140件中 11 - 20件表示
  • 田口隆祐

    田口隆祐から見た郷ひろみ

    2017年にタグチジャパン結成して以降、勝利を収めた試合の締めで発言する台詞。郷ひろみ風。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見た金丸義信

    8月13日、東京・両国国技館で行われた「G1 CLIMAX 27」にて、リコシェとのタッグでマット・ジャクソン&ニック・ジャクソン組の持つIWGPジュニアタッグ王座に挑戦。試合はリコシェのシューティングスタープレスにより15分13秒で勝利し第53代王者となるが試合後のインタビュー中、鈴木軍のタイチのディーヴァであるあべみほが現れ、タグチジャパン入会を希望することに。誓いのキスをすると見せかけた後に田口が目を閉じた瞬間、田口はあべに平手打ちを食らわせた。その後、田口はタイチと金丸義信の襲撃を受けた。3人が去った後、恍惚の表情を浮かべた田口は壁によりかかって、「まだまだ踏みつけられ足りないんだよ! もっと踏みつけてもらいたいから、挑戦させてやるよ」とコメントした。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見た大谷晋二郎

    コブラクラッチ式クロスフェイス。大谷晋二郎のキングコブラホールドやアメリカン・ドラゴンのコブラクラッチ・クロスフェイスの類似技。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見た獣神サンダー・ライガー

    ヤングライオンの頃より愛用している技。フォームの華麗さと打点の高さからドロップキック・マスターの異名を取るに至っており、2004年のスーパージュニア公式戦では獣神サンダー・ライガーから同技を決めて勝利を収めている。ヒップアタックを使用し始めてからは影を潜めるようになったが、ここぞという場面で繰り出されるようになっている。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見た郷田真隆

    趣味は将棋。2012年には「将棋世界」誌上の段位認定問題をクリアしアマ六段の認定を受けたほどの腕前。全国中学生選抜将棋選手権大会の宮城県代表になったこともある。将棋棋士の郷田真隆とは『将棋世界』誌上での対談を機に交友があり、郷田がプロレスファンであることもあり、度々田口の試合を観戦に訪れている。将棋芸人によるライブ『将棋の王将』にも将棋好きプロレスラーとして出演。アマ初段のザブングル・加藤歩に判定勝利している。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見た本間朋晃

    本間朋晃の得意技である「小こけし」のオマージュムーブ。倒れ込む直前に股間に手を当てて小刻みに身体を震わせてから放つヘッドドロップ。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見たTAKAみちのく

    2016年3月27日のTAKAみちのく & タイチ戦で初公開。相手が片膝または膝立ちのときに放つヒップアタック。中邑真輔の滾りをオマージュした「ギタり」を経て繰り出していく。名前の由来も、中邑のフィニッシャーであるボマイェから。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見た永田裕志

    永田裕志の得意技である「腕固め」のオマージュムーブ。永田が白目をむくのに対して、田口の場合は寄り目にして腕を極めていく。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見たミラノコレクションA.T.

    変型のストマック・ブロック。上述のどどんと同様のムーブで抱え上げた相手を自らの折り曲げた両膝に腹部からめり込ませる。発案者はかつてライバル関係にあったミラノコレクションA\.T\.で、ミラノがApollo 55との抗争中に挑発の意を込めて開発した。その後ミラノが引退し、田口がこの技を初公開したのは、2011年5月26日の飯伏幸太戦。同技で勝利を収めており、以降、開発者であるミラノに敬意を表し、「ミラノ作」の名を冠して継続使用している。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見たツタンカーメン

    1月4日、レッスルキングダムにて、BULLET CLUB入りしたかつての好敵手ケニー・オメガに敗れてIWGPジュニア王座陥落(防衛回数2回)。同月に「NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA2014」ではツタンカーメンのマスク、コスチューム姿で試合を行った。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

140件中 11 - 20件表示

「田口隆祐」のニューストピックワード