154件中 31 - 40件表示
  • 装身具

    装身具から見たクリスタルガラス

    装身具を用いて着飾ることは一部の民族・文化から広まったのではなく、世界中で見られる現象である。それらは埋葬されている物や壁画、伝統的装飾品などからも伺うことができる。元々は花や木の実、貝殻、動物の歯、牙、角などを加工、組み合わせて作っていた。現代ではクリスタルガラスやプラスチックなど様々な素材のものがある。装身具 フレッシュアイペディアより)

  • 装身具

    装身具から見た貝殻

    装身具を用いて着飾ることは一部の民族・文化から広まったのではなく、世界中で見られる現象である。それらは埋葬されている物や壁画、伝統的装飾品などからも伺うことができる。元々は花や木の実、貝殻、動物の歯、牙、角などを加工、組み合わせて作っていた。現代ではクリスタルガラスやプラスチックなど様々な素材のものがある。装身具 フレッシュアイペディアより)

  • 装身具

    装身具から見たウェディングリング

    ウェディングリング -結婚指輪の代用。装身具 フレッシュアイペディアより)

  • 装身具

    装身具から見た

    装身具は、外敵から身を守る目的で、魔力があるとされる物を常時身につけたのが始まりであり、装身目的ではなく呪術的な意味合いを持っていた。支配者階級が出現すると自分の権勢、身分の高さを他者に示す目的で身につけた。宗教が発展すると神とのつながりを目的として十字架など宗教的なシンボルを身につけるようになる。さらに社会が裕福になると一般階級の人間も身につけるようになり、やがては本来の目的ではなく純粋に美しさを目的とした物に変化した。装身具 フレッシュアイペディアより)

  • 装身具

    装身具から見た鍛金

    金属工芸の3大技法は「彫金・鍛造・鋳造」といわれ、貴金属装身具制作もこの全てがおこなわれる。装身具分野ではこれらを「彫金・鍛金・鋳金」と称する。一般的にはこれら貴金属装身具の制作技法を総称して「彫金」と呼ぶ。また、キャスト製品を区別するために「彫金・鍛金」の二技法のみを指して「彫金」と呼ぶこともある。厳密にはこの三つの中の一技法のみ、鏨(たがね)などを使用して金属を直接に切削したり文様や文字を彫りこむことが本来の「彫金」の意味である。装身具 フレッシュアイペディアより)

  • 装身具

    装身具から見たカレッジリング

    カレッジリング - 学校の卒業祝いに作った指輪。装身具 フレッシュアイペディアより)

  • 装身具

    装身具から見た宝石

    宝石・貴金属を用いて作られた装身具を宝飾品(ジュエリー)と呼ぶ。なお、欧米では素材に関わらず装身具は全てジュエリー(米jewelry、英jewellery)と呼ばれ、宝石・貴金属を用いて作られた装身具はファイン・ジュエリー (Fine Jewelry)、それ以外の貴石などの素材を使ったものや安価なものはコスチューム・ジュエリー (Costume Jewelry) と区別されることもある。装身具 フレッシュアイペディアより)

  • 装身具

    装身具から見た蝶ネクタイ

    蝶ネクタイ主にタキシードや燕尾服に用いる装身具。装身具 フレッシュアイペディアより)

  • 装身具

    装身具から見たティアラ

    ティアラ - 頭部を飾る装身具。冠の一種で、クラウン(王冠)より下位。 装身具 フレッシュアイペディアより)

  • 装身具

    装身具から見た造花

    コサージュ1 - 服の胸に付ける花束、造花が多い。装身具 フレッシュアイペディアより)

154件中 31 - 40件表示

「田中貴金属ジュエリー」のニューストピックワード