80件中 21 - 30件表示
  • ビリー・ワグナー

    ビリー・ワグナーから見た田口壮田口壮

    クローザーを必要としていたメッツはFA市場でワグナーが1番と判断し、2005年11月29日に4年4,300万ドル(5年目は球団オプション)の長期契約を結んだ。前半にはセーブ失敗が目立っていたが、7月4日には通算300セーブを達成。8月以降には1つも失敗することなく18連続セーブを記録し、トレバー・ホフマンの46セーブに次ぐリーグ2位の40セーブを記録した。チームは地区優勝でポストシーズン進出を果たしたが、アストロズ時代のポストシーズン通算防御率9.66のワグナーをニューヨークのメディアはポストシーズンの活躍を危惧した。ワグナーは6試合に登板し3セーブを記録したが防御率9.53で、リーグチャンピオンシップシリーズ第2戦では田口壮にソロ本塁打を打たれるなどで3失点。負け投手となった。ビリー・ワグナー フレッシュアイペディアより)

  • 谷村智啓

    谷村智啓から見た田口壮田口壮

    引退後は、長きに渡って阪急・オリックスのフロントに従事し、スカウトや編成部長等も歴任した。2004年から2006年にオリックス二軍投手コーチを務め、2007年?2009年は再びスカウト業務を務めた。スカウトとして獲得した選手に田口壮がいる。谷村智啓 フレッシュアイペディアより)

  • 塩崎真

    塩崎真から見た田口壮田口壮

    は9番遊撃手で開幕スタメン出場を果たし、レギュラーとなった。シーズン終盤には田口壮に代わって1番も任され、初めて打率.250を超えた。塩崎真 フレッシュアイペディアより)

  • 1995年の日本シリーズ

    1995年の日本シリーズから見た田口壮田口壮

    先発は星野伸之と吉井理人。ヤクルトは初回にオマリーのタイムリーで先制。オリックスは5回表、この試合3番に入ったイチローの犠飛で追い付くが、すかさずその裏、代打稲葉篤紀の犠飛でヤクルトが再びリード。7回表、オリックスは山部を攻め、この試合1番の田口壮と4番D・Jのタイムリーで3点を挙げ逆転。しかし8回裏、ヤクルトは2死満塁のチャンスをつかむと、古田の放った当たりはセカンドへのボテボテのゴロであったが、2塁ベースカバーが一瞬遅れてセーフの判定となる内野安打で1点差。この判定に激昂した仰木監督が、退場覚悟の猛抗議で10分間中断。平井投入で逃げ切りを計るオリックスだったが、9回裏にミューレンが起死回生の同点ホームランを放ち、第2戦に続いて延長戦へ突入した。1995年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1996年の日本シリーズ

    1996年の日本シリーズから見た田口壮田口壮

    神戸に舞台を移しての第3戦。1-1で迎えた2回裏、1死1、2塁から小川博文が2点タイムリー二塁打、さらに田口壮もタイムリーヒットを放ち、巨人の先発ガルベスをKO。リリーフした水野雄仁からさらにシリーズ絶好調の大島がタイムリーヒットを放ち、この回オリックスが一気に4点を奪った。オリックスの先発・野田浩司は7回途中までシェーン・マック、仁志敏久の本塁打による2点に抑える好投。その後小刻みな継投で巨人の反撃をかわし、最後は3試合連続で鈴木平が締め、オリックスが3連勝した。1996年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 高橋智

    高橋智から見た田口壮田口壮

    1995年は日本人の長距離砲として藤井康雄と共に復活を期待され、キャンプではコーチの中西太からスイングを評価されている。イチローや田口壮の台頭もあって徐々に出場機会が減り、1995年と1996年の日本シリーズでは共にノーヒットに終わっている。のオフには500万円減の年俸4000万円で契約を更改し、翌オフに松元秀一郎との交換トレードでヤクルトスワローズに移籍した。高橋智 フレッシュアイペディアより)

  • ノムラでノムラだ♪ EXトラ!

    ノムラでノムラだ♪ EXトラ!から見た田口壮田口壮

    2012年度には日本シリーズが終了するまで、火?木曜日にも放送(10月2日?11月1日)。この期間には、『MBSタイガースライブスペシャル』としてプロ野球を中継する場合を除いて、『with…夜はラジオと決めてます』(後枠で放送されるナイターオフ限定の生ワイド番組)に出演するスポーツコメンテーター(火曜日はパーソナリティの田口壮、水・木曜日はMBSの野球解説者)が当コーナーにのみ登場していた。ノムラでノムラだ♪ EXトラ! フレッシュアイペディアより)

  • 実況パワフルメジャーリーグ

    実況パワフルメジャーリーグから見た田口壮田口壮

    主な日本人選手として、ニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜、シカゴ・ホワイトソックスの野茂英雄、クリーブランド・インディアンスの多田野数人、オークランド・アスレチックスのマック鈴木、テキサス・レンジャーズの大塚晶則、シアトル・マリナーズのイチロー・城島健司、ニューヨーク・メッツの松井稼頭央、セントルイス・カージナルスの田口壮、ミルウォーキー・ブルワーズの大家友和、ロサンゼルス・ドジャースの斎藤隆、コロラド・ロッキーズの藪恵壹等が登場する(所属球団は当時のもの)。実況パワフルメジャーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • ハイスクール・ミュージカル2

    ハイスクール・ミュージカル2から見た田口壮田口壮

    劇中歌のひとつ"I don't dance"のプロモーションビデオのひとつは現役MLB選手たちが一人ずつサビの歌詞を口ずさむ演出で進み、曲の後半には当時セントルイス・カージナルスに所属していた田口壮選手が他の”I DON'T DANCE!”と歌う選手たちに混じって「僕は、踊りません!」と日本語でセリフを言う。ハイスクール・ミュージカル2 フレッシュアイペディアより)

  • 小川博文

    小川博文から見た田口壮田口壮

    は全試合に出場して自己最多の135安打を放つなど活躍し、オールスターゲームにも第2戦の1打席のみながら初出場を果たす。同年は初のベストナインに遊撃手として選出され、1300万円増の年俸3400万円で契約を更改した。一方でオフには大物ルーキーとして期待された田口壮や土井正三監督の評価が高い勝呂壽統が加入し、遊撃手のポジション争いは激化した。小川博文 フレッシュアイペディアより)

80件中 21 - 30件表示

「田口壮」のニューストピックワード