前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
95件中 1 - 10件表示
  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見たフジテレビジョン

    フジテレビ勤務を経て、1983年(昭和58年)からはフリーランスとして活動している。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見たテレビ朝日

    翌年帰国した田丸は初め、テレビ朝日と専属契約を締結、同局の番組、『モーニングショー』、『ナイトライン』、『朝まで生テレビ!』、『ザ・ニュースキャスター』などに出演した。これらの活動を通して、田丸は女性フリーキャスターの草分けともなった。1986年、フィリピンの2月革命直後のマニラに乗り込み、就任直後のアキノ大統領にインタビューを敢行、日本大使館の強いバックアップもあって世界のメディアに先駆けこれを成功させた。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た逸見政孝

    天気予報を3年半務めた田丸は念願かない1978年(昭和53年)10月、『FNNニュースレポート6:30』として始まったニュース番組に、同僚の逸見政孝と共にメインキャスターとして抜擢された。1980年(昭和55年)4月にNHK初の早朝ニュースショー、『NHKニュースワイド』で、初代女性キャスターとして頼近美津子(森本毅郎とのコンビ(平日)、土曜日は山根基世と明石勇)が、同じ月から加賀美幸子が『7時のニュース』でメインキャスターとなる。田丸はフジテレビ女性キャスター第1号であり、業界全体でも女性キャスターの草分けである。この番組では、キャスターが現場に出向いてリポートする新しい手法がとられ、田丸も笹川良一、武見太郎ら、大物とされる人物に直撃インタビューを行った。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見たコラソン・アキノ

    翌年帰国した田丸は初め、テレビ朝日と専属契約を締結、同局の番組、『モーニングショー』、『ナイトライン』、『朝まで生テレビ!』、『ザ・ニュースキャスター』などに出演した。これらの活動を通して、田丸は女性フリーキャスターの草分けともなった。1986年、フィリピンの2月革命直後のマニラに乗り込み、就任直後のアキノ大統領にインタビューを敢行、日本大使館の強いバックアップもあって世界のメディアに先駆けこれを成功させた。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た堺正幸

    同期入局には、後に同局アナウンス室室長となった堺正幸や、同じく解説委員となった和田圭、フリーアナウンサーとなった酒井ゆきえらがいた。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見たダイアナ (プリンセス・オブ・ウェールズ)

    1981年(昭和56年)4月、頼近がフジテレビに引き抜かれて鳴り物入りで移籍してきたが、この移籍を手引きしたのは、同郷で大学の先輩・後輩の関係でもある田丸であった。元々、アナウンサー志望だった頼近は、大学時代から先輩の田丸に就職先など相談していた間柄であった。頼近がフジテレビ史上初の女性正社員となったため、機構改革が行われ、ようやく田丸らもアナウンサー(正社員)という身分になった。1981年7月、頼近と共にフジテレビ代表としてダイアナ妃結婚の衛星中継をロンドンからレポート。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た正社員

    1981年(昭和56年)4月、頼近がフジテレビに引き抜かれて鳴り物入りで移籍してきたが、この移籍を手引きしたのは、同郷で大学の先輩・後輩の関係でもある田丸であった。元々、アナウンサー志望だった頼近は、大学時代から先輩の田丸に就職先など相談していた間柄であった。頼近がフジテレビ史上初の女性正社員となったため、機構改革が行われ、ようやく田丸らもアナウンサー(正社員)という身分になった。1981年7月、頼近と共にフジテレビ代表としてダイアナ妃結婚の衛星中継をロンドンからレポート。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た三井物産

    大学卒業後の就職先は三井物産に内定していたものの、好奇心から、親には内緒でフジテレビへも応募した。田丸は当時低迷期にあった同局の就職試験に合格、1975年(昭和50年)に報道局解説放送室付リポーターとして入職した。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た頼近美津子

    「女性報道キャスターの草分け」、またフジテレビアナウンサーを経てフリーランスに転身して成功、「女性フリーアナウンサーの草分け」でもあり、同時に、略奪結婚で話題となって「不倫女子アナの草分け」ともいわれる。また、また頼近美津子らとともに、「美人女子アナ」といわれる存在の先駆けでもあった。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た鹿内信隆

    「重要なニュースは男が読まなければ信頼されない」と思われていた時代、女性アナウンサーの出番は天気予報やお知らせ、街の話題、番組司会者のアシスタントなどだった。当時は女性アナウンサーは勿論、女性記者、カメラマン、ディレクターなど、女性そのものの姿が報道の現場になかったという。入社時、「報道をやりたい」と当時の鹿内信隆会長に直訴すると半年間、閑職に追いやられた。同期の酒井は、『ママとあそぼう!ピンポンパン』の担当となっていたが、田丸にようやく決まったのが『FNNニュース』の天気予報だった。入局2年目の1976年(昭和51年)にはロッキード事件が発生したが、田丸は天気予報中に自由民主党の内部抗争の話題を引き合いに出し、政府筋から猛抗議を受けることになった。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
95件中 1 - 10件表示