446件中 71 - 80件表示
  • ファンシー

    ファンシーから見た装身具装身具

    「ファンシー・グッズ(Fancy goods)」は装飾品や装身具などを指す。ファンシーケーキは、デコレーションケーキ(和製英語)のことである。ファンシー フレッシュアイペディアより)

  • ジャンフランコ・フェレ

    ジャンフランコ・フェレから見た装身具装身具

    1944年にロンバルディア州レニャーノで生まれる。ミラノ工科大学建築学科を卒業後、アクセサリーのデザインに従事する。そして1978年、自らの名を冠したコレクション「ジャンフランコ・フェレ」を発表した。ジャンフランコ・フェレ フレッシュアイペディアより)

  • 特産品

    特産品から見た装身具装身具

    特産品は、該当地域で生産される、その地域の産品であることが他によく知られているものである。代表的な特産品の例としては、農産物や海産物やそれらを加工したもの(加工食品や工芸品など)、菓子や惣菜などの食品(郷土料理を含む)、衣服や玩具ないし装飾品など、その種類は多岐にわたる。みかんやリンゴなどのように気候風土と密接に結びついたもの、また京野菜、芋焼酎、古酒などのようにその文化風土と密接に結びついたものなど、その成立の過程もバラエティに富んでいる。特産品 フレッシュアイペディアより)

  • バーゼル・フェア

    バーゼル・フェアから見た宝飾装身具

    バーゼル・フェア (BASELWORLD、バーゼルワールド) は、スイス・バーゼルにて毎年3月、4月頃に1週間かけて行われる世界最大の宝飾と時計の見本市。現在のような形式になったのは1972年である。バーゼル・フェア フレッシュアイペディアより)

  • インポートロッサ

    インポートロッサから見た装身具装身具

    株式会社インポートロッサ (import Rossa) は1978年に設立された洋装・洋品輸入製造卸業社である。婦人服ブランド「ロッサオリジナル」を抱え、服飾を中心にバッグなどのグッズ、ジュエリー、輸入家具までを取り扱っている。インポートロッサ フレッシュアイペディアより)

  • 為る

    為るから見た装身具装身具

    装身具などを身につける時も「為る」が用いられる。つけるという行為によって身体の外面的状態となる物で、正確には、無意志的な状態と意志的な行為を表す意味の中間といえる。為る フレッシュアイペディアより)

  • グラスホルダー

    グラスホルダーから見た装身具装身具

    グラスホルダー (Glass holder) は、首に着ける装身具である。グラスホルダー フレッシュアイペディアより)

  • 今田智憲

    今田智憲から見た装身具装身具

    1975年、事業部がグレートマジンガー巨大ロボットショーの実演催事用アトラクションの製作から、集客・販売と番組宣伝を兼ねたキャラクターショーを全国遊園地等で展開、これはその後拡大・発展した。事業部はその他、遊園地やレジャー施設、テーマパーク等のアトラクションの製作や施設設計施工、アイスショーや野球場のスコアボード映像製作、歌手のコンサートの製作、催事の業務提携、「大恐竜展」「大エジプト展」などのイベントも手掛けている。1980年、版権営業部国際部新設。1978年、商品営業部が販売強化のため、メーカーとの共同販売プロジェクト開始、1981年にはオリジナル・キャラクターの開発・商品化、輸入ファンシー商品販売に乗り出す。今田智憲 フレッシュアイペディアより)

  • 御木本製薬

    御木本製薬から見た宝飾品装身具

    太平洋戦争中の奢侈禁止令により宝飾品が作れなくなった際に御木本幸吉が漢方思想に着目して会社を興した。1949年(昭和24年)には医薬品「パールカルク」の販売を開始、1982年(昭和57年)には無香料・無着色の基礎化粧品を発売した。界面活性剤を用いない乳化技術を世界で初めて開発し、販売する製品の95%で特許出願中または特許権を有している。御木本製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 銀粘土

    銀粘土から見た装身具装身具

    銀粘土(ぎんねんど)は、マイクロサイズまで微粒化した銀と水を結合材(バインダーと呼ばれる)などと混練した粘土状の素材である。銀の融点(961.93℃)よりもかなり低い温度で焼結する特長を持ち、粘土細工を造形する要領で手軽に銀製アクセサリーを作ることができる。銀粘土 フレッシュアイペディアより)

446件中 71 - 80件表示

「田中貴金属ジュエリー」のニューストピックワード