59件中 41 - 50件表示
  • 山本尚史

    山本尚史から見た田口隆祐田口隆祐

    国士舘大学時代はレスリング部に1年間所属し、ボクシング・フリースタイル柔術なども経験。2002年3月に新日本プロレスへ入門。同期に中邑真輔、田口隆祐、長尾浩志、後藤洋央紀がいる。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 奥村茂雄

    奥村茂雄から見た田口隆祐田口隆祐

    その後、新日本プロレスからメキシコ入りした田口隆祐とのタッグ、ツナミ・デ・オリエンテとして活躍。同年9月、新日本プロレスの棚橋弘至、中邑真輔とのトリオでCMLLの年間を通して最大のビッグイベントであるアニベルサリオ大会に出場を果たした。奥村茂雄 フレッシュアイペディアより)

  • 田中稔 (プロレスラー)

    田中稔 (プロレスラー)から見た田口隆祐田口隆祐

    2007年4月、田口隆祐を破り3度目の防衛成功とともに、サムライジムの看板を奪う。田中稔 (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • NEVER (プロレス興行)

    NEVER (プロレス興行)から見た田口隆祐田口隆祐

    田口隆祐(新日本プロレス/第1回、第3回、第5回、第7回、第10回、第11回)NEVER (プロレス興行) フレッシュアイペディアより)

  • NEVER無差別級王座

    NEVER無差別級王座から見た田口隆祐田口隆祐

    初代王者決定トーナメントは高橋広夢、旭志織、YOSHI-HASHI、関根龍一、キャプテン・ニュージャパン、滝澤大志、田口隆祐、ヒロ・トウナイ、石井智宏、佐々木大輔、BUSHI、真霜拳號、カール・アンダーソン、高橋裕二郎、KUSHIDA、田中将斗の16選手で行われた。NEVER無差別級王座 フレッシュアイペディアより)

  • 岩沼市

    岩沼市から見た田口隆祐田口隆祐

    田口隆祐(プロレスラー)岩沼市 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木軍

    鈴木軍から見た田口隆祐田口隆祐

    主に対戦相手としてヘビーでは棚橋弘至や真壁刀義など、ジュニアではプリンス・デヴィット、田口隆祐の「アポロ55」を相手に抗争を展開。また、同じヒール軍団の「CHAOS」からもヒールレスラーのお株の取り合いともいえる形で抗争範囲を拡大させた。鈴木軍 フレッシュアイペディアより)

  • タイガーマスク (4代目)

    タイガーマスク (4代目)から見た田口隆祐田口隆祐

    5月8日にリマッチ権を使い、既にプリンス・デヴィット、金本浩二、獣神サンダー・ライガー、田口隆祐を撃破し4度の防衛を果たした丸藤に再挑戦。試合前に「オタクみたいなプロレス」「えぐい技で潰す」と公言していたが、試合中は丸藤が痛めていた腰を攻め切れず、逆にマットにねじ伏せられた形で腕固めを極められドクターストップで敗北。「まだ負けてない」とマイクアピールを行い、更には自身へのブーイングを丸藤へのブーイングと勘違いしたかのような発言、態度があったことから外敵であるはずの丸藤に賛辞の歓声が沸き起こった。一方、新日所属のベビーフェイスであるはずのタイガーマスクに対してはそれまでの我が儘な挑戦や、前回の防衛戦後に一緒に挑発された吉橋伸雄の存在を軽視した発言もあったことで観客の不満が最高潮に達し、自分と新日本プロレスへの応援を頼んだ際に会場中からブーイングと「帰れ」コールが飛び交い、「最低だ!」とまで叫ばれてしまう。タイガーマスク (4代目) フレッシュアイペディアより)

  • 飯伏幸太

    飯伏幸太から見た田口隆祐田口隆祐

    5月、ベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに参戦。予選リーグを1位で勝ち抜き、準決勝・田口隆祐戦を勝利し、決勝・プリンス・デヴィット戦にて敗退するが、見事に準優勝を飾るがこの試合で肩を脱臼し休養。飯伏幸太 フレッシュアイペディアより)

  • エディ・ゲレロ

    エディ・ゲレロから見た田口隆祐田口隆祐

    追悼大会では、チャボ・ゲレロがこの技を使用して叔父エディへ捧げた。日本でも田口隆祐(新日本)、りほ(アイスリボン)が使用している。エディ・ゲレロ フレッシュアイペディアより)

59件中 41 - 50件表示