133件中 91 - 100件表示
  • 田口壮

    田口壮から見た神戸マラソン

    引退発表から約1ヶ月後の10月2日からは、『with…夜はラジオと決めてます』(MBSラジオが2012年度のナイターオフ期間に放送する4時間超の生ワイド番組)の火曜日で、レギュラーでは初めてのラジオパーソナリティを担当。その関係で、2012年12月の「MBSラジオ スペシャルウィーク」では、同局のパーソナリティ代表として「スペシャルウィークPR大使」に起用された。また、2012年11月25日に開催された第2回神戸マラソンでは、朝日放送(ABCテレビ)による番組企画の一環として人生初のフルマラソンに挑戦。5時間51分20秒で完走を果たした。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見た週刊ベースボール

    のドラフトでオリックス・ブルーウェーブと日本ハムファイターズから1位指名を受け、抽選の結果オリックスが交渉権を獲得し契約金1億円、年俸1200万円(金額は推定)で入団合意した。ドラフトに際しては、平田勝男の後継遊撃手を求めていた阪神タイガースが指名・獲得を望んでいたという。これに対して田口は記者会見で「阪神に行きたくない10カ条」なる文書を読み上げる(後に撤回)。これは阪神と疎遠だった関西学院大学野球部及び学校当局が、田口を阪神に行かせたくないために言わせたものだといわれるが、この行為については当時の野球部監督により叱責を受け、田口も「野球以外の事で怒られたのは初めてだった」と語っている(監督の叱責については当時の「週刊ベースボール」に記載)。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見た犠打

    日本では通算70本塁打のうち満塁本塁打が6本あり、11.6本に1本の割合は通算満塁本塁打が6本以上の選手の中では歴代1位である。また、犠打などの小技も利き、リードオフマンからクリーンナップ、下位打線までこなした。土井監督時代だけでなく仰木彬監督時代もチーム事情から外野だけでなく内野(二塁手、遊撃手)を守ることも多かった。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見たクリーンナップ

    日本では通算70本塁打のうち満塁本塁打が6本あり、11.6本に1本の割合は通算満塁本塁打が6本以上の選手の中では歴代1位である。また、犠打などの小技も利き、リードオフマンからクリーンナップ、下位打線までこなした。土井監督時代だけでなく仰木彬監督時代もチーム事情から外野だけでなく内野(二塁手、遊撃手)を守ることも多かった。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見たマイナビ

    野球と余談とベースボール(2013年2月26日初版発売、マイナビ、ISBN 978-4839946050)田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見た強肩

    デビュー当時の土井正三監督の厳しい指導からスローイング障害(イップス)、ストレスから突発性難聴に陥り、守備では失策を続けた。しかし、「強肩病」とイチローが絶賛していた強肩を生かして、に外野手に転向。最多補殺、ゴールデングラブ賞などの常連になる程、好守の外野手としてレギュラーに定着する。イチロー、本西厚博(後に谷佳知)との外野手トリオは、当時球界一の守備力と言われた。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見たプロ野球選手

    田口 壮(たぐち そう、1969年7月2日 - )は、福岡県生まれ、兵庫県西宮市出身の元プロ野球選手(外野手、内野手)。2012年の現役引退後は、ホリプロに所属しながら、野球解説者やラジオパーソナリティとして活動している。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見た補殺

    デビュー当時の土井正三監督の厳しい指導からスローイング障害(イップス)、ストレスから突発性難聴に陥り、守備では失策を続けた。しかし、「強肩病」とイチローが絶賛していた強肩を生かして、に外野手に転向。最多補殺、ゴールデングラブ賞などの常連になる程、好守の外野手としてレギュラーに定着する。イチロー、本西厚博(後に谷佳知)との外野手トリオは、当時球界一の守備力と言われた。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見た西宮市

    田口 壮(たぐち そう、1969年7月2日 - )は、福岡県生まれ、兵庫県西宮市出身の元プロ野球選手(外野手、内野手)。2012年の現役引退後は、ホリプロに所属しながら、野球解説者やラジオパーソナリティとして活動している。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見たアメリカ合衆国

    アメリカ合衆国に移って1年半が過ぎた2003年の秋にイエス・キリストを信じ、クリスチャンになった。「自分の心に響きました。理解でき、実感することができました。これが本物だってわかったんです…妻との関係や、人生が困難に陥った時に助けてくれるのはイエス・キリストだと、今では思ってます」と語った。カージナルスにはジョン・ロドリゲス、ブレイデン・ルーパー、アルバート・プホルスなど信仰心の厚さで知られる選手もいる。田口は、「プホルスはとても優しくしてくれますね。彼は、言語を理解できないつらさをわかってくれるし、信仰の手本となるクリスチャンでもある。みんなとても親切にしてくれますね」とコメントしている。田口壮 フレッシュアイペディアより)

133件中 91 - 100件表示

「田口壮」のニューストピックワード