98件中 51 - 60件表示
  • リコシェ (プロレスラー)

    リコシェ (プロレスラー)から見た田口隆祐田口隆祐

    2014年3月、外人史上初のオープン・ザ・ドリームゲート王座を戴冠。4日後にウーハー・ネイションとの同門対決を制し初防衛を果たしたが、5月の愛知大会でYAMATOに敗れて王座を失う。6月8日、ベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに出場し、決勝トーナメントに進出。準決勝戦で田口隆祐を下し、決勝戦でKUSHIDAと対戦。ベナドリラーで勝利を飾り、同大会を優勝した。同月21日、新日本プロレス大阪府立体育館第一大会にて飯伏幸太の持つIWGPジュニアヘビー級王座に挑戦。最後にフェニックス・プレックス・ホールドを喰らい敗戦。10月29日、メキシコのメジャー団体であるAAAがアメリカにて主宰するルチャ・アンダーグラウンド(Lucha Underground)と契約を交わし入団。プリンス・ピューマ(Prince Puma)なるマスクマンとして出場。リコシェ (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • ONE TRACK MIND

    ONE TRACK MINDから見た田口隆祐田口隆祐

    2ndアルバムThe WORLDに収録されている「Master Of Drop Kick」は新日本プロレス 第52代IWGPジュニアヘビー級チャンピオン 元CMLL世界ウェルター級チャンピオン田口隆祐選手の入場テーマとして使用されている。ONE TRACK MIND フレッシュアイペディアより)

  • ユニオーネ

    ユニオーネから見た田口隆祐田口隆祐

    2009年1月30日、ミラノがジュニア戦線に復帰することを発表し、モーターシティ・マシンガンズ(アレックス・シェリー & クリス・セイビン組)の許に流出したIWGPジュニアタッグ王座に標的を定める。同じく同王座を狙うNO LIMIT(裕次郎 & 内藤哲也組)、Apollo 55(田口隆祐 & プリンス・デヴィット組)、The World Class Tag Team(邪道 & 外道組)と挑戦権を巡る抗争を展開する。2月15日両国国技館大会にて、挑戦者決定戦4WAYタッグマッチに出場。石狩が内藤からピンフォール負けを喫し、挑戦権を獲得することは出来なかった。4月11日、石狩が「一からやり直す」という思いを込めて、リングネームをカタカナ表記の「タイチ」として再始動することを発表する。ユニオーネ フレッシュアイペディアより)

  • 田中稔 (プロレスラー)

    田中稔 (プロレスラー)から見た田口隆祐田口隆祐

    2007年4月、田口隆祐を破り3度目の防衛成功とともに、サムライジムの看板を奪う。田中稔 (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • RISE (プロレス)

    RISE (プロレス)から見た田口隆祐田口隆祐

    2008年9月にジャイアント・バーナードら外国人勢がG・B・Hとの試合中にG・B・H側に寝返り、離脱。2009年4月に中邑が分裂したG・B・Hのうち矢野通派と結託し、CHAOSを結成して離脱。現在は後藤、ミラノ、デヴィットが在籍しているが、ジュニア戦線でミラノがタイチ、デヴィットが田口隆祐をパートナーにして抗争を行っているなど、ユニットとしての活動は行われておらず、正規軍との共闘がメインとなっているため、事実上は発展的解散となっている。RISE (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • 吉河順央

    吉河順央から見た田口隆祐田口隆祐

    10月20日、ヨドバシカメラマルチメディアakibaにて「『キング オブ プロレスリング』発売記念 真壁刀義&田口隆祐トークイベント」MC出演。吉河順央 フレッシュアイペディアより)

  • 塚本拓海

    塚本拓海から見た田口隆祐田口隆祐

    田口隆祐のどどんと同型だが、タイガー・スープレックスと同様、両手をクラッチして放つのが違い。塚本拓海 フレッシュアイペディアより)

  • ファーガル・デヴィット

    ファーガル・デヴィットから見た田口隆祐田口隆祐

    2009年、田口隆祐とのタッグチーム"Apollo 55"を結成し、モーターシティ・マシンガンズ(アレックス・シェリー・クリス・セイビン組)を破って第24代Jr.タッグ王座に戴冠。11月に行われたG1 TAG LEAGUEではApollo 55でエントリーし、Bブロックを2位で通過。準決勝で中邑真輔、矢野通組を破り決勝へ進出。決勝でジャイアント・バーナード、カール・アンダーソンに敗れたが、準優勝の成績を残した。ファーガル・デヴィット フレッシュアイペディアより)

  • ファイヤープロレスリングの登場レスラー

    ファイヤープロレスリングの登場レスラーから見た田口隆祐田口隆祐

    峰口祐介 (田口隆祐)ファイヤープロレスリングの登場レスラー フレッシュアイペディアより)

  • ブランドン・シルベストリー

    ブランドン・シルベストリーから見た田口隆祐田口隆祐

    2012年4月1日、新日本プロレス宛にビデオメッセージを送りつけ、IWGPジュニアヘビー級王座を保持するデヴィットに宣戦布告。5月3日福岡大会で再び同王座を賭けた試合でデヴィットと対戦。キークラッシャーでピンフォール勝ちを収め、第63代王者に君臨した。次期シリーズに開催されたBEST OF THE SUPER Jr.では全勝でリーグ戦を通過し、決勝に進出するが、田口隆祐に敗れ準優勝に終わる。ブランドン・シルベストリー フレッシュアイペディアより)

98件中 51 - 60件表示

「田口隆祐」のニューストピックワード