95件中 41 - 50件表示
  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見たサンフランシスコ

    高校教師だった父親が、英語の勉強を目的にアメリカ合衆国に留学。父親はその後、サンフランシスコで新聞記者職を得た。それに伴って、田丸は母親と共に渡米、5歳からの5年間をカリフォルニア州で過ごした。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た三笠書房

    「働く女性の会話のおしゃれ」三笠書房、2002年2月田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た青春出版社

    「面白おしゃべり術」青春出版社、1982年1月田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た日本放送協会

    その後、父親が日本のNHKに就職したために帰国し、初めは東京都小金井市、次いで埼玉県草加市に居住した。これは昭和30年代後半のことであり、いわゆる帰国子女のはしりだったともいえる。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見たPHP研究所

    「可愛い女はちょっと生意気」PHP研究所、1994年10月田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た文藝春秋

    山崎朋子『「女の生き方」四〇選 下』文藝春秋、1995年田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た理論社

    板倉久子『シリーズ こんな生き方がしたい ニュースキャスター田丸美寿々』理論社、2001年田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見たFNNニュースレポート6:00

    天気予報を3年半務めた田丸は念願かない1978年(昭和53年)10月、『FNNニュースレポート6:30』として始まったニュース番組に、同僚の逸見政孝と共にメインキャスターとして抜擢された。1980年(昭和55年)4月にNHK初の早朝ニュースショー、『NHKニュースワイド』で、初代女性キャスターとして頼近美津子(森本毅郎とのコンビ(平日)、土曜日は山根基世と明石勇)が、同じ月から加賀美幸子が『7時のニュース』でメインキャスターとなる。田丸はフジテレビ女性キャスター第1号であり、業界全体でも女性キャスターの草分けである。この番組では、キャスターが現場に出向いてリポートする新しい手法がとられ、田丸も笹川良一、武見太郎ら、大物とされる人物に直撃インタビューを行った。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見たみのもんたのサタデーずばッと

    みのもんたのサタデーずばッと(TBS) - コメンテーター(不定期だったが、2010年11月からは月1回のペースで出演)田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見たモーニングショー

    翌年帰国した田丸は初め、テレビ朝日と専属契約を締結、同局の番組、『モーニングショー』、『ナイトライン』、『朝まで生テレビ!』、『ザ・ニュースキャスター』などに出演した。これらの活動を通して、田丸は女性フリーキャスターの草分けともなった。1986年、フィリピンの2月革命直後のマニラに乗り込み、就任直後のアキノ大統領にインタビューを敢行、日本大使館の強いバックアップもあって世界のメディアに先駆けこれを成功させた。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

95件中 41 - 50件表示