームバンド

    アームバンドから見た装身具装身具

    アームバンド()とは、ワイシャツの裄丈を合わせる装身具である。アームバンド フレッシュアイペディアより)

  • 神羅万象チョコ 神獄の章

    神羅万象チョコ 神獄の章から見た装身具装身具

    本人曰く、尻尾と翼はアクセサリーらしいが、触ると怒る。神羅万象チョコ 神獄の章 フレッシュアイペディアより)

  • グリル (アクセサリー)

    グリル (アクセサリー)から見た装身具装身具

    グリル(Grill)は歯の上につけるアクセサリーのこと。一般に可徹式。アメリカでは1980年代前半にヒップホップを行う者達の間で装着が始まり、2000年代の半ばに広く人気が広がった。近年では、歯科医院で印象を取り作成する場合も多い。長期の磨耗や健康への影響は未知である。日本の著名人ではA BATHING APEのデザイナーNIGOがダイヤモンド製で固定式のグリルを装着している。似たものにスカイスがある。日本ではまだ一般的でないため、ここでは主にアメリカでの事例を記述する。グリル (アクセサリー) フレッシュアイペディアより)

  • 山梨県立宝石美術専門学校

    山梨県立宝石美術専門学校から見た装身具装身具

    山梨県立宝石美術専門学校(やまなしけんりつ ほうせきびじゅつせんもんがっこう)は、山梨県甲府市の専修学校。設置者は山梨県であり、日本で唯一の装身具(ジュエリー)を取扱う公立系専修学校である。山梨県立宝石美術専門学校 フレッシュアイペディアより)

  • ストラップ

    ストラップから見た装身具装身具

    形状には色々なものがあるが、一般的なものは対象物に固着するための細い輪の部分(アクセサリーパーツとしては松葉紐という)と、手首等に通すために輪になった紐の部分で構成されている。この紐部分には様々な色や模様が付いているものがあり、素材もビニール、ポリエステル、革など多種にわたっている。また、根元部分に小さなアクセサリーやマスコットなどが付いていることも多い。ストラップ フレッシュアイペディアより)

  • ニエロ

    ニエロから見た装身具装身具

    ニエロ細工を施したタイ王国の装身具は、1920年代から1970年代にかけて、その地に駐留していたアメリカ兵が、帰国してガールフレンドや妻に贈るプレゼントとして人気があった。そのほとんどは手作りのものだった。ニエロ フレッシュアイペディアより)

  • エフ・ディ・シィ・プロダクツ

    エフ・ディ・シィ・プロダクツから見た宝飾装身具

    株式会社エフ・ディ・シィ・プロダクツ(F.D.C. PRODUCTS INC.)は、主にジュエリーブランド「4℃」(ヨンドシイ)を展開する宝飾品・アパレル会社。F.D.C.Pの略称で表記されることもある。エフ・ディ・シィ・プロダクツ フレッシュアイペディアより)

  • BOY-KEN

    BOY-KENから見た装身具装身具

    サングラス、側面だけ剃り込みを入れたドレッドヘアー、大きめのアクセサリー、ラフな服装が特徴的。このスタイルは活動当時からほとんど変わっていない。BOY-KEN フレッシュアイペディアより)

547件中 71 - 80件表示

「田中貴金属ジュエリー」のニューストピックワード