129件中 71 - 80件表示
  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た3時のあなた

    その後、天気予報や『3時のあなた』のアシスタントを3年半務めた田丸は1978年(昭和53年)10月、『FNNニュースレポート6:30』へ先輩の逸見政孝と共にメインキャスターとして抜擢された。また逸見がとにかく現場に行って生の声を伝えようとしたので、田丸も時に強引な突撃取材を行う。当時はまだアナウンサーが取材することが珍しい時代だった。逸見は田丸を評して「この番組に強烈なイメージを持たせたのは田丸美寿々さんであり、報道番組における女性の位置を考える時、彼女の果たした役割というのははかりしれないものがある。当時、アナウンサー、レポーター採用試験の際に『田丸さんのようなキャスターになりたい』という女性志願者の声が、どんなに多かったか。彼女は、さまざまな意味で個性的な女性でした。今まで私が一緒に仕事をした女性の中では傑出しています。彼女は十年に一度、あるいは二十年に一度出るかどうかの逸材であろうと思います」と述べている。 田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見たFNNニュースレポート6:00

    その後、天気予報や『3時のあなた』のアシスタントを3年半務めた田丸は1978年(昭和53年)10月、『FNNニュースレポート6:30』へ先輩の逸見政孝と共にメインキャスターとして抜擢された。また逸見がとにかく現場に行って生の声を伝えようとしたので、田丸も時に強引な突撃取材を行う。当時はまだアナウンサーが取材することが珍しい時代だった。逸見は田丸を評して「この番組に強烈なイメージを持たせたのは田丸美寿々さんであり、報道番組における女性の位置を考える時、彼女の果たした役割というのははかりしれないものがある。当時、アナウンサー、レポーター採用試験の際に『田丸さんのようなキャスターになりたい』という女性志願者の声が、どんなに多かったか。彼女は、さまざまな意味で個性的な女性でした。今まで私が一緒に仕事をした女性の中では傑出しています。彼女は十年に一度、あるいは二十年に一度出るかどうかの逸材であろうと思います」と述べている。 田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見たフリーランス

    フジテレビ勤務を経て、1983年(昭和58年)からはフリーランスとして活動している。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た報道特集 (TBS)

    1991年(平成3年)美里泰伸と離婚した際にもマスコミの関心が集まった。美里は手記を発表したが、田丸は沈黙を通した。テレビ朝日との専属契約を1994年(平成6年)に解消した田丸は、新たにTBSとの間に専属契約を締結、同局の報道番組 『報道特集』の総合司会を2010年(平成22年)3月まで務めた。また、選挙報道特別番組にも司会として度々出演、1998年の自由民主党総裁選挙で勝利した小渕恵三が「日本国万歳、自民党万歳」と定型文例の口上を述べ万歳した際には、「どうして自分の言葉で素直に表現できないのでしょうか」と評して話題になった。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見たザ・ニュースキャスター

    翌年帰国した田丸は初め、テレビ朝日と専属契約を締結、同局の番組、『モーニングショー』、『ザ・スクープ』、『ナイトライン』、『朝まで生テレビ!』、『ザ・ニュースキャスター』などに出演した。これらの活動を通して、田丸は女性フリーキャスターの草分けともなった。1986年、フィリピンの2月革命直後のマニラに乗り込み、就任直後のアキノ大統領にインタビューを敢行、日本大使館の強いバックアップもあって世界のメディアに先駆けこれを成功させた。『ザ・スクープ』でコンビを組んだ鳥越俊太郎は、「当時はしょっちゅう喧嘩して、田丸に殺意を覚えたが、今は感謝している」と述べている。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見たナイトライン (ANN)

    ナイトライン(テレビ朝日、1987.10 - 1991.3)田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た日航機事故

    1982年(昭和57年)2月に発生した日航機事故の取材の際、機長に事故発生当時の心境を聞こうと、警察が張っていた立入禁止のロープを越えて病院から出てきた機長に突撃取材を敢行したが、警察はこの予想外の取材姿勢に対し、フジテレビに警視庁記者クラブへの出入りを5日間禁止する処分を下した。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た客員研究員

    1985年(昭和60年)からは、客員研究員(国際関係論)として、アメリカ合衆国・ニュージャージー州のプリンストン大学に約1年間留学したが、これには夫・美里も付き添って同地に滞在した。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た東京外国語大学

    広島県高田郡八千代町(現・安芸高田市)出身。埼玉県立川越女子高等学校を経て、東京外国語大学外国語学部英米語学科卒業。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た帰国子女

    小学校4年の時、父親が日本のNHK国際放送に就職したため帰国し、初めは東京都小金井市、中学校から埼玉県草加市、所沢市に居住した。これは昭和30年代後半のことであり、いわゆる帰国子女のはしりだったともいえる。アメリカでも日本語を勉強していたが、学校では広島弁を笑われて苛められ、高熱が続いて登校拒否にもなった。自分が少し解放されたのは大学に入ってからという。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

129件中 71 - 80件表示