99件中 71 - 80件表示
  • 2015年のワールドシリーズ

    2015年のワールドシリーズから見た田口壮田口壮

    日本での生中継の放送は、日本放送協会(NHK)の衛星放送チャンネル "BS1" で行われた。実況は早瀬雄一が、解説は荒木大輔と田口壮が務めた。2015年のワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の野球

    2012年の野球から見た田口壮田口壮

    9月10日 - オリックスやセントルイス・カージナルスなどで活躍した田口壮が現役引退。2012年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • with Tigers MBSベースボールパーク みんなでホームイン!

    with Tigers MBSベースボールパーク みんなでホームイン!から見た田口壮田口壮

    「オリックス・バファローズ 田口壮ファーム監督が語るこの1年」(13時台前半) - 当番組の前身に当たる『with…夜はラジオと決めてます』(MBSラジオで2012年度のナイターオフ期間に放送された生ワイド番組)火曜日のパーソナリティなどを経て、2016年から指導者として現場復帰を果たした田口に対する事前収録のインタビューで、馬野がインタビュアーを担当。with Tigers MBSベースボールパーク みんなでホームイン! フレッシュアイペディアより)

  • みんなのニュース ワンダー

    みんなのニュース ワンダーから見た田口壮田口壮

    石川寛俊(弁護士)、西谷文和(ジャーナリスト)、田口壮(野球解説者)、穴井隆将(柔道家)、森田ゆり(社会運動家)、本並健治(スペランツァFC大阪高槻 監督)、安部誠治(関西大学教授)、おおたとしまさ(教育ジャーナリスト)、青山千彰(関西大学教授)、青山繁晴(独立総合研究所 代表取締役社長)、古田敦也(野球解説者)みんなのニュース ワンダー フレッシュアイペディアより)

  • NHKプロ野球

    NHKプロ野球から見た田口壮田口壮

    田口壮(2013年 - 2015年。主にBS1の阪神・オリックス戦が中心)●NHKプロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • コンバート (野球)

    コンバート (野球)から見た田口壮田口壮

    秋山幸二はプロ入り後、投手から三塁手にコンバートされたが、スローイングに難があり、当時の森祇晶監督から「これからは外野を走り回る選手が華となる時代だから、外野に行け」と言われ、センターにコンバートされたことで守備の才能が一気に開花した。同じように田口壮(カージナルス)、福留孝介(カブス)は内野手として入団したが、守備で難がある部分が多く外野コンバート、その後外野守備の名手に成長している。松井秀喜(ヤンキース)はプロ入り前は三塁手であったが、プロ入り後は外野手にコンバートされている。コンバート (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 高畠導宏

