99件中 61 - 70件表示
  • キャプテン (漫画)

    キャプテン (漫画)から見た田口壮田口壮

    後にプロ野球選手となる人が愛読していた例も多く、イチローがオリックス・ブルーウェーブ入団の際にコミックスの全巻を寮に持ち込んだことが田口壮から語られており、元阪神タイガースの新庄剛志などは少年時代この作品のファンだったと雑誌取材で語っている。また、アニマックスでアニメ版を放送の際、当時東北楽天ゴールデンイーグルスに所属していた田中将大が「キャプテン」に関したインタビューに答えた。キャプテン (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • 高橋功一 (1971年生の投手)

    高橋功一 (1971年生の投手)から見た田口壮田口壮

    その後も先発・中継ぎと幅広い起用に対して対応を見せ、イチロー、田口壮、星野伸之らと共に故・仰木彬監督率いるオリックス・ブルーウェーブの最盛期を支えた1人。高橋功一 (1971年生の投手) フレッシュアイペディアより)

  • 大引啓次

    大引啓次から見た田口壮田口壮

    3月24日の開幕戦に八番・遊撃手として先発出場。オリックスで新人が開幕戦に先発出場したのは、指名打者で出場したの後藤光尊以来、遊撃手としてはの田口壮以来だった。プロ初打席で斉藤和巳から初安打を記録し出塁すると、直後に初盗塁も決めた。7月6日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で永井怜からプロ初本塁打。シーズン通して遊撃手のレギュラーの座をほぼ掴んでいたが終盤は調子を崩し、好調だった後藤に先発を譲ることも多かった。規定打席には2打席不足したが、最終的には出塁率.329を記録するなど新人野手としてはトップクラスの成績を残した。リーグワースト3位、遊撃手としては同2位の17失策を記録したがレンジファクターではリーグの遊撃手の中で1位だった。一方で打率.274に対し得点圏打率.212とチャンスで打てなかったことなどの課題も残した。シーズン後の秋季キャンプでは臨時コーチを務めたロサンゼルス・ドジャース・ストレングス・コンディショニングコーチのダグ・ジャローが俊敏性を試すために独自に考案した「球拾いテスト」でチームトップの好タイムを記録。「素晴らしい才能を持った選手がいた」と絶賛された。大引啓次 フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤和巳

    斉藤和巳から見た田口壮田口壮

    1イニング4奪三振:2000年9月3日、対オリックス・ブルーウェーブ23回戦(福岡ドーム)、2回表にジョージ・アリアス・五島裕二・日高剛(振り逃げ)・田口壮 から ※史上7人目(8度目)斉藤和巳 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2012年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見た田口壮田口壮

    実況:清水次郎、解説:矢野燿大、ゲスト解説:田口壮、リポーター:岩本計介(両サイド兼務)2012年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • これぞ!Bs魂 〜気になるオリックス・バファローズ〜

    これぞ!Bs魂 〜気になるオリックス・バファローズ〜から見た田口壮田口壮

    田口壮●(2011年限りで退団→2012年に現役を引退)これぞ!Bs魂 〜気になるオリックス・バファローズ〜 フレッシュアイペディアより)

  • 大島公一

    大島公一から見た田口壮田口壮

    翌は仰木彬監督から「猫の目打線の中でも田口壮、大島、イチロー、ニールの1-4番は不動」とシーズン前に言われるほどの信頼を受けたが、打率が2割を切るほどの打撃不振で5月からはスタメンを外れる事もあった。同年は打率.239など前年を下回る打撃成績だったが、2年連続となるゴールデングラブ賞を受賞している。その後もまで8シーズン連続で規定打席に到達し、二塁手または三塁手としてレギュラーの座を守り続けた。は5月1日の対日本ハム戦で右足ヒラメ筋の肉離れを起こして月末まで戦列を離れたが、二塁手に固定されたには3年ぶりにゴールデングラブ賞を受賞している。また、は11月4日に東京ドームで行なわれた出身地別東西対抗戦で8回裏2死2、3塁の場面で入来智から試合を決める逆転3ランを放ち、MVPを獲得している。大島公一 フレッシュアイペディアより)

  • 塩崎真

    塩崎真から見た田口壮田口壮

    は9番遊撃手で開幕スタメン出場を果たし、レギュラーとなった。シーズン終盤には田口壮に代わって1番も任され、初めて打率.250を超えた。塩崎真 フレッシュアイペディアより)

  • 本西厚博

    本西厚博から見た田口壮田口壮

    には、当時レギュラーに定着してからまだ日の浅かった田口壮とイチローに外野守備の指導を施し、本西も含めた同外野手トリオは当時球界一の守備力と言われた。なお、イチローは盟友だという。本西厚博 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た田口壮田口壮

    外野守備では俊足を生かした広い守備範囲と強肩を誇り、2001年から2004年にかけて4年連続でゴールデングラブ賞を獲得する活躍を見せるなど、オリックス時代にはイチロー、田口壮とともに鉄壁の外野陣を形成していた。巨人移籍後以降は年齢や腰の持病もあって代打または左翼手での起用が主となり、交流戦においてはDHでの出場も多かった。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

99件中 61 - 70件表示

「田口壮」のニューストピックワード