99件中 31 - 40件表示
  • イップス

    イップスから見た田口壮田口壮

    また、野球では投手、捕手、内野手に見られ(外野手もかからないわけではない)、特に投手と内野手には正確なコントロールが求められるため、死球や暴投などのトラウマからイップスに陥る場合が多いとされている。イップスが原因でコンバートされる選手も少なくない。イップスが原因で守備コンバートを余儀なくされた選手に田口壮、三浦貴、土橋勝征などがいるが、荒木雅博や岩本勉のように克服する例や、田口や土橋のようにコンバート後に開花する例もある。イップス フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のワールドシリーズ

    2014年のワールドシリーズから見た田口壮田口壮

    日本での生中継の放送は、日本放送協会(NHK)の衛星放送チャンネル "BS1" で行われた。実況は塚本貴之が、解説は武田一浩と田口壮が務めた。2014年のワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2014年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た田口壮田口壮

    実況:坂梨哲士(LK)、解説:大野豊、田口壮、リポーター:別井敬之(ソフトバンクサイド)、宮田貴行 (日本ハムサイド)2014年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • フィラデルフィア・フィリーズ

    フィラデルフィア・フィリーズから見た田口壮田口壮

    2005年から2013年途中まで、1970年代後半から1980年代前半にかけてヤクルトスワローズや近鉄バファローズで活躍したチャーリー・マニエルが監督を務めていた。日本人選手では、2007年シーズン途中から終了までと2008年レギュラーシーズン終盤に井口資仁が所属、2008年シーズンにはカージナルスからフリーエージェントになった田口壮が所属した。フィラデルフィア・フィリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 実況パワフルメジャーリーグ

    実況パワフルメジャーリーグから見た田口壮田口壮

    主な日本人選手として、ニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜、シカゴ・ホワイトソックスの野茂英雄、クリーブランド・インディアンスの多田野数人、オークランド・アスレチックスのマック鈴木、テキサス・レンジャーズの大塚晶則、シアトル・マリナーズのイチロー・城島健司、ニューヨーク・メッツの松井稼頭央、セントルイス・カージナルスの田口壮、ミルウォーキー・ブルワーズの大家友和、ロサンゼルス・ドジャースの斎藤隆、コロラド・ロッキーズの藪恵壹等が登場する(所属球団は当時のもの)。実況パワフルメジャーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • トニー・ラルーサ

    トニー・ラルーサから見た田口壮田口壮

    マイケル・ルイス著「マネーボール」で取り上げられた、オークランド・アスレチックスを代表とするビッグボールに対抗し、犠牲バント、盗塁等の小技を用いるスモールボールを中心とした。また、カージナルス在籍時にラルーサの指揮を受けた田口壮はラルーサを、最も説明能力が高く、また最も先を読む目があった監督だったと評している。トニー・ラルーサ フレッシュアイペディアより)

  • 1995年の日本シリーズ

    1995年の日本シリーズから見た田口壮田口壮

    先発は星野伸之と吉井理人。ヤクルトは初回にオマリーのタイムリーで先制。オリックスは5回表、この試合3番に入ったイチローの犠飛で追い付くが、すかさずその裏、代打稲葉篤紀の犠飛でヤクルトが再びリード。7回表、オリックスは山部を攻め、この試合1番の田口壮と4番D・Jのタイムリーで3点を挙げ逆転。しかし8回裏、ヤクルトは2死満塁のチャンスをつかむと、古田の放った当たりはショートへの高いバウンドのゴロであったが、2塁ベースカバーが一瞬遅れてセーフの判定となる内野安打で1点差。この判定に激昂した仰木監督が、退場覚悟の猛抗議で10分間中断。平井投入で逃げ切りを計るオリックスだったが、9回裏にミューレンが起死回生の同点ホームランを放ち、第2戦に続いて延長戦へ突入した。1995年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ノムラでノムラだ♪ EXトラ!

    ノムラでノムラだ♪ EXトラ!から見た田口壮田口壮

    コーナータイトルを『ノムラで withタイガース』に変更した2012年度には、結城の後輩に当たるスポーツアナウンサーが、実況・ベンチリポートを担当しない日に日替わりで「ナマ虎キャスター」を務めていた。2012年度には日本シリーズが終了するまで、火〜木曜日にも放送(10月2日〜11月1日)。この期間には、『MBSタイガースライブスペシャル』としてプロ野球を中継する場合を除いて、『with…夜はラジオと決めてます』(後枠で放送されるナイターオフ限定の生ワイド番組)に出演するスポーツコメンテーター(火曜日はパーソナリティの田口壮、水・木曜日はMBSの野球解説者)が当コーナーにのみ登場していた。ノムラでノムラだ♪ EXトラ! フレッシュアイペディアより)

  • ササキ様に願いを

    ササキ様に願いをから見た田口壮田口壮

    『ササキ様に願いを』第4巻にて『みずしな孝之の女子アナウォッチング』と題した女子アナ紹介4コマを掲載。佐々木明子(テレビ東京)、進藤晶子(元TBS)、富永美樹、須志田しのぶ(当時テレビ東京『スポーツTODAY』キャスター)、宮内亜弥子(圭三プロダクション所属、当時TVKテレビ『WAIWAIベイスターズくらぶ』キャスター)、雨宮塔子(元TBS)の順に紹介。なお、進藤編と雨宮編の最後のコマには香川恵美子(元TBS、現田口壮夫人)も登場した(香川は第1巻『ササ願ついに全国制覇』にも登場している)。また説明なしで柴田倫世(当時日本テレビ、現松坂大輔夫人)を描いたところ、読者から「誰だ?」という問い合わせが多く来てしまい、翌回に説明付きで再登場させた。ササキ様に願いを フレッシュアイペディアより)

  • ネットワーク1・17

    ネットワーク1・17から見た田口壮田口壮

    田口壮(パーソナリティ、出演時点では野球評論家)ネットワーク1・17 フレッシュアイペディアより)

99件中 31 - 40件表示

「田口壮」のニューストピックワード