53件中 41 - 50件表示
  • 須田哲夫

    須田哲夫から見た田丸美寿々田丸美寿々

    おはよう!ナイスデイ:荒川強啓、同僚の田丸美寿々と司会 須田哲夫 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・スクープ

    ザ・スクープから見た田丸美寿々田丸美寿々

    1990年10月、『ザ・スクープ』とタイトル変更。女性メインキャスターが田丸美寿々(出演開始当時は美里美寿々)に交代する。同時にストレートニュース部分を『530ステーション』として分離、特集に特化した番組となり、このスタイルが5年半続く(1993年4月に進行が三崎由紀に交替)。ザ・スクープ フレッシュアイペディアより)

  • 城ヶ崎祐子

    城ヶ崎祐子から見た田丸美寿々田丸美寿々

    都立西高校、東京外国語大学外国語学部英米語学科卒業後、1977年フジテレビに報道局所属のレポーターとして入社(当時の鹿内信隆会長の方針により、フジテレビがアナウンサーの正社員は男子しか採用していなかったため)。同期は益田由美、桜井郁子。1981年4月1日からアナウンサーとして正式に採用される。フジテレビの先輩である田丸美寿々も同じ東京外国語大学外国語学部英米語学科出身である。1983年4月から1985年3月までと1993年4月から1996年3月までの5年間ニューヨーク支社特派員となる。城ヶ崎祐子 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部知代

    阿部知代から見た田丸美寿々田丸美寿々

    元々、他局に比して女性アナウンサーの立場が不利であったフジテレビだが、特に報道では1978年に阿部の11期先輩の田丸美寿々が初めてニュース番組の司会に抜擢されたものの、1980年代になっても女性アナウンサーが一人でニュースを読む事はなく、『FNNレインボー発』等のフジテレビの定時ニュースは長年にわたり男性アナウンサー限定の仕事であった。現在のように女性も担当するようになったのは、1990年代初頭に阿部が報道上層部に直訴したことによる。そのとき女子アナとして初めて1ショットのニュース(週末の『産経テレニュースFNN』)にキャスティングされ、これが功を奏して、翌1994年には安藤優子がメインの『ニュースJAPAN』もスタートした。阿部知代 フレッシュアイペディアより)

  • モーニングショー

    モーニングショーから見た田丸美寿々田丸美寿々

    1986年10月にメイン司会が江森から、元フジテレビアナウンサーの美里美寿々に、サブ司会も1980年4月から6年半務めてきた柴田美保子、八波一起から高井正憲(当時テレビ朝日アナウンサー)に交代するという司会の総入れ替えを実施した。硬派路線に舵を切ったが、芸能情報を扱わない番組内容が不評となり、視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)で苦しむこととなると同時に、本番組終了までメイン司会が1、2年で交代するなど低迷してしまう。1987年1月には、サブ司会を3か月で高井から寺崎貴司に交代した。モーニングショー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ニュースキャスター

    ザ・ニュースキャスターから見た田丸美寿々田丸美寿々

    司会はTBS『JNN報道特集』出身の蟹瀬誠一と元フジテレビアナウンサーだった田丸美寿々。その他、『ANNニュース』を含めたニュースコーナーを田丸と高井正憲アナウンサー(当時)が担当した。ザ・ニュースキャスター フレッシュアイペディアより)

  • 報道特集 (TBS)

    報道特集 (TBS)から見た田丸美寿々田丸美寿々

    2010年9月25日をもってメインキャスターの田丸美寿々が勇退。翌週の10月2日からは前TBSアメリカ総局長の金平茂紀と元TBSアナウンサーでJNN北京支局長やJNNソウル支局長などを歴任した日下部正樹の2名が出演。男性がメインキャスターを務めるのは『JNN報道特集』から数えると料治直矢の降板以来、13年8か月ぶり。報道特集 (TBS) フレッシュアイペディアより)

  • 杉尾秀哉

    杉尾秀哉から見た田丸美寿々田丸美寿々

    田丸美寿々:ニュースキャスター。三雲と同じく、開票特番や報道特番でメインキャスターとしてコンビを組むことが多かった。杉尾秀哉 フレッシュアイペディアより)

  • 山中 秀樹

    山中秀樹から見た田丸美寿々田丸美寿々

    日本テレビやTBSの番組の仕事でも、フジテレビ時代の元同僚と仕事をすることが非常に多い。『踊る!さんま御殿!!』で後輩の有賀さつきと共にゲスト出演を果たし、『サンデージャポン』では取材先の宮崎県庁舎内で後輩の河野景子(宮崎県出身)と偶然出くわしてミニインタビューを行った。『ザ!世界仰天ニュース』では元同僚の木佐彩子、富永美樹、深澤里奈と共演した。また先述の露木や、フジテレビ入社後の2年間(1981年 - 1983年)共に同僚時代をおくった先輩の田丸美寿々を『こちら山中デスクです』にゲスト招聘して、彼らがフジテレビ時代に行った歴史的なニュースの取材についてのエピソードを聞き出したりと、フジテレビの同僚時代にはありえなかったスタイルやトークで先輩や後輩との共演を果たしている。山中秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • 筑紫哲也 NEWS23

    筑紫哲也 NEWS23から見た田丸美寿々田丸美寿々

    クリントン訪日の当日は、「あんな悪魔のような人(小沢一郎)とは断じて連立は組まない」と明言していた小渕内閣官房長官の野中広務が、党内外の事情から一転、「小沢先生には平伏してでも連立をお願いしたい」と公言して自・自連立が内定するなど、日本の政治情勢は混乱を極める暗たんとした状況だった。フォローアップと観客にマイクを渡す役目として草野・佐古・田丸美寿々(JNN報道特集キャスター)が出演。この時、大阪市から中継で質疑が行われ、クリントン不倫疑惑について質問した。大阪は田丸一男(毎日放送アナウンサー)がフォローアップを行った。筑紫哲也 NEWS23 フレッシュアイペディアより)

53件中 41 - 50件表示

「田丸美寿々」のニューストピックワード