前へ 1 2 3
21件中 1 - 10件表示
  • 陣内 貴美子

    陣内貴美子から見た田児賢一田児賢一

    2010年4月からは前身の『NNN Newsリアルタイム』からスポーツキャスターとして参加していた日本テレビ放送網の『news every.』で報道キャスターを担当。一方では2010年4月13日に『報道ステーション』で特集された田児賢一選手を紹介するためにVTR出演している。陣内貴美子 フレッシュアイペディアより)

  • 舛田圭太

    舛田圭太から見た田児賢一田児賢一

    1998年に全日本総合選手権大会の男子シングルス・男子ダブルスを19歳9ヶ月で制覇し、同大会の男子シングルス・男子ダブルスの最年少優勝記録保持者となったが、2008年にNTT東日本の田児賢一が19歳4ヶ月で男子シングルスを優勝し更新された。男子ダブルスの最年少優勝記録は現在も保持している。舛田圭太 フレッシュアイペディアより)

  • タウフィック・ヒダヤット

    タウフィック・ヒダヤットから見た田児賢一田児賢一

    日本代表選手である田児賢一が尊敬する人物としてタウフィック・ヒダヤットを挙げており、彼のプレースタイルを真似たりしている。その縁でバドミントンマガジン誌上で対談を行い、田児に対してエールを送った。タウフィック・ヒダヤット フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のスポーツ

    2010年のスポーツから見た田児賢一田児賢一

    男子シングルス優勝: 田児賢一(NTT東日本)2010年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のスポーツ

    2008年のスポーツから見た田児賢一田児賢一

    男子シングルス優勝 : 田児賢一(NTT東日本)2008年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • シン龍

    シン龍から見た田児賢一田児賢一

    1989年、中国の湖北省荊州市沙市区で生まれる。1996年、荊州市の少年体育学校に入学。2000年、福建省廈門市に移る。2005年、ジュニア中国ナショナルチームに選出。2006年に中国ナショナルチームに選出。2007年7月、アジアジュニア選手権で優勝。11月、世界ジュニア選手権男子シングルス決勝で日本の田児賢一を破って優勝。シン龍 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年アジア競技大会日本選手団

    2014年アジア競技大会日本選手団から見た田児賢一田児賢一

    男子:田児賢一、桃田賢斗、佐々木翔、上田拓馬、早川賢一、遠藤大由、園田啓悟、嘉村健士、平田典靖、橋本博且2014年アジア競技大会日本選手団 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木翔 (バドミントン選手)

    佐々木翔 (バドミントン選手)から見た田児賢一田児賢一

    佐々木は幼い頃からバドミントンを始め、ジュニア時代から各年代で優秀な成績を残した。中学時代では地元北海道の大学で当時トップだった函館大学の練習に参加していた。関東第一高校時代には佐藤翔治とのコンビで各主要タイトルを総ナメにし黄金時代を築く。高校卒業後、共に東京富士短期大学→MMGアローズと進み活躍するが、MMGアローズ退社後に佐藤翔治はNTT東日本へ、佐々木は北都銀行に移籍した。2006年の全日本総合選手権男子シングルスに第2シードとして出場するが、当時高校2年生の田児賢一に2回戦で敗れたことにより、ナショナルチームのメンバーに選出されなかった。その後は実業団から派遣される国際大会などに出場して世界ランキングポイントを稼ぎ、2007年にはナショナルチームのメンバーに復帰したが惜しくも北京五輪出場を逃した。2009年から実業団チームの強豪トナミ運輸に移籍し、2011年に入ってからの国際大会で目覚ましい活躍を見せ、2011年11月3日発表の世界ランキングでは歴代の日本の男子シングルスの選手としては過去最高(当時)の6位となった。佐々木翔 (バドミントン選手) フレッシュアイペディアより)

  • 平川和宏 (ドキュメンタリー作家)

    平川和宏 (ドキュメンタリー作家)から見た田児賢一田児賢一

    「ネット際から世界をねらえ 〜バドミントン 田児賢一〜」(2010年)平川和宏 (ドキュメンタリー作家) フレッシュアイペディアより)

  • 1989年のスポーツ

    1989年のスポーツから見た田児賢一田児賢一

    7月16日 - 田児賢一(埼玉県、バドミントン)1989年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
21件中 1 - 10件表示

「田児賢一」のニューストピックワード