95件中 11 - 20件表示
  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た美里泰伸

    1982年(昭和57年)、情報番組 『おはよう!ナイスデイ』の女性メインキャスターに起用されて話題となった。しかし、番組開始から間もなく、田丸が妻子あるジャーナリスト・美里泰伸と不倫関係にあることが報じられた。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見たニュースキャスター

    田丸 美寿々(たまる みすず、1952年7月1日 - )は、日本のニュースキャスター、テレビ・アナウンサーである。日本ニュース時事能力検定協会理事、早稲田大学大学院政治学研究科非常勤講師。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た不倫

    「女性報道キャスターの草分け」、またフジテレビアナウンサーを経てフリーランスに転身して成功、「女性フリーアナウンサーの草分け」でもあり、同時に、略奪結婚で話題となって「不倫女子アナの草分け」ともいわれる。また、また頼近美津子らとともに、「美人女子アナ」といわれる存在の先駆けでもあった。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た森本毅郎

    天気予報を3年半務めた田丸は念願かない1978年(昭和53年)10月、『FNNニュースレポート6:30』として始まったニュース番組に、同僚の逸見政孝と共にメインキャスターとして抜擢された。1980年(昭和55年)4月にNHK初の早朝ニュースショー、『NHKニュースワイド』で、初代女性キャスターとして頼近美津子(森本毅郎とのコンビ(平日)、土曜日は山根基世と明石勇)が、同じ月から加賀美幸子が『7時のニュース』でメインキャスターとなる。田丸はフジテレビ女性キャスター第1号であり、業界全体でも女性キャスターの草分けである。この番組では、キャスターが現場に出向いてリポートする新しい手法がとられ、田丸も笹川良一、武見太郎ら、大物とされる人物に直撃インタビューを行った。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見たTBSテレビ

    テレビ朝日との専属契約を1994年(平成6年)に解消した田丸は、新たにTBSとの間に専属契約を締結、同局の報道番組 『報道特集』の総合司会を2010年(平成22年)3月まで務めた。また、選挙報道特別番組にも司会として度々出演、1998年の自由民主党総裁選挙で勝利した小渕恵三が「日本国万歳、自民党万歳」と定型文例の口上を述べ万歳した際には、「どうして自分の言葉で素直に表現できないのでしょうか」と評して話題になった。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た加賀美幸子

    天気予報を3年半務めた田丸は念願かない1978年(昭和53年)10月、『FNNニュースレポート6:30』として始まったニュース番組に、同僚の逸見政孝と共にメインキャスターとして抜擢された。1980年(昭和55年)4月にNHK初の早朝ニュースショー、『NHKニュースワイド』で、初代女性キャスターとして頼近美津子(森本毅郎とのコンビ(平日)、土曜日は山根基世と明石勇)が、同じ月から加賀美幸子が『7時のニュース』でメインキャスターとなる。田丸はフジテレビ女性キャスター第1号であり、業界全体でも女性キャスターの草分けである。この番組では、キャスターが現場に出向いてリポートする新しい手法がとられ、田丸も笹川良一、武見太郎ら、大物とされる人物に直撃インタビューを行った。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た笹川良一

    天気予報を3年半務めた田丸は念願かない1978年(昭和53年)10月、『FNNニュースレポート6:30』として始まったニュース番組に、同僚の逸見政孝と共にメインキャスターとして抜擢された。1980年(昭和55年)4月にNHK初の早朝ニュースショー、『NHKニュースワイド』で、初代女性キャスターとして頼近美津子(森本毅郎とのコンビ(平日)、土曜日は山根基世と明石勇)が、同じ月から加賀美幸子が『7時のニュース』でメインキャスターとなる。田丸はフジテレビ女性キャスター第1号であり、業界全体でも女性キャスターの草分けである。この番組では、キャスターが現場に出向いてリポートする新しい手法がとられ、田丸も笹川良一、武見太郎ら、大物とされる人物に直撃インタビューを行った。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た露木茂露木 茂

    露木茂(フジテレビ時代の同僚)田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た武見太郎

    天気予報を3年半務めた田丸は念願かない1978年(昭和53年)10月、『FNNニュースレポート6:30』として始まったニュース番組に、同僚の逸見政孝と共にメインキャスターとして抜擢された。1980年(昭和55年)4月にNHK初の早朝ニュースショー、『NHKニュースワイド』で、初代女性キャスターとして頼近美津子(森本毅郎とのコンビ(平日)、土曜日は山根基世と明石勇)が、同じ月から加賀美幸子が『7時のニュース』でメインキャスターとなる。田丸はフジテレビ女性キャスター第1号であり、業界全体でも女性キャスターの草分けである。この番組では、キャスターが現場に出向いてリポートする新しい手法がとられ、田丸も笹川良一、武見太郎ら、大物とされる人物に直撃インタビューを行った。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た日枝久

    これらの経緯から田丸とフジテレビ関係者との間には確執が生じ、田丸は結婚翌月の1983年(昭和58年)3月末をもって退職することとなった。退社会見には当時の同局編成局長・日枝久も同席、『おはよう!ナイスデイ』プロデューサーだった宇留田俊夫がスキャンダルの火種を作ったことにより自身が追い込まれていったことも公表された。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

95件中 11 - 20件表示