1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
99件中 91 - 99件表示
  • 中西太

    中西太から見た田口壮田口壮

    近年甲状腺がんを患ったが、経過は良好。2月には、メジャーリーグに挑戦する愛弟子・岩村明憲の自主トレを手伝い、中西自らバッティングピッチャーとして登板した。岩村も「こんな元気な70代の人はそうはいないですよ」と驚くほどであった。また、自身の座右の銘である「何苦楚(なにくそ-何事も苦しむことが楚となる)」は、オリックス・ヤクルト時代の教え子である田口壮や岩村に受け継がれ、その影響は田口の著書「何苦楚日記」や岩村のブログ「AKI何苦楚魂」に見られる。中西太 フレッシュアイペディアより)

  • 坂口智隆

    坂口智隆から見た田口壮田口壮

    オリックス時代には、ブルーウェーブのレギュラー外野手だった田口壮(2016年から二軍監督)がMLBのセントルイス・カージナルスに所属していた2006年に、田口へ弟子入りを直訴。これを機に、田口が現役を引退する2012年まで、オフシーズンに合同で自主トレーニングを敢行していた。ちなみに、田口のオリックス復帰(2010年)から退団(2011年)までは、チームメイトになっている。坂口智隆 フレッシュアイペディアより)

  • シカゴ・カブス

    シカゴ・カブスから見た田口壮田口壮

    2008年4月23日にサンフランシスコ・ジャイアンツに次いで『メジャーリーグ通算10,000勝』に到達。日本人選手では、2008年から福留孝介が所属したが、11年にクリーブランド・インディアンスにトレード。2008年には、3年ぶりのメジャー復帰を目指す高津臣吾ともマイナー契約を結んだが、スプリングトレーニング途中で自由契約。2009年は田口壮と門倉健がマイナー契約でスプリングトレーニングに参加したが、門倉のみメジャー昇格は果たせず。2013年は高橋尚成と藤川球児が所属した。2014年は前年に続き藤川が所属し、和田毅が渡米3年目でメジャーデビューを果たした。2015年は前年に続き和田が所属した。2016年は川崎宗則が所属した。2017年は上原浩治が所属した。2018年からはダルビッシュ有が所属する。シカゴ・カブス フレッシュアイペディアより)

  • 上原浩治

    上原浩治から見た田口壮田口壮

    2013年のワールドシリーズMVPのデビッド・オルティーズは成績だけでなく人柄にも触れ、「投手としても、人間としても最高の男」だとして、最大級の賛辞を送った。同学年のオルティーズとは公私ともに仲が良く、家族ぐるみの付き合いである。シーズン中はチームが勝利した後に列になってハイタッチをする時に、相手の股間をどっちが先に触るかという遊びをしていた。ポストシーズンで担がれるといったパフォーマンスをするようになったのは、(精神的に)疲れすぎてその遊びをする余裕がなくなったことから、上原がオルティーズにもたれかたったことが始まりと、NHK-BSの特番でインタビュアーとなった田口壮に打ち明けている。上原浩治 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の日本プロ野球

    2017年の日本プロ野球から見た田口壮田口壮

    オリックス・バファローズは、来期コーチ人事を発表。佐竹学二軍ヘッドコーチが一軍外野守備走塁コーチに、田口壮二軍監督兼打撃コーチが二軍監督専任、弓岡敬二郎育成統括コーチが二軍ヘッドコーチ兼任、小林宏一軍投手コーチが二軍投手コーチに、三輪隆育成コーチが二軍バッテリーコーチに配置転換。高山郁夫が一軍投手コーチ、藤井康雄が一軍打撃コーチ、米村理が二軍チーフ兼打撃コーチ、スコアラーの齋藤俊雄と先日戦力外となった川端崇義の2名が育成コーチに就任。2017年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 福本豊

    福本豊から見た田口壮田口壮

    福本は、オリックスについては自分たちのあとも山森雅文、本西厚博、田口壮、イチローと優れた外野手が輩出され、守備練習の基礎も受け継がれているので、「選手たちはかわいい」と語っている。福本豊 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野輝弘のどーんと来い!!

    矢野輝弘のどーんと来い!!から見た田口壮田口壮

    矢野単独の番組としては2年振りに、12月30日(金曜日)の18:00 - 19:00に放送。初期のパートナーだった武田が復帰したほか、矢野と同じくこの年から指導者として現場に復帰した田口壮(オリックスバファローズ二軍監督)をゲストに迎えた。矢野輝弘のどーんと来い!! フレッシュアイペディアより)

  • 香川恵美子

    香川恵美子から見た田口壮田口壮

    香川 恵美子(かがわ えみこ、1965年10月18日 - )は、日本のアナウンサー、ライターである。1988年(昭和63年)から約10年間TBSに務めた。出生名同じ、2001年に田口壮と結婚して以降の本名および活動名義は田口 恵美子(たぐち えみこ)。血液型はO型。身長は165cm。香川恵美子 フレッシュアイペディアより)

  • 杉本裕太郎

    杉本裕太郎から見た田口壮田口壮

    身長190センチメートル・体重88キログラムの大柄ながら、50メートル走6秒0、遠投115メートルという俊足強肩の持ち主。オリックス・ブルーウェーブでの現役時代にイチローや田口壮(入団時の二軍監督)のチームメイトであり、オリックス入団時の一軍監督で、内野手だった福良淳一は、杉本の肩を「(外野守備の名手であった)2人に匹敵するレベル」と絶賛している。杉本裕太郎 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
99件中 91 - 99件表示

「田口壮」のニューストピックワード