133件中 11 - 20件表示
  • 田口壮

    田口壮から見た仰木彬

    日本では通算70本塁打のうち満塁本塁打が6本あり、11.6本に1本の割合は通算満塁本塁打が6本以上の選手の中では歴代1位である。また、犠打などの小技も利き、リードオフマンからクリーンナップ、下位打線までこなした。土井監督時代だけでなく仰木彬監督時代もチーム事情から外野だけでなく内野(二塁手、遊撃手)を守ることも多かった。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見た岩田稔

    は2月の春季キャンプで右肩を痛め、開幕に出遅れるも、5月10日に一軍に昇格。5月18日の阪神戦では3番・右翼手として出場し、岩田稔から先制タイムリーを放ち2度目のお立ち台に挙がった。その後も低迷したチーム打率や後藤光尊が二軍落ちした状況の中で3番としてチームを牽引した。後藤の復帰後は主に2番打者として起用され、交流戦では弟分である坂口智隆に次いで全体2位の打率.363を記録する。しかしその後は不調に陥り、8月29日に登録抹消される。その後は痛めた右肩の影響もあり一軍に昇格することは無く、10月13日に退団となった。。翌14日に右肩を手術した。12月2日、自由契約公示された。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見た後藤光尊

    は2月の春季キャンプで右肩を痛め、開幕に出遅れるも、5月10日に一軍に昇格。5月18日の阪神戦では3番・右翼手として出場し、岩田稔から先制タイムリーを放ち2度目のお立ち台に挙がった。その後も低迷したチーム打率や後藤光尊が二軍落ちした状況の中で3番としてチームを牽引した。後藤の復帰後は主に2番打者として起用され、交流戦では弟分である坂口智隆に次いで全体2位の打率.363を記録する。しかしその後は不調に陥り、8月29日に登録抹消される。その後は痛めた右肩の影響もあり一軍に昇格することは無く、10月13日に退団となった。。翌14日に右肩を手術した。12月2日、自由契約公示された。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見たクラレ

    福岡県で出生。クラレに勤務していた実父・允之(よしゆき)の転勤によって、2歳から8歳まで千葉県、8歳から小学校5年生夏までを岡山県岡山市、中学校時代から大学時代までを兵庫県西宮市で過ごした。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見た朝日放送

    引退発表から約1ヶ月後の10月2日からは、『with…夜はラジオと決めてます』(MBSラジオが2012年度のナイターオフ期間に放送する4時間超の生ワイド番組)の火曜日で、レギュラーでは初めてのラジオパーソナリティを担当。その関係で、2012年12月の「MBSラジオ スペシャルウィーク」では、同局のパーソナリティ代表として「スペシャルウィークPR大使」に起用された。また、2012年11月25日に開催された第2回神戸マラソンでは、朝日放送(ABCテレビ)による番組企画の一環として人生初のフルマラソンに挑戦。5時間51分20秒で完走を果たした。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見た主婦の友社

    野球以外の活動としては、自身のwebサイトで公開中の日記を編集した「何苦楚(なにくそ)日記」(主婦の友社、2004年)を執筆。webサイトの日記は文章構成がプロ並の出来と評判が高い。カージナルスの傘下チームで活動していたころは「日記しか書けないマイナーリーガー」と言われていたが、近年では「日記も書けるメジャーリーガー」と呼ばれるようになった。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見たラリー・ウォーカー

    はチーム3位の143試合に出場。8月には12試合連続安打を記録するなど打率.361、OPS.912を残し、月間MVP候補に挙がる活躍を見せた。ラリー・ウォーカーやレジー・サンダースの故障に伴いスタメン出場も増え、アルバート・プホルスが休養で欠場した試合の3番打者も務めた。シーズンを通じて打率.288・8本塁打・53打点・11盗塁を残し、リーグトップとなる得点圏打率.407(91打数37安打)を記録した。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見た坂口智隆

    は2月の春季キャンプで右肩を痛め、開幕に出遅れるも、5月10日に一軍に昇格。5月18日の阪神戦では3番・右翼手として出場し、岩田稔から先制タイムリーを放ち2度目のお立ち台に挙がった。その後も低迷したチーム打率や後藤光尊が二軍落ちした状況の中で3番としてチームを牽引した。後藤の復帰後は主に2番打者として起用され、交流戦では弟分である坂口智隆に次いで全体2位の打率.363を記録する。しかしその後は不調に陥り、8月29日に登録抹消される。その後は痛めた右肩の影響もあり一軍に昇格することは無く、10月13日に退団となった。。翌14日に右肩を手術した。12月2日、自由契約公示された。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見たビリー・ワグナー

    は開幕戦となったフィラデルフィア・フィリーズ戦に6番左翼手でスタメン出場した。プレストン・ウィルソンの加入以降は代打や守備固めでの出場が増えたが、相手先発が左投手の試合ではジム・エドモンズに代わりスタメンで起用された。ポストシーズンではニューヨーク・メッツとのリーグチャンピオンシップシリーズ第2戦の9回にビリー・ワグナーから決勝点となる本塁打を放つなど2本塁打を放つ活躍を見せ、10月27日のデトロイト・タイガースとのワールドシリーズ最終戦では8番・左翼で先発出場。7回から右翼に移り勝利を収め、世界一が決まった瞬間フィールドに立っていた初の日本人選手となった。オフには年俸調停を申請していたが、1月16日に92万5千ドルの1年契約を結んだ。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見たシカゴ・カブス

    2002年は開幕ロースターからは外れたものの、6月10日のシアトル・マリナーズ戦でメジャーデビュー。4試合の出場で無安打に終わりマイナーに降格したが、9月7日に再昇格。その日のシカゴ・カブス戦の2回にメジャー初安打を記録し、以降15試合に出場。計2回昇格したメジャーでは19試合の出場で15打数6安打を放った。田口壮 フレッシュアイペディアより)

133件中 11 - 20件表示

「田口壮」のニューストピックワード