59件中 21 - 30件表示
  • プロレス大賞

    プロレス大賞から見た田口隆祐田口隆祐

    年間最高試合賞(ベストバウト):田口隆祐&プリンス・デヴィット×飯伏幸太&ケニー・オメガプロレス大賞 フレッシュアイペディアより)

  • ロッキー・ロメロ

    ロッキー・ロメロから見た田口隆祐田口隆祐

    2011年5月3日にデイビー・リチャーズとのタッグ・チーム「NRC (ノー・リモーズ・コー)」としてApollo55のプリンス・デヴィット、田口隆祐組の所持するIWGPジュニアタッグ王座に挑戦するもデヴィットのブラディサンデーでピンフォールを奪われ王座奪取に失敗。しかし、10月10日より再び同タッグとして挑戦。合体技コントラクト・キラーズでリチャーズがデヴィットから3カウントを奪い、第29代IWGPジュニアタッグ王者に輝く。ロッキー・ロメロ フレッシュアイペディアより)

  • ホイールバロー

    ホイールバローから見た田口隆祐田口隆祐

    フルネルソンの体勢から相手を持ち上げ、ホイールバローの体勢に捕らえなおし、そのまま前方に倒しこむ形も多い(ポール・ロンドンのワッフル・フェイス、田口隆祐のどどん等)。ホイールバロー フレッシュアイペディアより)

  • 高橋裕二郎

    高橋裕二郎から見た田口隆祐田口隆祐

    半年の練習生期間を経て2004年7月26日、後楽園ホール興行での対山本尚史戦でデビュー。ちなみにデビュー時のコスチュームは近年では異例のアマレスパンツ。黒、赤、青とカラーバリエーションを変えていたが、2005年秋より黒いショートタイツに変更。2007年3月、田口隆祐に次ぐ門下生第2号としてサムライジムに入門した。高橋裕二郎 フレッシュアイペディアより)

  • デイビー・リチャーズ

    デイビー・リチャーズから見た田口隆祐田口隆祐

    2011年10月10日、ロッキー・ロメロとのタッグ「NRC (ノー・リモーズ・コープス)」でApollo55(プリンス・デヴィット、田口隆祐組)からIWGPジュニアタッグ王座を奪取。デイビー・リチャーズ フレッシュアイペディアより)

  • ブランドン・シルベストリー

    ブランドン・シルベストリーから見た田口隆祐田口隆祐

    2012年4月1日、新日本プロレス宛にビデオメッセージを送りつけ、IWGPジュニアヘビー級王座を保持するデヴィットに宣戦布告。5月3日福岡大会で再び同王座を賭けた試合でデヴィットと対戦。キークラッシャーでピンフォール勝ちを収め、第63代王者に君臨した。次期シリーズに開催されたBEST OF THE SUPER Jr.では全勝でリーグ戦を通過し、決勝に進出するが、田口隆祐に敗れ準優勝に終わる。ブランドン・シルベストリー フレッシュアイペディアより)

  • 高橋広夢

    高橋広夢から見た田口隆祐田口隆祐

    TV番組『タモリ倶楽部』の「平成のリングで絶滅の危機 昭和を彩った懐ワザを蘇らせよう」(2011年2月12日放送)で、田口隆祐のロメロスペシャルを受ける役で登場。しかし放送中に名乗らせてもらえず、ゲストの玉袋筋太郎からは「名も無き男」と称された(名前はテロップで表示)。高橋広夢 フレッシュアイペディアより)

  • ボディ・プレス

    ボディ・プレスから見た田口隆祐田口隆祐

    変形の旋回式ボディ・プレス。コーナー最上段でリング内を向いて立った状態からジャンプし、空中で側転をするような形で体の向きを変えてボディ・プレスをする。空中で体の向きを横回転で180度旋回させてのボディ・プレスとも言える。通常のボディプレスであれば自分の頭がマット側、足がコーナー側に向くが、サザンクロス・スプラッシュは自分の頭がコーナー側、足がマット側になってプレスする。金丸義信が開発したが、最近は見られず、現在はスコーピオが主な使用者となっている。また、田口隆祐は、2008年3月に屈伸式のフォームでこの技を公開し、「円盤中毒(えんばん ちゅうどく)」と命名した。ボディ・プレス フレッシュアイペディアより)

  • プロレスリング華☆激

    プロレスリング華☆激から見た田口隆祐田口隆祐

    アステカ、新日本プロレス田口隆祐の持つIWGPジュニアヘビー級王座に挑戦。プロレスリング華☆激 フレッシュアイペディアより)

  • アステカ (プロレスラー)

    アステカ (プロレスラー)から見た田口隆祐田口隆祐

    2007年、田口隆祐の持つIWGPジュニアヘビー級王座に挑戦する。アステカ (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

59件中 21 - 30件表示