129件中 81 - 90件表示
  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見たプリンストン大学

    1985年(昭和60年)からは、客員研究員(国際関係論)として、アメリカ合衆国・ニュージャージー州のプリンストン大学に約1年間留学したが、これには夫・美里も付き添って同地に滞在した。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見たママとあそぼう!ピンポンパン

    「重要なニュースは男が読まなければ信頼されない」と思われていた時代、女性アナウンサーの出番は、街の話題やお知らせなど、業界で言う「暇ネタ」とか「ヤワネタ」の担当、天気予報、番組司会者のアシスタントなどだった。当時は女性アナウンサーは勿論、女性記者、カメラマン、ディレクターなど、女性そのものの姿が報道の現場になかったという。当時はそれが普通で、田丸本人もアナウンサーを長くやるとは思わず、それを差別とも思わなかったと話している。入社時、「報道をやりたい」と当時の鹿内信隆会長に直訴すると半年間、お茶くみやコピーとりばかりの閑職に追いやられた。同期の酒井は、『ママとあそぼう!ピンポンパン』の担当となっていたが、田丸にようやく決まったのが『FNNニュース』の天気予報だった。入局2年目の1976年(昭和51年)にはロッキード事件が発生したが、田丸は天気予報中に自由民主党の内部抗争の話題を引き合いに出し、政府筋から猛抗議を受けることになった。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見たフィリピン

    翌年帰国した田丸は初め、テレビ朝日と専属契約を締結、同局の番組、『モーニングショー』、『ザ・スクープ』、『ナイトライン』、『朝まで生テレビ!』、『ザ・ニュースキャスター』などに出演した。これらの活動を通して、田丸は女性フリーキャスターの草分けともなった。1986年、フィリピンの2月革命直後のマニラに乗り込み、就任直後のアキノ大統領にインタビューを敢行、日本大使館の強いバックアップもあって世界のメディアに先駆けこれを成功させた。『ザ・スクープ』でコンビを組んだ鳥越俊太郎は、「当時はしょっちゅう喧嘩して、田丸に殺意を覚えたが、今は感謝している」と述べている。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た島田紳助の国民的潜在能力検定 PQテスト

    水曜プレミア 島田紳助の国民的潜在能力検定 PQテスト(TBS) - パネラー田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た水曜プレミア

    水曜プレミア 島田紳助の国民的潜在能力検定 PQテスト(TBS) - パネラー田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た小川宏ショー

    『FNNニュースレポート6:30』を3年半務めた後の1982年4月、17年間続いた『小川宏ショー』の後番組『おはよう!ナイスデイ』のメインキャスターに抜擢される。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見たJNN報道特集

    JNN報道特集(TBS、1994.10 - 2008.3)田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見たモーニングジャンボ奥さま8時半です

    1983年(昭和58年)3月にフジテレビを退社して独立すると、退社翌日にゲスト出演した『モーニングジャンボ奥さま8時半です』(TBS)から田丸は結婚後の本名である「美里美寿々(みさと みすず)」の名前で、フリーランスのアナウンサーとしての活動を開始した。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見たみのもんたのサタデーずばッと

    みのもんたvs国会議員ずばッとコロシアム春(TBS) - ゲスト田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

  • 田丸美寿々

    田丸美寿々から見た草加市

    小学校4年の時、父親が日本のNHK国際放送に就職したため帰国し、初めは東京都小金井市、中学校から埼玉県草加市、所沢市に居住した。これは昭和30年代後半のことであり、いわゆる帰国子女のはしりだったともいえる。アメリカでも日本語を勉強していたが、学校では広島弁を笑われて苛められ、高熱が続いて登校拒否にもなった。自分が少し解放されたのは大学に入ってからという。田丸美寿々 フレッシュアイペディアより)

129件中 81 - 90件表示