前へ 1 2
18件中 1 - 10件表示
  • 田児賢一

    田児賢一から見た全日本総合バドミントン選手権大会

    両親はともにバドミントン選手で、母親の田児よし子(旧姓は米倉)は、全日本総合選手権の女子ダブルスで8回優勝。シングルスと混合でそれぞれ1回優勝。田児賢一 フレッシュアイペディアより)

  • 田児賢一

    田児賢一から見た舛田圭太

    2008年全日本総合選手権の男子シングルス決勝で佐藤翔治を決勝で破って初優勝し、舛田圭太が保有していた19歳8ヶ月の史上最年少優勝記録を19歳4ヶ月に更新した。2010年の第100回全英オープンでは、日本人として秋山真男以来44年ぶりに決勝進出。(決勝では世界ランキング1位のリー・チョンウェイに19-21、19-21で敗れる。)田児賢一 フレッシュアイペディアより)

  • 田児賢一

    田児賢一から見た佐藤翔治

    2008年全日本総合選手権の男子シングルス決勝で佐藤翔治を決勝で破って初優勝し、舛田圭太が保有していた19歳8ヶ月の史上最年少優勝記録を19歳4ヶ月に更新した。2010年の第100回全英オープンでは、日本人として秋山真男以来44年ぶりに決勝進出。(決勝では世界ランキング1位のリー・チョンウェイに19-21、19-21で敗れる。)田児賢一 フレッシュアイペディアより)

  • 田児賢一

    田児賢一から見た東日本電信電話

    田児賢一(たご けんいち、1989年7月16日 - )は、NTT東日本バドミントン部所属の男子バドミントン選手。埼玉県出身。身長175cm、体重72kg。血液型はO型。右利き。埼玉栄中学校・埼玉栄高等学校を経て、NTT東日本に所属する。田児賢一 フレッシュアイペディアより)

  • 田児賢一

    田児賢一から見たロナルド・スシロ

    2006年にアジアジュニア選手権で日本人初となる男子シングルスで優勝する。同年(2006年)に高校生ながら日本代表に選出され、翌年(2007年)のスウェーデン国際の男子シングルスで優勝し、シニア大会で初優勝する。同年(2007年)にスコットランドで開催されたスディルマンカップにも日本代表として出場し、アテネ五輪男子シングルスベスト8のロナルド・スシロを破るなど、日本のグループ1昇格に貢献。田児賢一 フレッシュアイペディアより)

  • 田児賢一

    田児賢一から見たリー・チョンウェイ

    2008年全日本総合選手権の男子シングルス決勝で佐藤翔治を決勝で破って初優勝し、舛田圭太が保有していた19歳8ヶ月の史上最年少優勝記録を19歳4ヶ月に更新した。2010年の第100回全英オープンでは、日本人として秋山真男以来44年ぶりに決勝進出。(決勝では世界ランキング1位のリー・チョンウェイに19-21、19-21で敗れる。)田児賢一 フレッシュアイペディアより)

  • 田児賢一

    田児賢一から見たリオデジャネイロオリンピック

    高校卒業後の2008年4月にNTT東日本へ入社。2007年度の日本リーグには内定選手として出場した。2008年北京オリンピックへの出場は逃したものの、2012年ロンドンオリンピック、さらには2016年のリオデジャネイロオリンピックでのメダル獲得など今後のさらなる活躍が嘱望されている。田児賢一 フレッシュアイペディアより)

  • 田児賢一

    田児賢一から見た2009年

    2009年 - 全日本総合選手権 男子シングルス優勝田児賢一 フレッシュアイペディアより)

  • 田児賢一

    田児賢一から見たNTT東日本

    田児賢一(たご けんいち、1989年7月16日 - )は、NTT東日本バドミントン部所属の男子バドミントン選手。埼玉県出身。身長175cm、体重72kg。血液型はO型。右利き。埼玉栄中学校・埼玉栄高等学校を経て、NTT東日本に所属する。田児賢一 フレッシュアイペディアより)

  • 田児賢一

    田児賢一から見たロンドンオリンピック (2012年) におけるバドミントン競技

    高校卒業後の2008年4月にNTT東日本へ入社。2007年度の日本リーグには内定選手として出場した。2008年北京オリンピックへの出場は逃したものの、2012年ロンドンオリンピック、さらには2016年のリオデジャネイロオリンピックでのメダル獲得など今後のさらなる活躍が嘱望されている。田児賢一 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
18件中 1 - 10件表示

「田児賢一」のニューストピックワード