129件中 31 - 40件表示
  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た小渕恵三

    1991年(平成3年)美里泰伸と離婚した際にもマスコミの関心が集まった。美里は手記を発表したが、田丸は沈黙を通した。テレビ朝日との専属契約を1994年(平成6年)に解消した田丸は、新たにTBSとの間に専属契約を締結、同局の報道番組 『報道特集』の総合司会を2010年(平成22年)3月まで務めた。また、選挙報道特別番組にも司会として度々出演、1998年の自由民主党総裁選挙で勝利した小渕恵三が「日本国万歳、自民党万歳」と定型文例の口上を述べ万歳した際には、「どうして自分の言葉で素直に表現できないのでしょうか」と評して話題になった。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た小学校教員

    祖父は若い時、一旗上げようとアメリカ合衆国に渡り貿易商をしていた。父親はアメリカで生まれ、帰国後高校教師、母親も小学校教員であったが、美寿々が生後8ヶ月の時、父は職を辞し単身英語の勉強を目的にアメリカに留学。父親はサンノゼ州立大学卒業後、サンフランシスコで邦人向けの新聞記者職を得た。それに伴い美寿々は母親と共に渡米、5歳からの5年間をカリフォルニア州で過ごした。父親がアメリカ生まれの日系二世というのも頼近との共通点である。頼近とはライバル視された時期もあったが、大学の先輩後輩の間柄で頼近が田丸を慕っていた。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た酒井ゆきえ

    当時のフジテレビでは、正社員以外のアナウンサーをリポーター(記者)と呼んでいたが、田丸はこのリポーターとしての入職であった。同期入局には、後の同局アナウンス室長・堺正幸や、報道局解説委員の和田圭、フリーアナウンサーの酒井ゆきえらがいた。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た明石勇

    1980年(昭和55年)4月にNHK初の早朝ニュースショー、『NHKニュースワイド』で、初代女性キャスターとして頼近美津子(森本毅郎とのコンビ(平日)、土曜日は山根基世と明石勇)が、同じ月から加賀美幸子が『7時のニュース』でメインキャスターとなる。田丸はフジテレビ女性キャスター第1号であり、業界全体でも女性キャスターの草分けである。この番組では、キャスターが現場に出向いてリポートする新しい手法がとられ、田丸も中川一郎や笹川良一、武見太郎ら、大物とされる人物に直撃インタビューを行った。こうした相手に田丸は、言葉じりをひとつひとつ捉えて揶揄する形で、さらに言葉を引き出そうという手法を取ったため、相手が激昂し「やり過ぎ」「最も聞きたい筈の本質についてアプローチ出来ていない」などの批判を受けた。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た高等学校教員

    祖父は若い時、一旗上げようとアメリカ合衆国に渡り貿易商をしていた。父親はアメリカで生まれ、帰国後高校教師、母親も小学校教員であったが、美寿々が生後8ヶ月の時、父は職を辞し単身英語の勉強を目的にアメリカに留学。父親はサンノゼ州立大学卒業後、サンフランシスコで邦人向けの新聞記者職を得た。それに伴い美寿々は母親と共に渡米、5歳からの5年間をカリフォルニア州で過ごした。父親がアメリカ生まれの日系二世というのも頼近との共通点である。頼近とはライバル視された時期もあったが、大学の先輩後輩の間柄で頼近が田丸を慕っていた。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た和田圭

    当時のフジテレビでは、正社員以外のアナウンサーをリポーター(記者)と呼んでいたが、田丸はこのリポーターとしての入職であった。同期入局には、後の同局アナウンス室長・堺正幸や、報道局解説委員の和田圭、フリーアナウンサーの酒井ゆきえらがいた。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た山崎朋子

    山崎朋子『「女の生き方」四〇選 下』文藝春秋、1995年田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た山田祐嗣

    山田祐嗣(フジテレビ時代の上司でもあった)田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た中川一郎

    1980年(昭和55年)4月にNHK初の早朝ニュースショー、『NHKニュースワイド』で、初代女性キャスターとして頼近美津子(森本毅郎とのコンビ(平日)、土曜日は山根基世と明石勇)が、同じ月から加賀美幸子が『7時のニュース』でメインキャスターとなる。田丸はフジテレビ女性キャスター第1号であり、業界全体でも女性キャスターの草分けである。この番組では、キャスターが現場に出向いてリポートする新しい手法がとられ、田丸も中川一郎や笹川良一、武見太郎ら、大物とされる人物に直撃インタビューを行った。こうした相手に田丸は、言葉じりをひとつひとつ捉えて揶揄する形で、さらに言葉を引き出そうという手法を取ったため、相手が激昂し「やり過ぎ」「最も聞きたい筈の本質についてアプローチ出来ていない」などの批判を受けた。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見たデボラ・タネン

    デボラ・タネン『わかりあえない理由 男と女が傷つけあわないための口のきき方10章』金子一雄共訳 講談社 1992田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

129件中 31 - 40件表示