154件中 51 - 60件表示
  • 装身具

    装身具から見た肩章

    肩章(けんしょう、かたしょう) - 紐で編んだ肩に付ける装飾品。装身具 フレッシュアイペディアより)

  • 装身具

    装身具から見た衣類

    装身具(そうしんぐ)とは、指輪やネックレス、ペンダント、イヤリングなど、衣類と合わせて身を飾るための工芸品である。装身具 フレッシュアイペディアより)

  • 装身具

    装身具から見た鋳造

    金属工芸の3大技法は「彫金・鍛造・鋳造」といわれ、貴金属装身具制作もこの全てがおこなわれる。装身具分野ではこれらを「彫金・鍛金・鋳金」と称する。一般的にはこれら貴金属装身具の制作技法を総称して「彫金」と呼ぶ。また、キャスト製品を区別するために「彫金・鍛金」の二技法のみを指して「彫金」と呼ぶこともある。厳密にはこの三つの中の一技法のみ、鏨(たがね)などを使用して金属を直接に切削したり文様や文字を彫りこむことが本来の「彫金」の意味である。装身具 フレッシュアイペディアより)

  • 装身具

    装身具から見た壁画

    装身具を用いて着飾ることは一部の民族・文化から広まったのではなく、世界中で見られる現象である。それらは埋葬されている物や壁画、伝統的装飾品などからも伺うことができる。元々は花や木の実、貝殻、動物の歯、牙、角などを加工、組み合わせて作っていた。現代ではクリスタルガラスやプラスチックなど様々な素材のものがある。装身具 フレッシュアイペディアより)

  • 装身具

    装身具から見た

    現代では金、、プラチナなどの貴金属製のものが多く、近年ではまた男性が着用するのも一般的になった。広義では神社のお守りや登山者が付ける熊除けの鈴、王冠・錫杖・ベルト、さらには社員の名札や腕章も装身具に含まれる。装身具 フレッシュアイペディアより)

  • 装身具

    装身具から見た鋳金

    金属工芸の3大技法は「彫金・鍛造・鋳造」といわれ、貴金属装身具制作もこの全てがおこなわれる。装身具分野ではこれらを「彫金・鍛金・鋳金」と称する。一般的にはこれら貴金属装身具の制作技法を総称して「彫金」と呼ぶ。また、キャスト製品を区別するために「彫金・鍛金」の二技法のみを指して「彫金」と呼ぶこともある。厳密にはこの三つの中の一技法のみ、鏨(たがね)などを使用して金属を直接に切削したり文様や文字を彫りこむことが本来の「彫金」の意味である。装身具 フレッシュアイペディアより)

  • 装身具

    装身具から見たグローブホルダー

    グローブホルダー - 手袋に付ける金具装身具 フレッシュアイペディアより)

  • 装身具

    装身具から見たグラスホルダー

    グラスホルダー - 眼鏡を首から提げるためのものでネックレスを兼ねている。掛け外しが頻繁な老眼鏡やサングラスに付ける。近視の人は眼鏡を常に装用しているので必要ない。装身具 フレッシュアイペディアより)

  • 装身具

    装身具から見たカメオ

    カメオ - ネックレスや指輪、ブローチに用いられる。装身具 フレッシュアイペディアより)

  • 装身具

    装身具から見たロストワックス鋳造

    金属製装身具には量産品と、いわゆる彫金による製品がある。現在見られるほとんどの製品は量産製品であり、これは紀元前より存在する蝋型鋳造をルーツとするロストワックス鋳造法(ロストワックスキャスティング、インヴェストメントキャスティング)と呼ばれる方法で金属を加工されているものが主流である。金属工芸全体で見ればロストワックス法は大変に歴史が古いが、貴金属装身具の分野では200年に満たない新しい技法である。装身具 フレッシュアイペディアより)

154件中 51 - 60件表示

「田中貴金属ジュエリー」のニューストピックワード