70件中 21 - 30件表示
  • 田口隆祐

    田口隆祐から見たポイズン澤田JULIE

    ポイズン澤田JULIEが使うモアイ・オブ・イースター、アメリカでゴートバスターと呼ばれる技と同型。ブレーンバスターの態勢で持ち上げた相手を開脚ジャンプした自身の股の間に前面から叩きつけるフェイス・バスターでヒロ斉藤が得意とした顔面砕きブレーンバスターのシットダウン式とも言える。どどんへの布石として用いられることが多い。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見た外道 (プロレスラー)

    外道の外道クラッチを反してフォールを奪う。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見たマスカラ・ドラダ

    2011年1月22日、CMLLのマスカラ・ドラダの持つCMLL世界ウェルター級王座に挑戦。これに勝利を収めて、同王座に戴冠。翌23日にはデヴィットとのタッグで飯伏、ケニー組とリマッチに臨み、勝利。ジュニアタッグ王座に返り咲いた。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見たデイビー・リチャーズ

    10月10日両国大会ではデイビー・リチャーズ、ロッキー・ロメロ組に敗れ、長期に渡って保有していたIWGPジュニアタッグ王座の防衛に失敗。2012年1月4日にリターンマッチとして同王座を賭けた試合で再奪取するも、2月12日に自身がリチャーズから3カウントを奪われて再び陥落した。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見たブランドン・シルベストリー

    6月、BEST OF THE SUPER Jr.に出場し、5勝3敗でトーナメントに進出。準決勝でDRAGON GATEのPACを打ち破り、決勝戦でロウ・キーと対戦。試合中にロウ・キーが放ったバックブローで左目を負傷しながらも、最後はミラノ作・どどんスズスロウンでロウ・キーからピンフォール勝ちを収めて、初優勝を遂げた。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見たアレックス・シェリー

    2009年、プリンス・デヴィットとのタッグチーム“Apollo 55”を結成。7月5日、アレックス・シェリー・クリス・セイビンのモーターシティマシンガンズに勝利し、第24代IWGPジュニアタッグ王座を獲得。21日には、ミラノコレクションA.T.・タイチとのタッグチーム“ユニオーネ”相手に初防衛。9月にはモーターシティマシンガンズと再戦を行い、勝利し2度目の防衛に成功した。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見たONE TRACK MIND

    MASTER OF DROPKICK / ONE TRACK MIND田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見た井上亘

    2006年2月19日両国大会でエル・サムライとタッグを組み稔&後藤洋央紀組を破り、第16代IWGPジュニアタッグ王座を獲得。2007年3月にサムライジムに入門。7月6日後楽園大会で稔の保持するIWGPジュニアヘビー級王座を奪取し第52代王者に輝き、12月9日の井上亘に敗れるまで4度の防衛に成功した。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見たPAC (プロレスラー)

    6月、BEST OF THE SUPER Jr.に出場し、5勝3敗でトーナメントに進出。準決勝でDRAGON GATEのPACを打ち破り、決勝戦でロウ・キーと対戦。試合中にロウ・キーが放ったバックブローで左目を負傷しながらも、最後はミラノ作・どどんスズスロウンでロウ・キーからピンフォール勝ちを収めて、初優勝を遂げた。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見たマシュー・ブルーム

    11月に行われたG1 TAG LEAGUEではApollo 55でエントリー。スピード溢れる連携を駆使して数々のヘビー級タッグチームと互角に張り合い、Bブロック2位で通過。準決勝では中邑真輔、矢野通組を撃破し決勝進出。決勝でジャイアント・バーナード、カール・アンダーソンと対決するも、あえなく敗戦。しかし、ジュニアながらも準優勝という大健闘を見せ付けた。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

70件中 21 - 30件表示