144件中 81 - 90件表示
  • 田口壮

    田口壮から見た右翼手

    は開幕戦となったフィラデルフィア・フィリーズ戦に6番左翼手でスタメン出場した。相手先発が左投手の試合ではジム・エドモンズに代わりスタメンで起用されたが、プレストン・ウィルソンの加入以降は代打や守備固めでの出場が増え、控え外野手として134試合に出場した。ポストシーズンでは、ニューヨーク・メッツとのリーグチャンピオンシップシリーズ第2戦の9回に、全盛期の豪腕ビリー・ワグナーから決勝点となる本塁打を放つなど、2本塁打を放つ活躍を見せた。デトロイト・タイガースとのワールドシリーズでは、第4戦の1点ビハインドの7回裏のノーアウト2塁という場面で、代打バントを命じられて見事に成功。エラーで出塁して自ら逆転のホームを踏み、カージナルスの王手に貢献した。次の第5戦では8番・左翼で先発出場。7回から右翼に移り勝利を収め、世界一が決まった瞬間フィールドに立っていた初の日本人選手となった。オフには年俸調停を申請していたが、1月16日に92万5千ドルの1年契約を結んだ。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見たMBSラジオ

    引退発表から約1ヶ月後の10月2日からは、『with…夜はラジオと決めてます』(MBSラジオが2012年度のナイターオフ期間に放送した4時間超の生ワイド番組)の火曜日で、レギュラーでは初めてのラジオパーソナリティを担当。その関係で、2012年12月の「MBSラジオ スペシャルウィーク」では、同局のパーソナリティ代表として「スペシャルウィークPR大使」に起用された。また、2012年11月25日に開催された第2回神戸マラソンでは、朝日放送(ABCテレビ)による番組企画の一環として人生初のフルマラソンに挑戦。5時間51分20秒で完走を果たした。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見た千葉マリンスタジアム

    プロデビュー戦はの開幕戦、千葉マリンスタジアムでの対ロッテ戦で、前年のベストナイン遊撃手でオールスターゲームにも出場した小川博文を差し置いて、9番・遊撃手で新人開幕戦先発出場を果たした。この試合では、1回裏の守備機会からゴロを捌いた際に一塁手への高い送球になってしまう(記録は一塁手のケルビン・トーベがジャンプで好捕したのでアウト)。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見たwith…夜はラジオと決めてます

    引退発表から約1ヶ月後の10月2日からは、『with…夜はラジオと決めてます』(MBSラジオが2012年度のナイターオフ期間に放送した4時間超の生ワイド番組)の火曜日で、レギュラーでは初めてのラジオパーソナリティを担当。その関係で、2012年12月の「MBSラジオ スペシャルウィーク」では、同局のパーソナリティ代表として「スペシャルウィークPR大使」に起用された。また、2012年11月25日に開催された第2回神戸マラソンでは、朝日放送(ABCテレビ)による番組企画の一環として人生初のフルマラソンに挑戦。5時間51分20秒で完走を果たした。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見たラジオパーソナリティ

    現役時代には、オリックス・ブルーウェーブを経て、メジャーリーグの数球団でもプレー。オリックス時代に日本シリーズ制覇、セントルイス・カージナルス時代にワールドシリーズ制覇を経験した。2012年の現役引退後は、野球解説者やラジオパーソナリティとしての活動を経て、2016年からオリックス・バファローズの二軍監督を務める。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見た野球解説者

    現役時代には、オリックス・ブルーウェーブを経て、メジャーリーグの数球団でもプレー。オリックス時代に日本シリーズ制覇、セントルイス・カージナルス時代にワールドシリーズ制覇を経験した。2012年の現役引退後は、野球解説者やラジオパーソナリティとしての活動を経て、2016年からオリックス・バファローズの二軍監督を務める。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見たオールスターゲーム (日本プロ野球)

    プロデビュー戦はの開幕戦、千葉マリンスタジアムでの対ロッテ戦で、前年のベストナイン遊撃手でオールスターゲームにも出場した小川博文を差し置いて、9番・遊撃手で新人開幕戦先発出場を果たした。この試合では、1回裏の守備機会からゴロを捌いた際に一塁手への高い送球になってしまう(記録は一塁手のケルビン・トーベがジャンプで好捕したのでアウト)。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見た左翼手

    は開幕戦となったフィラデルフィア・フィリーズ戦に6番左翼手でスタメン出場した。相手先発が左投手の試合ではジム・エドモンズに代わりスタメンで起用されたが、プレストン・ウィルソンの加入以降は代打や守備固めでの出場が増え、控え外野手として134試合に出場した。ポストシーズンでは、ニューヨーク・メッツとのリーグチャンピオンシップシリーズ第2戦の9回に、全盛期の豪腕ビリー・ワグナーから決勝点となる本塁打を放つなど、2本塁打を放つ活躍を見せた。デトロイト・タイガースとのワールドシリーズでは、第4戦の1点ビハインドの7回裏のノーアウト2塁という場面で、代打バントを命じられて見事に成功。エラーで出塁して自ら逆転のホームを踏み、カージナルスの王手に貢献した。次の第5戦では8番・左翼で先発出場。7回から右翼に移り勝利を収め、世界一が決まった瞬間フィールドに立っていた初の日本人選手となった。オフには年俸調停を申請していたが、1月16日に92万5千ドルの1年契約を結んだ。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見たフルマラソン

    引退発表から約1ヶ月後の10月2日からは、『with…夜はラジオと決めてます』(MBSラジオが2012年度のナイターオフ期間に放送した4時間超の生ワイド番組)の火曜日で、レギュラーでは初めてのラジオパーソナリティを担当。その関係で、2012年12月の「MBSラジオ スペシャルウィーク」では、同局のパーソナリティ代表として「スペシャルウィークPR大使」に起用された。また、2012年11月25日に開催された第2回神戸マラソンでは、朝日放送(ABCテレビ)による番組企画の一環として人生初のフルマラソンに挑戦。5時間51分20秒で完走を果たした。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見たソフトボール

    允之はかつて、クラレ岡山硬式野球部(1973年廃部)の選手として、社会人球界で活躍していた。その影響で、2歳上の兄と共に3歳から野球を始めると、岡山市立平福小学校では当時住んでいた同社社宅内のソフトボールチームに所属、優勝大会多数。西宮市立平木中学校・兵庫県立西宮北高等学校を経て、関西学院大学へ進学した。田口壮 フレッシュアイペディアより)

144件中 81 - 90件表示

「田口壮」のニューストピックワード