80件中 41 - 50件表示
  • 走れ!イチロー

    走れ!イチローから見た田口壮田口壮

    オリックス・ブルーウェーブ選手:イチロー、藤井康雄、大島公一、田口壮、谷佳知、塩崎真走れ!イチロー フレッシュアイペディアより)

  • 後藤光尊

    後藤光尊から見た田口壮田口壮

    は岡田彰布新監督にシーズン前から3番を任命され、開幕2戦目の対楽天戦では9回裏1死で福盛和男から同点本塁打を放ったが、3・4月は月間打率.265だった。交流戦に入ると徐々に調子を上げて交流戦打率.369、対阪神戦は4試合で17打数10安打2本塁打7打点を記録するなどチームの交流戦初優勝に貢献した。8月には選手会長の日高剛とチーム最年長の田口壮が二軍調整の為、精神的支柱を欠く状況を打破する目的で球団初のキャプテン制導入に伴いゲーム・キャプテンに任命された。その後も3番打者として出場し続けて9月26日の対ロッテ戦では延長10回に薮田安彦からサヨナラ2ラン本塁打を放つなど、143試合に出場して打率.295、16本塁打、73打点、二塁手としてはのロベルト・バルボンの記録を更新して球団新記録となる174安打と自己最高の成績を残したが、併殺打はリーグ2位タイ(西武・中島裕之と同数)の20、3番打者に定着しクリーンナップを1年間務めながらリーグ3位(1位は川崎宗則、2位は西岡剛)の590打数を記録、四球の少なさが目立ってしまった。また、野手の中では北川博敏と共に2人だけシーズン通して一軍に登録され続けた。同年8月11日に国内FA権を取得し、11月12日に残留を基本線として権利を行使し、11月26日に「岡田監督に恩返ししたい」として残留を正式表明すると同時に「生涯オリックス」宣言をした。オフシーズンにはイチローと合同自主トレを行った。後藤光尊 フレッシュアイペディアより)

  • 高畠導宏

    高畠導宏から見た田口壮田口壮

    田口壮(第1期オリックス時代)には、「ちんぶら打法」と命名し、自身の精巣を揺らすような感じでいれば、リラックスして打席に立てるという一風変わったアドバイスをした(同様のアドバイスを千葉ロッテコーチ時代にサブローにもしているが、その時は「自分の一物が足に当たるくらい腰を早く回せ」というものだった)。高畠導宏 フレッシュアイペディアより)

  • 引退

    引退から見た田口壮田口壮

    日本プロフェッショナル野球協約(以下、野球協約)の規定により、球団との契約を解除されたり、球団が保有権を失った選手のことを「どの球団も自由に契約できる選手」ということにより自由契約選手という。この自由契約選手になることそのものが即座に引退に直結するものではなく、いずれの球団であっても自由に契約を結べる選手であるということに過ぎない。しかし何れかの球団との契約を結べなかった場合には実質的に引退となり、自由契約公示後に選手側が契約をあきらめて引退を発表することもある。ただし任意引退公示に切り替わるわけわけではない(黒木知宏や田口壮など)。なおひとたび契約締結できずに翌シーズンに入り、実質的に引退となった場合であっても何れかの球団と契約を結ぶことで現役に復することもある(2003年シーズン終了後に中日ドラゴンズから自由契約公示が為された後、2004年シーズン途中にオリックスで復帰した栗山聡など)。引退 フレッシュアイペディアより)

  • 土井正三

    土井正三から見た田口壮田口壮

    1992年にはシーズン前のキャンプで、当時ルーキーだった田口壮等の若手の選手に内野守備を指導するため新品のグラブを用意した。田口を開幕スタメンに起用し、また非常に厳しい指導を施した。同シーズンも、Aクラスは維持した。土井正三 フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤和巳

    斉藤和巳から見た田口壮田口壮

    1イニング4奪三振:2000年9月3日、対オリックス・ブルーウェーブ23回戦(福岡ドーム)、2回表にジョージ・アリアス・五島裕二・日高剛(振り逃げ)・田口壮 から ※史上7人目(8度目)斉藤和巳 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た田口壮田口壮

    右打者ながら一塁到達3.9秒台を記録する俊足を生かした内野安打も多く、オリックス時代には盗塁成功率77パーセントを記録していたが、近年は盗塁企図数が減少している。外野守備では俊足を生かした広い守備範囲と強肩を誇り、オリックス時代にはイチロー、田口壮とともに鉄壁の外野陣を形成していたが、近年は年齢や腰の持病もあって右翼手と左翼手での起用が主となった。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 関西学院大学

    関西学院大学から見た田口壮田口壮

    旧関西六大学野球連盟の創設校でもあり、現在は関西学生野球連盟に所属している。2012年秋のシーズンには、1993年春以来19年ぶりに、リーグ優勝を果たした。OBのプロ野球選手として、田口壮、清水誉、宮西尚生、荻野貴司らがいる。: ちなみに高等部でも、野球部の活躍は伝統を有しており、夏の全国高等学校野球選手権大会では優勝1回・準優勝1回、春の選抜高等学校野球大会でも、優勝1回の実績をもつ。2009年度・第91回夏の大会では、兵庫県代表として70年ぶりの出場を果たした。関西学院大学 フレッシュアイペディアより)

  • 萩原淳 (野球)

    萩原淳 (野球)から見た田口壮田口壮

    新人時代は田口壮・イチローと同じく期待されたが才能が開花せず、プロ入り9年間で1安打に終わる。そんな萩原の現状を重く見た仰木彬は、シーズン途中に投手へ転向させ、2年目のに一軍初登板を果たすと1回無失点に抑えた。萩原淳 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 大引啓次

    大引啓次から見た田口壮田口壮

    3月24日の開幕戦に八番・遊撃手として先発出場。オリックスで新人が開幕戦に先発出場したのは、指名打者で出場したの後藤光尊以来、遊撃手としてはの田口壮以来だった。プロ初打席で斉藤和巳から初安打を記録し出塁すると、直後に初盗塁も決めた。7月6日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で永井怜からプロ初本塁打。シーズン通して遊撃手のレギュラーの座をほぼ掴んでいたが終盤は調子を崩し、好調だった後藤に先発を譲ることも多かった。規定打席には2打席不足したが、最終的には出塁率.329を記録するなど新人野手としてはトップクラスの成績を残した。リーグ3位、遊撃手としては同2位の17失策を記録したがレンジファクターではリーグの遊撃手の中で1位だった。一方で打率.274に対し得点圏打率.212とチャンスで打てなかったことなどの課題も残した。シーズン後の秋季キャンプでは臨時コーチを務めたロサンゼルス・ドジャース・ストレングス・コンディショニングコーチのダグ・ジャローが俊敏性を試すために独自に考案した「球拾いテスト」でチームトップの好タイムを記録。「素晴らしい才能を持った選手がいた」と絶賛された。大引啓次 フレッシュアイペディアより)

80件中 41 - 50件表示

「田口壮」のニューストピックワード