98件中 31 - 40件表示
  • 謎解きLIVE

    謎解きLIVEから見た田口隆祐田口隆祐

    第6弾:塩野瑛久(浅井康男 役)、朝倉あき(中山かんな 役)、手塚真生(橋本みのり・橋本みつき 役)、田口隆祐(亀上彰 役)、阿部亮平(岩倉健之助 役)、山本圭祐(百日紅太一 役)、山本亜依(鵜野森早紀 役)、イシイジロウ(刑事 役)、北原尚彦(自転車の男 役)声の出演:関智一(AIモリアーティ 役)、かかずゆみ(着ぐるみ探偵カトルワイデ2世 役)謎解きLIVE フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・ケンドリック

    ブライアン・ケンドリックから見た田口隆祐田口隆祐

    TNA解雇後、3月よりFWE(Family Wrestling Entertainment)やAIW(Absolute Intense Wrestling)に参戦。5月より新日本プロレスにて開催されたBEST OF THE SUPER Jr. XIXにデイビー・リチャーズが負傷欠場した為に代替選手として出場。Bブロックにエントリーして勝ち点10と健闘。決勝トーナメントに出場する際に田口隆祐と同点2位だった為に直接対決を行うが敗戦し、予選敗退となった。10月6日、トミー・ドリーマーが旗揚げしたHOH(House of Hardcore)に参戦。ロンドンとWWE以来となるタッグを再結成し、ヤング・バックスに勝利した。同月21日には新日本プロレスにてロウ・キーとタッグを組んでSUPER Jr. TAG TOURNAMENT 2012に出場するが1回戦でApollo 55(プリンス・デヴィット & 田口隆祐)と対戦して敗戦した。ブライアン・ケンドリック フレッシュアイペディアより)

  • 井上亘

    井上亘から見た田口隆祐田口隆祐

    同年7月の大会直前、道場に置手紙を残し、音信不通状態となるも、10月に試合を終えた金本が「メキシコで試合や練習をやっている」とコメント。11月に復帰戦を行い、パートナーとは一度もタッチを交わすことなく当時IWGPジュニア王者だった田口隆祐を7分足らずでタップを奪った。試合後もリング上で王座挑戦を表明。12月になると田口と25分以上の激闘を繰り広げた末、IWGPジュニアヘビー級王座に初載冠を果たした。井上亘 フレッシュアイペディアより)

  • エディ・ゲレロ

    エディ・ゲレロから見た田口隆祐田口隆祐

    追悼大会では、チャボ・ゲレロ・ジュニアがこの技を使用して叔父エディへ捧げた。日本でも田口隆祐(新日本)、りほ(アイスリボン)が使用している。エディ・ゲレロ フレッシュアイペディアより)

  • プロレス大賞

    プロレス大賞から見た田口隆祐田口隆祐

    年間最高試合賞(ベストバウト):田口隆祐&プリンス・デヴィット×飯伏幸太&ケニー・オメガプロレス大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 外道 (プロレスラー)

    外道 (プロレスラー)から見た田口隆祐田口隆祐

    2003年11月1日、プロレスリング・ノアの日本武道館大会で杉浦貴が保持するGHCジュニアヘビー級王座に挑戦するも敗退。同月29日、金本が負傷のため、返上したIWGPジュニアタッグ王座をかけて宮城県スポーツセンター大会で田口隆祐&後藤洋央紀組と対戦。邪道と共に同王座2度目の獲得を果たした。外道 (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • ヤングライオン杯争奪リーグ戦

    ヤングライオン杯争奪リーグ戦から見た田口隆祐田口隆祐

    2004年、「強くあれ〜闘魂シリーズ〜」の中の一環で10月31日に後楽園ホール、11月3日両国国技館、11月13日大阪ドームの3大会で開催。田口隆祐、後藤洋央紀、山本尚史、裕次郎、安沢明也、長尾浩志、中嶋勝彦(健介オフィス)が参加。田口は同年に開催されたヤングライオン杯争奪リーグ戦優勝者としてシード出場選手になった。結果は田口が優勝、中嶋が準優勝。田口はリーグ戦とトーナメント戦の連覇を果たした。ヤングライオン杯争奪リーグ戦 フレッシュアイペディアより)

  • 奥村茂雄

    奥村茂雄から見た田口隆祐田口隆祐

    その後、新日本プロレスからメキシコ入りした田口隆祐とのタッグ、ツナミ・デ・オリエンテとして活躍。同年9月、新日本プロレスの棚橋弘至、中邑真輔とのトリオでCMLLの年間最大のビッグイベントであるアニベルサリオ大会に出場を果たした。奥村茂雄 フレッシュアイペディアより)

  • ファイヤーレオン

    ファイヤーレオンから見た田口隆祐田口隆祐

    田口隆祐 - 第13話、第14話ファイヤーレオン フレッシュアイペディアより)

  • ドロップキック

    ドロップキックから見た田口隆祐田口隆祐

    三沢光晴は1回転ドロップキックをヘビー級選手で本格的に使用した第一人者である。現在では田口隆祐がこだわりを持って使用していてドロップキックの空中姿勢に定評があったことから「ドロップキックマスター」という異名を付与されて、この技のみで獣神サンダー・ライガーを秒殺したことがある。また、オカダ・カズチカも高い打点で繰り出す。チェンジ・オブ・ペースの1つとして用いられる。ドロップキック フレッシュアイペディアより)

98件中 31 - 40件表示

「田口隆祐」のニューストピックワード