99件中 51 - 60件表示
  • ラリー・ウォーカー

    ラリー・ウォーカーから見た田口壮田口壮

    上のエピソードからも分かる通り非常に陽気で気さくな人物。野球を楽しむことを旨とし、田口壮によればセントルイス・カージナルスに移籍した時も大きな態度を取ることは一切なくチームにすぐ馴染んだという。リッチ・ドネリーコーチ曰く、「毎日クリスマスの朝の様に球場にやって来る」。ラリー・ウォーカー フレッシュアイペディアより)

  • ほぼ日刊イトイ新聞

    ほぼ日刊イトイ新聞から見た田口壮田口壮

    糸井重里自身がゲストを招き、対談を行うコンテンツも多様な業界の人物が訪れる。過去に登場した人物の一例として、明石家さんま、荒俣宏、イチロー、川上弘美、坂本龍一、さくらももこ、萩本欽一、鈴木敏夫、立川談志、谷川俊太郎、タモリ、笑福亭鶴瓶、矢沢永吉、松本人志、原辰徳、中畑清、田口壮、養老孟司、為末大等がいる。ほぼ日刊イトイ新聞 フレッシュアイペディアより)

  • ビリー・ワグナー

    ビリー・ワグナーから見た田口壮田口壮

    クローザーを必要としていたメッツはFA市場でワグナーが1番と判断し、2005年11月29日に4年4,300万ドル(5年目は球団オプション)の長期契約を結んだ。前半にはセーブ失敗が目立っていたが、7月4日には通算300セーブを達成。8月以降には1つも失敗することなく18連続セーブを記録し、トレバー・ホフマンの46セーブに次ぐリーグ2位の40セーブを記録した。チームは地区優勝でポストシーズン進出を果たしたが、アストロズ時代のポストシーズン通算防御率9.66のワグナーをニューヨークのメディアはポストシーズンの活躍を危惧した。ワグナーは6試合に登板し3セーブを記録したが防御率9.53で、リーグチャンピオンシップシリーズ第2戦では田口壮にソロ本塁打を打たれるなどで3失点。負け投手となった。ビリー・ワグナー フレッシュアイペディアより)

  • 沢田誠

    沢田誠から見た田口壮田口壮

    数々の記録を打ち立てたが、その中で特筆すべきは大学通算本塁打10本である。この記録は関西学生野球連盟の新リーグ結成当初の時期の最高記録であり、この記録に並ぶ者は田尾安志(同大、旧関西六大学時代)、片岡篤史(同大)、田口壮(関学大)という錚々たる顔ぶれである。この記録は後に二岡智宏(近大)によって記録は破られた。なお、二岡に通算11本目の本塁打を打たれた試合は、自身が対戦相手として監督をしていた試合であった。沢田誠 フレッシュアイペディアより)

  • 堀江政生のほりナビ!!

    堀江政生のほりナビ!!から見た田口壮田口壮

    12月30日 「矢野燿大のど〜んと来い!!」(MC・矢野燿大、武田和歌子、ゲスト・田口壮堀江政生のほりナビ!! フレッシュアイペディアより)

  • ワールドスポーツMLB / 11

    ワールドスポーツMLB / 11から見た田口壮田口壮

    田口壮 (番組開始から2015年)ワールドスポーツMLB / 11 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のワールドシリーズ

    2013年のワールドシリーズから見た田口壮田口壮

    日本での生中継の放送は、日本放送協会(NHK)の衛星放送チャンネル "BS1" で行われた。実況は田中崇裕が、解説は田口壮が務め、さらに第1戦のみゲストとして松井秀喜も出演した。レッドソックス投手の上原浩治と松井は日本プロ野球・読売ジャイアンツ時代の同僚で、試合前には松井が上原に「凄いじゃん」と声をかける場面もあった。また田口はカージナルスOBで2006年シリーズ優勝メンバーであるため、カージナルスの本拠地ブッシュ・スタジアムでの第4戦開始前には、地元非営利団体所属の女子大生が始球式のボールをマウンドへ持っていくところに付き添うという役目を担った。2013年のワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1992年のオリックス・ブルーウェーブ

    1992年のオリックス・ブルーウェーブから見た田口壮田口壮

    2年目を迎えた土井オリックスだが、4月を5月13敗と大きく負け越し最下位に転落すると、5月中旬にも8連敗を喫し、借金は17まで膨らんだ。即戦力の期待がかかったドラフト1位新人の田口壮はイップスにかかり二軍落ちを経験するなど低迷、前年新人王の長谷川滋利も6勝止まりで勝ち数が半減するなど若手が伸び悩んだチームは前半を最下位で折り返す。9月にようやく3位に浮上し、何とかAクラスは確保したが、借金返済はついに果たせず、チームは4年ぶりに負け越した。かつてのチームの売りであった強力打線は来日1年目のケルビン・トーベが8月以降の打率.365で打率リーグ2位に食い込み、退団したブーマー・ウェルズの背番号44を受け継いだ高橋智が29本塁打を放ち台頭するなどチーム打率はリーグ2位も、チーム本塁打数は88本と前年からさらに落ち込み、リーグ最下位となってしまった。1992年のオリックス・ブルーウェーブ フレッシュアイペディアより)

  • 小川博文

    小川博文から見た田口壮田口壮

    は全試合に出場して自己最多の135安打を放つなど活躍し、オールスターゲームにも第2戦の1打席のみながら初出場を果たす。同年は初のベストナインに遊撃手として選出され、1300万円増の年俸3400万円で契約を更改した。一方でオフには大物ルーキーとして期待された田口壮や土井正三監督の評価が高い勝呂壽統が加入し、遊撃手のポジション争いは激化した。小川博文 フレッシュアイペディアより)

  • ティモ・ペレス

    ティモ・ペレスから見た田口壮田口壮

    日本球界復帰の可能性について、「広島に戻るならコーチで。あそこの練習はしんど過ぎるから」と笑わせる。広島時代の同僚フェリックス・ペルドモ同様日本語が得意で、メジャー入り後の日本のテレビのインタビューにも、なかなか流暢な日本語を話していた。新庄剛志や井口資仁とチームメートだったときは、日本語で「元気?」「ぼちぼちやな」などと会話することもあったという。また、田口壮の書籍にも外国人の姿をした日本人「ぺれすさん」として紹介されており、書籍でも数回登場している。ティモ・ペレス フレッシュアイペディアより)

99件中 51 - 60件表示

「田口壮」のニューストピックワード