144件中 31 - 40件表示
  • 田口壮

    田口壮から見た千葉ロッテマリーンズ

    プロデビュー戦はの開幕戦、千葉マリンスタジアムでの対ロッテ戦で、前年のベストナイン遊撃手でオールスターゲームにも出場した小川博文を差し置いて、9番・遊撃手で新人開幕戦先発出場を果たした。この試合では、1回裏の守備機会からゴロを捌いた際に一塁手への高い送球になってしまう(記録は一塁手のケルビン・トーベがジャンプで好捕したのでアウト)。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見たセントルイス・カージナルス

    現役時代には、オリックス・ブルーウェーブを経て、メジャーリーグの数球団でもプレー。オリックス時代に日本シリーズ制覇、セントルイス・カージナルス時代にワールドシリーズ制覇を経験した。2012年の現役引退後は、野球解説者やラジオパーソナリティとしての活動を経て、2016年からオリックス・バファローズの二軍監督を務める。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見た池田親興

    初打点:1992年9月8日、対福岡ダイエーホークス23回戦(北九州市民球場)、8回表に池田親興から2点適時二塁打田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見たTBSテレビ

    田口 壮(たぐち そう、1969年7月2日 - )は、福岡県生まれ、兵庫県西宮市育ちの元プロ野球選手(外野手、内野手)。妻は、元TBSアナウンサーの香川恵美子。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見たトニー・ラルーサ

    は初の開幕ロースターに残り、メジャー定着を果たした。同年シーズンは109試合に出場し、打率.291・得点圏打率.341を記録してチーム新人王となる。カージナルスはワールドシリーズに進出を果たし、自身も第1戦で先発出場して安打を放ったが、ボストン・レッドソックスに4連敗を喫し、チャンピオンリングを獲得することはできなかった。しかしこのシーズンで評価が一気に高まり、監督のトニー・ラルーサは「私はソウを高く買っている!」と度々語ったほか、チーム公式サイトでの「チームが最も必要としている選手は誰か?」というアンケートでは1位にランクインした。オフには複数球団からのオファーがあったが、「ラルーサ監督の下でプレーして、野球をもっと勉強したい」と1年55万ドルでカージナルスと再契約した。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見た谷佳知

    デビュー当時は土井正三監督の厳しい指導からスローイング障害(イップス)、ストレスから突発性難聴に陥り、守備では失策を続けた。結局、内野手としては大成しなかった。しかし、「強肩病」とイチローが絶賛していた強肩を生かして、に外野手に転向。最多補殺、ゴールデングラブ賞などの常連になる程、好守の外野手としてレギュラーに定着する。イチロー、本西厚博(後に谷佳知)との外野手トリオは、当時球界一の守備力と言われた。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見た小川博文

    プロデビュー戦はの開幕戦、千葉マリンスタジアムでの対ロッテ戦で、前年のベストナイン遊撃手でオールスターゲームにも出場した小川博文を差し置いて、9番・遊撃手で新人開幕戦先発出場を果たした。この試合では、1回裏の守備機会からゴロを捌いた際に一塁手への高い送球になってしまう(記録は一塁手のケルビン・トーベがジャンプで好捕したのでアウト)。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見たプレストン・ウィルソン

    は開幕戦となったフィラデルフィア・フィリーズ戦に6番左翼手でスタメン出場した。相手先発が左投手の試合ではジム・エドモンズに代わりスタメンで起用されたが、プレストン・ウィルソンの加入以降は代打や守備固めでの出場が増え、控え外野手として134試合に出場した。ポストシーズンでは、ニューヨーク・メッツとのリーグチャンピオンシップシリーズ第2戦の9回に、全盛期の豪腕ビリー・ワグナーから決勝点となる本塁打を放つなど、2本塁打を放つ活躍を見せた。デトロイト・タイガースとのワールドシリーズでは、第4戦の1点ビハインドの7回裏のノーアウト2塁という場面で、代打バントを命じられて見事に成功。エラーで出塁して自ら逆転のホームを踏み、カージナルスの王手に貢献した。次の第5戦では8番・左翼で先発出場。7回から右翼に移り勝利を収め、世界一が決まった瞬間フィールドに立っていた初の日本人選手となった。オフには年俸調停を申請していたが、1月16日に92万5千ドルの1年契約を結んだ。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見た田村藤夫

    初盗塁:1992年5月1日、対日本ハムファイターズ3回戦(グリーンスタジアム神戸)、8回裏に二盗(投手:金石昭人、捕手:田村藤夫田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見た熊野輝光

    のドラフトでオリックス・ブルーウェーブと日本ハムファイターズから1位指名を受け、抽選の結果オリックスが交渉権を獲得し契約金1億円、年俸1200万円(金額は推定)で入団合意した。同年オフに退団した福本豊が長年着用していた7番を背負う可能性もあったが、熊野輝光の移籍に伴い熊野の着用していた6番で落ち着いた。ドラフトに際しては、平田勝男の後継遊撃手を求めていた阪神タイガースが指名・獲得を望んでいたという。これに対して田口は記者会見で「阪神に行きたくない10カ条」なる文書を読み上げる(後に撤回)。これは阪神と疎遠だった関西学院大学野球部及び学校当局が、田口を阪神に行かせたくないために言わせたものだといわれるが、この行為については当時の野球部監督により叱責を受け、田口も「野球以外の事で怒られたのは初めてだった」と語っている(監督の叱責については当時の「週刊ベースボール」に記載)。2001年オフにも阪神はFAで田口獲得を狙ったがMLBカージナルスに移籍したため、結果として田口が阪神のユニフォームを着ることはなかった。田口壮 フレッシュアイペディアより)

144件中 31 - 40件表示

「田口壮」のニューストピックワード