144件中 21 - 30件表示
  • 田口壮

    田口壮から見たラリー・ウォーカー

    はチーム3位の143試合に出場。8月には12試合連続安打を記録するなど打率.361、OPS.912を残し、月間MVP候補に挙がる活躍を見せた。ラリー・ウォーカーやレジー・サンダースの故障に伴いスタメン出場も増え、アルバート・プホルスが休養で欠場した試合の3番打者も務めた。シーズンを通じて打率.288・8本塁打・53打点・11盗塁を残し、得点圏打率.407(91打数37安打)を記録した。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見た坂口智隆

    は2月の春季キャンプで右肩を痛め、開幕に出遅れるも、5月10日に一軍に昇格。5月18日の阪神戦では3番・右翼手として出場し、岩田稔から先制タイムリーを放ち2度目のお立ち台に挙がった。その後も低迷したチーム打率や後藤光尊が二軍落ちした状況の中で3番としてチームを牽引した。後藤の復帰後は主に2番打者として起用され、交流戦では弟分である坂口智隆に次いで全体2位の打率.363を記録する。しかしその後は不調に陥り、8月29日に登録抹消される。その後は痛めた右肩の影響もあり一軍に昇格することは無く、戦力外通告を受けて10月13日に退団となった。翌14日に右肩を手術した。12月2日、自由契約公示された。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見た香川恵美子

    田口 壮(たぐち そう、1969年7月2日 - )は、福岡県生まれ、兵庫県西宮市育ちの元プロ野球選手(外野手、内野手)。妻は、元TBSアナウンサーの香川恵美子田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見たビリー・ワグナー

    は開幕戦となったフィラデルフィア・フィリーズ戦に6番左翼手でスタメン出場した。相手先発が左投手の試合ではジム・エドモンズに代わりスタメンで起用されたが、プレストン・ウィルソンの加入以降は代打や守備固めでの出場が増え、控え外野手として134試合に出場した。ポストシーズンでは、ニューヨーク・メッツとのリーグチャンピオンシップシリーズ第2戦の9回に、全盛期の豪腕ビリー・ワグナーから決勝点となる本塁打を放つなど、2本塁打を放つ活躍を見せた。デトロイト・タイガースとのワールドシリーズでは、第4戦の1点ビハインドの7回裏のノーアウト2塁という場面で、代打バントを命じられて見事に成功。エラーで出塁して自ら逆転のホームを踏み、カージナルスの王手に貢献した。次の第5戦では8番・左翼で先発出場。7回から右翼に移り勝利を収め、世界一が決まった瞬間フィールドに立っていた初の日本人選手となった。オフには年俸調停を申請していたが、1月16日に92万5千ドルの1年契約を結んだ。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見たシカゴ・カブス

    2002年は開幕ロースターからは外れたものの、6月10日のシアトル・マリナーズ戦でメジャーデビュー。4試合の出場で無安打に終わりマイナーに降格したが、9月7日に再昇格。その日のシカゴ・カブス戦の2回にメジャー初安打を記録し、以降15試合に出場。計2回昇格したメジャーでは19試合の出場で15打数6安打を放った。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見たフィラデルフィア・フィリーズ

    は開幕戦となったフィラデルフィア・フィリーズ戦に6番左翼手でスタメン出場した。相手先発が左投手の試合ではジム・エドモンズに代わりスタメンで起用されたが、プレストン・ウィルソンの加入以降は代打や守備固めでの出場が増え、控え外野手として134試合に出場した。ポストシーズンでは、ニューヨーク・メッツとのリーグチャンピオンシップシリーズ第2戦の9回に、全盛期の豪腕ビリー・ワグナーから決勝点となる本塁打を放つなど、2本塁打を放つ活躍を見せた。デトロイト・タイガースとのワールドシリーズでは、第4戦の1点ビハインドの7回裏のノーアウト2塁という場面で、代打バントを命じられて見事に成功。エラーで出塁して自ら逆転のホームを踏み、カージナルスの王手に貢献した。次の第5戦では8番・左翼で先発出場。7回から右翼に移り勝利を収め、世界一が決まった瞬間フィールドに立っていた初の日本人選手となった。オフには年俸調停を申請していたが、1月16日に92万5千ドルの1年契約を結んだ。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見た戦力外通告

    シーズンは打率.290を残し、代打打率.406(32打数12安打)を記録した。しかしオフには球団が翌年のオプションを行使しないことを発表してノンテンダーFAとなった。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見たゴールデングラブ賞

    デビュー当時は土井正三監督の厳しい指導からスローイング障害(イップス)、ストレスから突発性難聴に陥り、守備では失策を続けた。結局、内野手としては大成しなかった。しかし、「強肩病」とイチローが絶賛していた強肩を生かして、に外野手に転向。最多補殺、ゴールデングラブ賞などの常連になる程、好守の外野手としてレギュラーに定着する。イチロー、本西厚博(後に谷佳知)との外野手トリオは、当時球界一の守備力と言われた。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見た関西学院大学

    允之はかつて、クラレ岡山硬式野球部(1973年廃部)の選手として、社会人球界で活躍していた。その影響で、2歳上の兄と共に3歳から野球を始めると、岡山市立平福小学校では当時住んでいた同社社宅内のソフトボールチームに所属、優勝大会多数。西宮市立平木中学校・兵庫県立西宮北高等学校を経て、関西学院大学へ進学した。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見た北海道日本ハムファイターズ

    のドラフトでオリックス・ブルーウェーブと日本ハムファイターズから1位指名を受け、抽選の結果オリックスが交渉権を獲得し契約金1億円、年俸1200万円(金額は推定)で入団合意した。同年オフに退団した福本豊が長年着用していた7番を背負う可能性もあったが、熊野輝光の移籍に伴い熊野の着用していた6番で落ち着いた。ドラフトに際しては、平田勝男の後継遊撃手を求めていた阪神タイガースが指名・獲得を望んでいたという。これに対して田口は記者会見で「阪神に行きたくない10カ条」なる文書を読み上げる(後に撤回)。これは阪神と疎遠だった関西学院大学野球部及び学校当局が、田口を阪神に行かせたくないために言わせたものだといわれるが、この行為については当時の野球部監督により叱責を受け、田口も「野球以外の事で怒られたのは初めてだった」と語っている(監督の叱責については当時の「週刊ベースボール」に記載)。2001年オフにも阪神はFAで田口獲得を狙ったがMLBカージナルスに移籍したため、結果として田口が阪神のユニフォームを着ることはなかった。田口壮 フレッシュアイペディアより)

144件中 21 - 30件表示

「田口壮」のニューストピックワード