129件中 41 - 50件表示
  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た山中秀樹

    山中秀樹(フジテレビ時代の同僚で、自身のラジオ番組にもゲスト出演した)田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見たロッキード事件

    「重要なニュースは男が読まなければ信頼されない」と思われていた時代、女性アナウンサーの出番は、街の話題やお知らせなど、業界で言う「暇ネタ」とか「ヤワネタ」の担当、天気予報、番組司会者のアシスタントなどだった。当時は女性アナウンサーは勿論、女性記者、カメラマン、ディレクターなど、女性そのものの姿が報道の現場になかったという。当時はそれが普通で、田丸本人もアナウンサーを長くやるとは思わず、それを差別とも思わなかったと話している。入社時、「報道をやりたい」と当時の鹿内信隆会長に直訴すると半年間、お茶くみやコピーとりばかりの閑職に追いやられた。同期の酒井は、『ママとあそぼう!ピンポンパン』の担当となっていたが、田丸にようやく決まったのが『FNNニュース』の天気予報だった。入局2年目の1976年(昭和51年)にはロッキード事件が発生したが、田丸は天気予報中に自由民主党の内部抗争の話題を引き合いに出し、政府筋から猛抗議を受けることになった。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見たロンドン

    1981年(昭和56年)4月、頼近がフジテレビに引き抜かれて鳴り物入りで移籍してきたが、この移籍を手引きしたのは、同郷で大学の先輩・後輩の関係でもある田丸であった。元々、アナウンサー志望だった頼近は、大学時代から先輩の田丸に就職先など相談していた間柄であった。頼近がフジテレビ史上初の女性正社員となったため、機構改革が行われ、ようやく田丸らもアナウンサー(正社員)という身分になった。1981年7月、頼近と共にフジテレビ代表としてダイアナ妃結婚の衛星中継をロンドンからレポート。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見たアナウンサー

    田丸 美寿々(たまる みすず、1952年7月1日 - )は、日本のニュースキャスター、テレビ・アナウンサーである。日本ニュース時事能力検定協会理事、早稲田大学大学院政治学研究科非常勤講師。身長163cm。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た自由民主党総裁選挙

    1991年(平成3年)美里泰伸と離婚した際にもマスコミの関心が集まった。美里は手記を発表したが、田丸は沈黙を通した。テレビ朝日との専属契約を1994年(平成6年)に解消した田丸は、新たにTBSとの間に専属契約を締結、同局の報道番組 『報道特集』の総合司会を2010年(平成22年)3月まで務めた。また、選挙報道特別番組にも司会として度々出演、1998年の自由民主党総裁選挙で勝利した小渕恵三が「日本国万歳、自民党万歳」と定型文例の口上を述べ万歳した際には、「どうして自分の言葉で素直に表現できないのでしょうか」と評して話題になった。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た小金井市

    小学校4年の時、父親が日本のNHK国際放送に就職したため帰国し、初めは東京都小金井市、中学校から埼玉県草加市、所沢市に居住した。これは昭和30年代後半のことであり、いわゆる帰国子女のはしりだったともいえる。アメリカでも日本語を勉強していたが、学校では広島弁を笑われて苛められ、高熱が続いて登校拒否にもなった。自分が少し解放されたのは大学に入ってからという。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た早稲田大学

    田丸 美寿々(たまる みすず、1952年7月1日 - )は、日本のニュースキャスター、テレビ・アナウンサーである。日本ニュース時事能力検定協会理事、早稲田大学大学院政治学研究科非常勤講師。身長163cm。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た天気予報

    「重要なニュースは男が読まなければ信頼されない」と思われていた時代、女性アナウンサーの出番は、街の話題やお知らせなど、業界で言う「暇ネタ」とか「ヤワネタ」の担当、天気予報、番組司会者のアシスタントなどだった。当時は女性アナウンサーは勿論、女性記者、カメラマン、ディレクターなど、女性そのものの姿が報道の現場になかったという。当時はそれが普通で、田丸本人もアナウンサーを長くやるとは思わず、それを差別とも思わなかったと話している。入社時、「報道をやりたい」と当時の鹿内信隆会長に直訴すると半年間、お茶くみやコピーとりばかりの閑職に追いやられた。同期の酒井は、『ママとあそぼう!ピンポンパン』の担当となっていたが、田丸にようやく決まったのが『FNNニュース』の天気予報だった。入局2年目の1976年(昭和51年)にはロッキード事件が発生したが、田丸は天気予報中に自由民主党の内部抗争の話題を引き合いに出し、政府筋から猛抗議を受けることになった。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見たカリフォルニア州

    祖父は若い時、一旗上げようとアメリカ合衆国に渡り貿易商をしていた。父親はアメリカで生まれ、帰国後高校教師、母親も小学校教員であったが、美寿々が生後8ヶ月の時、父は職を辞し単身英語の勉強を目的にアメリカに留学。父親はサンノゼ州立大学卒業後、サンフランシスコで邦人向けの新聞記者職を得た。それに伴い美寿々は母親と共に渡米、5歳からの5年間をカリフォルニア州で過ごした。父親がアメリカ生まれの日系二世というのも頼近との共通点である。頼近とはライバル視された時期もあったが、大学の先輩後輩の間柄で頼近が田丸を慕っていた。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た離婚

    1982年(昭和57年)、ジャーナリスト・美里泰伸との交際を報じられ、田丸と美里は翌年2月に結婚した。その後、1991年(平成3年)2月に離婚。活動名は結婚中は「美里美寿々(みさと みすず)」としたが、離婚後は「田丸美寿々」に戻した。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

129件中 41 - 50件表示