99件中 41 - 50件表示
  • クリス松村の音楽処方箋

    クリス松村の音楽処方箋から見た田口壮田口壮

    田口壮(NHK BS1専属プロ野球解説者)クリス松村の音楽処方箋 フレッシュアイペディアより)

  • 山田久志

    山田久志から見た田口壮田口壮

    からCBCテレビ・ラジオの野球解説者を務めるほか、からはブレーブス・ブルーウェーブOB会会長を務めている。に野球殿堂入り。12月に行われた野球殿堂入りパーティーにはイチロー、田口壮がスペシャルゲストとして出席した。に山田の出生地・能代市は市営能代球場の名称を、山田の業績をたたえて「山田久志サブマリンスタジアム」(愛称)と改名した。9月29日には山田久志夫妻を招いて、命名式が行われた。愛称の制定に際し、山田から現役時代のユニフォームやグラブ、写真パネルなど計131点が贈呈され、球場内に設けられる展示ブースで公開されている。オフシーズンに開催されているプロ野球マスターズリーグの大阪ロマンズに所属し、短いイニングながらもマウンドに立っている。山田久志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩村明憲

    岩村明憲から見た田口壮田口壮

    中西太を師匠的存在とし、中西の座右の銘である「何苦楚」をブログのタイトルに引用している他、「(カージナルスに移籍した当初)くさらずにやってきた、あの姿勢は見習わなければならない。野球選手の原点」と同じく中西を師匠的存在としている田口壮にも尊敬を抱いている。岩村明憲 フレッシュアイペディアより)

  • 1969年のスポーツ

    1969年のスポーツから見た田口壮田口壮

    7月2日 - 田口壮(兵庫県、野球)1969年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のメジャーリーグベースボール

    2005年のメジャーリーグベースボールから見た田口壮田口壮

    10月19日 - ヒューストン・アストロズがナショナルリーグ初優勝。田口壮選手が所属するセントルイス・カージナルスのリーグ連覇はならなかった。2005年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のメジャーリーグベースボール

    2007年のメジャーリーグベースボールから見た田口壮田口壮

    12月6日(現地時間) - セントルイス・カージナルスが田口壮外野手との契約を更新しないことを発表した。田口はメジャー球団への移籍を目指して交渉を行う。2007年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • 中田昌宏

    中田昌宏から見た田口壮田口壮

    1989年チームが阪急からオリックスに変わるとフロント入りし編成部長に就任。初年度のドラフトでは野茂英雄を指名するも抽選で外し、佐藤和弘(パンチ佐藤)を獲得。しかし以後は1990年に長谷川滋利・野村貴仁、1991年に田口壮・イチロー、1992年に小林宏・金田政彦、1993年に平井正史・三輪隆らの獲得に成功。それらの選手が順調に育ち、1995年・1996年にオリックスが「がんばろうKOBE」をキャッチフレーズに掲げ、パ・リーグ連覇を成し遂げる際の原動力となった。イチローの獲得に際しては、スカウトの三輪田勝利の報告を受けて自ら愛知県まで視察に行き、そのバッティングを高く評価して田口をはずした場合のはずれ1位候補に進言した(最終的に4位での指名となった)。以降、球団取締役等を歴任し2001年に定年退職するまでチームの新人獲得の最高責任者として屋台骨を支えた。退団後は2006年までJ SPORTSの野球解説者としてオリックスをネット裏から温かく見守っていたが、2007年以降は出演していなかった。中田昌宏 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤光尊

    後藤光尊から見た田口壮田口壮

    新監督の岡田彰布にシーズン前から3番を任命され、開幕2戦目の東北楽天ゴールデンイーグルス戦では9回裏1死で福盛和男から同点本塁打を放ったが、3・4月は月間打率.265だった。交流戦に入ると徐々に調子を上げて交流戦打率.369、対阪神タイガース戦は4試合で17打数10安打2本塁打7打点を記録するなどチームの交流戦初優勝に貢献した。8月には選手会長の日高剛とチーム最年長の田口壮が二軍調整の為、精神的支柱を欠く状況を打破する目的で球団初のキャプテン制導入に伴いゲーム・キャプテンに任命された。その後も3番打者として出場し続けて9月26日のロッテ戦では延長10回に薮田安彦からサヨナラ2ラン本塁打を放つなど、143試合に出場して打率.295、16本塁打、73打点、二塁手としてはのロベルト・バルボンの記録を更新して球団新記録となる174安打と自己最高の成績を残したが、併殺打はリーグ2位タイ(西武・中島裕之と同数)の20、3番打者に定着しクリーンナップを1年間務めながらリーグ3位(1位は川崎宗則、2位は西岡剛)の590打数を記録、四球の少なさが目立ってしまった。また、野手の中では北川博敏と共に2人だけシーズン通して一軍に登録され続けた。同年8月11日に国内FA権を取得し、11月12日に残留を基本線として権利を行使し、11月26日に「岡田監督に恩返ししたい」として残留を正式表明すると同時に「生涯オリックス」宣言をした。オフシーズンにはイチローと合同自主トレを行った。この際には5年の複数年契約が結ばれていたが、報道では3年契約とされていた。後藤光尊 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋智

    高橋智から見た田口壮田口壮

    1995年は日本人の長距離砲として藤井康雄と共に復活を期待され、キャンプではコーチの中西太からスイングを評価されている。イチローや田口壮の台頭もあって徐々に出場機会が減り、1995年と1996年の日本シリーズでは共にノーヒットに終わっている。のオフには500万円減の年俸4000万円で契約を更改、翌オフに松元秀一郎との交換トレードでヤクルトスワローズへ移籍。高橋智 フレッシュアイペディアより)

  • 西崎幸広

    西崎幸広から見た田口壮田口壮

    1500奪三振:2000年4月9日、対オリックス・ブルーウェーブ3回戦(西武ドーム)、7回表に田口壮から ※史上43人目西崎幸広 フレッシュアイペディアより)

99件中 41 - 50件表示

「田口壮」のニューストピックワード