前へ 1 2
14件中 1 - 10件表示
  • 陣内 貴美子

    陣内貴美子から見た田児賢一田児賢一

    2010年4月からは前枠の『NNN Newsリアルタイム』からスポーツキャスターとして参加していた日本テレビ放送網の『news every.』で報道キャスターを担当。一方では2010年4月13日に『報道ステーション』で特集された田児賢一選手を紹介するためにVTR出演している。陣内貴美子 フレッシュアイペディアより)

  • 諶龍

    諶龍から見た田児賢一田児賢一

    1989年、中国の湖北省荊州市沙市区で生まれる。1996年、荊州市の少年体育学校に入学。2000年、福建省廈門市に移る。2005年、ジュニア中国ナショナルチームに選出。2006年に中国ナショナルチームに選出。2007年7月、アジアジュニア選手権で優勝。11月、世界ジュニア選手権男子シングルス決勝で日本の田児賢一を破って優勝。諶龍 フレッシュアイペディアより)

  • 舛田圭太

    舛田圭太から見た田児賢一田児賢一

    1998年に全日本総合選手権大会の男子シングルス・男子ダブルスを19歳9ヶ月で制覇し、同大会の男子シングルス・男子ダブルスの最年少優勝記録保持者となったが、2008年にNTT東日本の田児賢一が19歳4ヶ月で男子シングルスを優勝し更新された。男子ダブルスの最年少優勝記録は現在も保持している。舛田圭太 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木翔

    佐々木翔から見た田児賢一田児賢一

    幼い頃からバドミントンを始め、ジュニア時代から各年代で優秀な成績を残す。中学時代では地元北海道の大学で当時トップだった函館大学の練習に参加していた。関東第一高校時代には佐藤翔治とのコンビで各主要タイトルを総ナメにし黄金時代を築く。高校卒業後、共に東京富士短期大学→MMGアローズと進み活躍するが、MMGアローズ退社後に佐藤翔治はNTT東日本へ、佐々木は北都銀行に移籍。2006年の全日本総合選手権男子シングルスに第2シードとして出場するが、当時高校2年生の田児賢一に2回戦で敗れたことにより、ナショナルチームのメンバーに選出されなかった。その後は実業団から派遣される国際大会などに出場して世界ランキングポイントを稼ぎ、2007年にはナショナルチームのメンバーに復帰したが、惜しくも北京五輪出場を逃す。2009年から実業団チームの強豪トナミ運輸に移籍。2011年に入ってからの国際大会で目覚ましい活躍を見せ、2011年11月3日発表の世界ランキングでは歴代の日本の男子シングルスの選手としては過去最高(当時)の6位となった。佐々木翔 フレッシュアイペディアより)

  • 1989年のスポーツ

    1989年のスポーツから見た田児賢一田児賢一

    7月16日 - 田児賢一(埼玉県、バドミントン)1989年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 李龍大

    李龍大から見た田児賢一田児賢一

    日本で刊行されている月刊バドミントンマガジンにて、日本の若手ホープである田児賢一と対談を行い、日韓の将来のエース同士の対談ということで注目された。李龍大 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のスポーツ

    2011年のスポーツから見た田児賢一田児賢一

    男子シングルス優勝 : 田児賢一(NTT東日本)2011年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンオリンピック (2012年) 日本選手団

    ロンドンオリンピック (2012年) 日本選手団から見た田児賢一田児賢一

    シングルス - 田児賢一(東日本電信電話)- 予選敗退ロンドンオリンピック (2012年) 日本選手団 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉栄中学校・高等学校

    埼玉栄中学校・高等学校から見た田児賢一田児賢一

    田児賢一(バドミントン)?NTT東日本所属埼玉栄中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のスポーツ

    2012年のスポーツから見た田児賢一田児賢一

    男子シングルス優勝: 田児賢一(NTT東日本)2012年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
14件中 1 - 10件表示

「田児賢一」のニューストピックワード