    高畠導宏から見た田口壮田口壮

    引退後は南海・ダイエー(1973年二軍打撃コーチ, 1974年 - 1977年・1991年 - 1994年一軍打撃コーチ)、ロッテ(1978年 - 1979年二軍打撃コーチ, 1980年 - 1983年・1986年・1988年・2002年一軍打撃コーチ, 1984年 - 1985年・1987年一軍打撃兼外野守備コーチ, 1989年スカウト)、ヤクルト(1990年一軍ヘッド兼打撃コーチ)、中日(1995年二軍打撃コーチ, 1996年 - 1997年一軍打撃コーチ, 1998年調査役)、オリックス(1999年二軍打撃コーチ, 2000年 - 2001年一軍打撃コーチ)でコーチ・フロントを歴任。南海コーチ時代は藤原満に対して、グリッブが太く1キロ以上の重量があるタイ・カッブ式バットを特注で制作し、バットを振るのではなく、ボールにバットをぶつけてゴロやライナーを出やすくし、アベレージヒッターに育て上げた。オールスターで野村が捕手に専念する年(かつ前年にチームがAクラスだった場合)は、野村に代わってパ・リーグのコーチを務めた。1977年、野村監督解任に伴い江夏豊、柏原純一と共に球団に反旗を翻す。1978年からは選手専任となった野村と共にロッテへ移籍。野村はわずか1年でロッテを退団するが、高畠はその後も残った。在任中は落合博満に対して、落合の性格を踏まえた上で「グリッブの高さを10cmほど高くしたらどうだ」とアドバイス。右打者だった西村徳文にはスイッチヒッターへの転向を勧め、1年目の秋季キャンプから2ヶ月あまり、川崎球場そばにあったビジネスホテルのシングルルームに泊まり込み、朝・昼・晩つきっきりで指導。水上善雄にはストレート・変化球での打撃の統計をとり、変化球に強いことを実証、認識させた上で、全打席変化球が来るというヤマを張るよう指示。高畠は投手の癖盗みにも長けていた為、ベンチから声を出すことで、次に投げてくる球種を打席に入っている水上に伝えていた。あまりにしつこく、癖がバレてしまう為、西武戦で東尾修がマウンド上からベンチの高畠を睨み付けた。ヤクルトコーチ時代には飯田哲也を育てたが、野村との確執が生じる。大学の後輩となる相手チームの選手、コーチが試合前に高畠に挨拶に来るのを気に入らなかったり、ホームランを打った選手が、ベンチで高畠に感謝の礼を言うと、野村からは「アホ!!、タカに教えてもらってどうするんや!?、自分で打て!!」と怒鳴ったり等、南海時代から非常に僻みっぽくなってしまい性格が変わってしまったという。ダイエーには恩師・鶴岡の誘いで復帰し、吉永幸一郎・浜名千広・小久保裕紀を育てた。中日コーチ時代に指導した山崎武司は著書の中で「バッティングの面では高畠康真さんに感謝しています。指導は分かりやすく、人の意見を聞き入れない自分に対して懇切丁寧に多くの事を教えてくださいました。長距離ヒッターとして長くやってこられた背景には、やっぱり高畠さんの存在も影響していたと思っています。」と記している。オリックスコーチ時代には田口壮に対して、自身の精巣を揺らすような感じでいれば、リラックスして打席に立てるという一風変わったアドバイスをし、「ちんぶら打法」と命名。ロッテコーチ時代(2期目)にはサブローにも同様のアドバイスしているが、その時は「自分の一物が足に当たるくらい腰を早く回せ」というものだった。1998年に日本大学の通信課程に入学し、教員免許を取得。2003年春より筑紫台高等学校(福岡県太宰府市)の教員になり高校野球監督を目指していたが、2004年7月1日、膵臓癌のため東京都新宿区の病院で死去。。高校球児を率い、監督として甲子園球場のグラウンドに立つ夢は叶わなかった。高畠導宏 フレッシュアイペディアより)

  • 土井正三

    土井正三から見た田口壮田口壮

    1992年にはシーズン前のキャンプで、当時ルーキーだった田口壮等の若手の選手に内野守備を指導するため新品のグラブを用意した。田口を開幕スタメンに起用し、また非常に厳しい指導を施した(結果としては田口は指導が合わず送球イップスにかかってしまい、土井退団後の1994年に外野手にコンバートされた)。同シーズンも、勝率5割未満でAクラスは維持した。土井正三 フレッシュアイペディアより)

  • 7月2日

    7月2日から見た田口壮田口壮

    1969年 - 田口壮、プロ野球選手7月2日 フレッシュアイペディアより)

  • 井口資仁

    井口資仁から見た田口壮田口壮

    ポストシーズンでは10月5日の前年度ワールドチャンピオン、ボストン・レッドソックスとのアメリカンリーグ・ディビジョンシリーズ第2戦で決勝の逆転3点本塁打を放つ活躍などを見せ、移籍1年目でリーグ優勝に貢献した。その後、ワールドシリーズに出場。日本人選手としては新庄剛志、松井秀喜、田口壮に次ぐ4人目のワールドシリーズ出場選手となった。ワールドシリーズ優勝にも貢献し、日本人では伊良部秀輝に次いで2人目のチャンピオンリングを獲得した。伊良部はワールドシリーズに出場しておらず、実際に出場してリングを獲得したのは井口が初めてである。しかし、最後の打席後に交代し、優勝決定の瞬間はベンチにいたため、「優勝した瞬間グラウンドにいた最初の日本人選手」の座は翌年の田口に譲ることになった。また、日本人で初めて日本シリーズとワールドシリーズの両方を制覇した選手となった。レギュラーシーズン終了後には、両リーグから選ばれる新人ベストナインに二塁手部門で選ばれる。後にこのシーズンについて自己犠牲を強いられる役割には不満があったと語るが、ギーエンの「今年のMVPは井口。井口みたいな野球を深く理解している選手はいない。彼がいたからホワイトソックスはワールドシリーズを制覇出来た」という言葉で救われたという。井口資仁 フレッシュアイペディアより)

99件中 71 - 80件表示

「田口壮」のニューストピックワード