前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
140件中 1 - 10件表示
  • 田口隆祐

    田口隆祐から見た中邑真輔

    2016年3月27日のTAKAみちのく & タイチ戦で初公開。相手が片膝または膝立ちのときに放つヒップアタック。中邑真輔の滾りをオマージュした「ギタり」を経て繰り出していく。名前の由来も、中邑のフィニッシャーであるボマイェから。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見た中西学

    1月5日、東京・後楽園ホールで行われた「NEW YEAR DASH!!」にて中西学、棚橋弘至とのタッグでロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン(LIJ)のBUSHI、EVIL、SANADA組が持つNEVER無差別級6人タッグ王座に挑戦し勝利を収め、第10代王者に戴冠。これを機に、田口を"監督"としたユニット「タグチジャパン」を結成し活動を開始する。後に同じくLIJとベルト争いをしたドラゴン・リー、マイケル・エルガンらとも共闘した。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見た飯伏幸太

    2009年1月、モーターシティ・マシンガンズ(アレックス・シェリー & クリス・セイビン組)の手に渡り他団体流出を許してしまったIWGPジュニアタッグ王座を奪還すべく、プリンス・デヴィットとタッグチーム、Apollo 55を結成。2度の挑戦を経てジュニアタッグ王者となり、同年のG1 TAG LEAGUEでは、ヘビー級選手に混じって出場し、ジュニアタッグチームでありながら準優勝を果たす好成績を残した。その中でもゴールデンラヴァーズ(飯伏幸太 & ケニー・オメガ組)とは幾度となく好勝負を展開。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見たタイガーマスク (4代目)

    初公開となったのは、2006年1月28日後楽園ホールにて、ファンキー仕様の髪型を初披露した田口がタイガーマスクと組み、後藤洋央紀、田中稔組と戦った試合で田口が後藤からピンフォール勝ちを収めた試合後に、多少中途半端ながら披露された(その直後に小バカにした態度で田中稔に真似されていた)。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見た棚橋弘至

    1月5日、東京・後楽園ホールで行われた「NEW YEAR DASH!!」にて中西学、棚橋弘至とのタッグでロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン(LIJ)のBUSHI、EVIL、SANADA組が持つNEVER無差別級6人タッグ王座に挑戦し勝利を収め、第10代王者に戴冠。これを機に、田口を"監督"としたユニット「タグチジャパン」を結成し活動を開始する。後に同じくLIJとベルト争いをしたドラゴン・リー、マイケル・エルガンらとも共闘した。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見た田中稔 (プロレスラー)

    初公開となったのは、2006年1月28日後楽園ホールにて、ファンキー仕様の髪型を初披露した田口がタイガーマスクと組み、後藤洋央紀、田中稔組と戦った試合で田口が後藤からピンフォール勝ちを収めた試合後に、多少中途半端ながら披露された(その直後に小バカにした態度で田中稔に真似されていた)。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見たKUSHIDA

    9月21日、DESTRUCTIONにてKUSHIDAを破り、約7年ぶりにIWGPジュニアヘビー王座に戴冠した。この試合前に「自分にベルトがあったら『もっとふざけられる権利』を手に入れる」と発言していた田口は実際の試合後のコメントで、「オーマイ&ガーファンクル」といった謎のフレーズを連呼、第69代王者に戴冠したことから自身を「シックスナインチャンピオン」と称するなど自由奔放な発言を連発した。その後のコメントでも田口は下ネタを連想させる発言を繰り返すようになり、異質なキャラクターを確立させていった。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見たエル・サムライ

    2月19日、エル・サムライとのタッグで稔&後藤組の保持するIWGPジュニアタッグ王座に挑戦して、この試合で勝利を収め同王座の第16代王者組に輝いた。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見た木村健悟

    3月、新日本プロレスのスカウト部長になる前の木村健悟にスカウトを受け、9月の入門テストに合格し、新日本に入寮。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見たザブングル (お笑いコンビ)

    趣味は将棋。2012年には「将棋世界」誌上の段位認定問題をクリアしアマ六段の認定を受けたほどの腕前。全国中学生選抜将棋選手権大会の宮城県代表になったこともある。将棋棋士の郷田真隆とは『将棋世界』誌上での対談を機に交友があり、郷田がプロレスファンであることもあり、度々田口の試合を観戦に訪れている。将棋芸人によるライブ『将棋の王将』にも将棋好きプロレスラーとして出演。アマ初段のザブングル・加藤歩に判定勝利している。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
140件中 1 - 10件表示

「田口隆祐」のニューストピックワード