1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
95件中 91 - 95件表示
  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た埼玉県立川越女子高等学校

    広島県高田郡吉田町(当時)出身。埼玉県立川越女子高等学校を経て、東京外国語大学外国語学部英米語学科卒業。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見たFOCUS

    田丸と美里は翌年2月に結婚したが、これは田丸によるいわゆる“略奪婚”であり、また当時美里の妻が妊娠中であったこともあって、世間の不興を買った。これに対して田丸は、「(美里泰伸を前妻から)奪ったのではなく、譲ってもらった」と発言、写真週刊誌 『FOCUS』をはじめとするマスメディアからの更なるバッシングを受けることとなった。これは、日本の女子アナ史上初の不倫スキャンダルであり、田丸は、“不倫女子アナ”の草分けとも看做される。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た自由民主党 (日本)

    「重要なニュースは男が読まなければ信頼されない」と思われていた時代、女性アナウンサーの出番は天気予報やお知らせ、街の話題、番組司会者のアシスタントなどだった。当時は女性アナウンサーは勿論、女性記者、カメラマン、ディレクターなど、女性そのものの姿が報道の現場になかったという。入社時、「報道をやりたい」と当時の鹿内信隆会長に直訴すると半年間、閑職に追いやられた。同期の酒井は、『ママとあそぼう!ピンポンパン』の担当となっていたが、田丸にようやく決まったのが『FNNニュース』の天気予報だった。入局2年目の1976年(昭和51年)にはロッキード事件が発生したが、田丸は天気予報中に自由民主党の内部抗争の話題を引き合いに出し、政府筋から猛抗議を受けることになった。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た東京都

    その後、父親が日本のNHKに就職したために帰国し、初めは東京都小金井市、次いで埼玉県草加市に居住した。これは昭和30年代後半のことであり、いわゆる帰国子女のはしりだったともいえる。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た埼玉県

    その後、父親が日本のNHKに就職したために帰国し、初めは東京都小金井市、次いで埼玉県草加市に居住した。これは昭和30年代後半のことであり、いわゆる帰国子女のはしりだったともいえる。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
95件中 91 - 95件表示