133件中 41 - 50件表示
  • 田口壮

    田口壮から見たレジー・サンダース

    はチーム3位の143試合に出場。8月には12試合連続安打を記録するなど打率.361、OPS.912を残し、月間MVP候補に挙がる活躍を見せた。ラリー・ウォーカーやレジー・サンダースの故障に伴いスタメン出場も増え、アルバート・プホルスが休養で欠場した試合の3番打者も務めた。シーズンを通じて打率.288・8本塁打・53打点・11盗塁を残し、リーグトップとなる得点圏打率.407(91打数37安打)を記録した。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見た本西厚博

    デビュー当時の土井正三監督の厳しい指導からスローイング障害(イップス)、ストレスから突発性難聴に陥り、守備では失策を続けた。しかし、「強肩病」とイチローが絶賛していた強肩を生かして、に外野手に転向。最多補殺、ゴールデングラブ賞などの常連になる程、好守の外野手としてレギュラーに定着する。イチロー、本西厚博(後に谷佳知)との外野手トリオは、当時球界一の守備力と言われた。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見た岡山市

    福岡県で出生。クラレに勤務していた実父・允之(よしゆき)の転勤によって、2歳から8歳まで千葉県、8歳から小学校5年生夏までを岡山県岡山市、中学校時代から大学時代までを兵庫県西宮市で過ごした。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見たシアトル・マリナーズ

    2002年は開幕ロースターからは外れたものの、6月10日のシアトル・マリナーズ戦でメジャーデビュー。4試合の出場で無安打に終わりマイナーに降格したが、9月7日に再昇格。その日のシカゴ・カブス戦の2回にメジャー初安打を記録し、以降15試合に出場。計2回昇格したメジャーでは19試合の出場で15打数6安打を放った。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見たプロ野球ドラフト会議

    ドラフトでオリックス・ブルーウェーブと日本ハムファイターズから1位指名を受け、抽選の結果オリックスが交渉権を獲得し契約金1億円、年俸1200万円(金額は推定)で入団合意した。ドラフトに際しては、平田勝男の後継遊撃手を求めていた阪神タイガースが指名・獲得を望んでいたという。これに対して田口は記者会見で「阪神に行きたくない10カ条」なる文書を読み上げる(後に撤回)。これは阪神と疎遠だった関西学院大学野球部及び学校当局が、田口を阪神に行かせたくないために言わせたものだといわれるが、この行為については当時の野球部監督により叱責を受け、田口も「野球以外の事で怒られたのは初めてだった」と語っている(監督の叱責については当時の「週刊ベースボール」に記載)。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見たロサンゼルス・ドジャース

    は日米通算1500本安打を達成するも代走・守備固めでの出場が多く、後半は同じく移籍してきたエリック・ブラントレットにそのポジションを奪われ、メジャーデビュー後自己最低の成績に終わった。チームは2年連続地区優勝し、ワールドシリーズにも進出して28年ぶりのワールドチャンピオンに輝いたが、自身はロサンゼルス・ドジャースとのリーグチャンピオンシップの1試合出場に留まった。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見た野球日本代表

    3月、かつてTBSでアナウンサーを務めていた香川恵美子と結婚。同年は松坂大輔・中村紀洋らと共に、シドニーオリンピック野球日本代表として出場した。チームは3位決定戦で韓国に敗れ、4位に終わった。オリンピックでは日本ハムの田中幸雄選手と背番号が重なったため、背番号6を譲る形となり背番号1を着用した。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見たニューヨーク・メッツ

    は開幕戦となったフィラデルフィア・フィリーズ戦に6番左翼手でスタメン出場した。プレストン・ウィルソンの加入以降は代打や守備固めでの出場が増えたが、相手先発が左投手の試合ではジム・エドモンズに代わりスタメンで起用された。ポストシーズンではニューヨーク・メッツとのリーグチャンピオンシップシリーズ第2戦の9回にビリー・ワグナーから決勝点となる本塁打を放つなど2本塁打を放つ活躍を見せ、10月27日のデトロイト・タイガースとのワールドシリーズ最終戦では8番・左翼で先発出場。7回から右翼に移り勝利を収め、世界一が決まった瞬間フィールドに立っていた初の日本人選手となった。オフには年俸調停を申請していたが、1月16日に92万5千ドルの1年契約を結んだ。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見たアリゾナ・ダイヤモンドバックス

    も開幕ロースターに残れず、傘下のAAA級メンフィスで開幕を迎える。5月27日にメジャー昇格し、9試合の出場で4打数2安打2打点を記録したが、6月8日に降格。8月17日にメジャー再昇格を果たし、9月12日のヒューストン・アストロズ戦ではセカンド守備に就いて日本人初の内野守備を経験し(グラブはミゲル・カイロから借用)、メジャー初本塁打も放った。28日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦ではデニス・レイエスから3点本塁打を放ち、チームの勝利に貢献。最終的に43試合の出場で打率.259に終わったが、得点圏では打率.357と結果を残した。同年に長男が誕生し、一児の父親となった。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見たイップス

    デビュー当時の土井正三監督の厳しい指導からスローイング障害(イップス)、ストレスから突発性難聴に陥り、守備では失策を続けた。しかし、「強肩病」とイチローが絶賛していた強肩を生かして、に外野手に転向。最多補殺、ゴールデングラブ賞などの常連になる程、好守の外野手としてレギュラーに定着する。イチロー、本西厚博(後に谷佳知)との外野手トリオは、当時球界一の守備力と言われた。田口壮 フレッシュアイペディアより)

133件中 41 - 50件表示

「田口壮」のニューストピックワード