140件中 41 - 50件表示
  • 田口隆祐

    田口隆祐から見たキングレコード

    2016年6月15日、都内のキングレコードスタジオ内にてCDデビューを発表したのと同時に、正体が田口隆祐であることをカミングアウトした。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見たニック・ジャクソン

    8月13日、東京・両国国技館で行われた「G1 CLIMAX 27」にて、リコシェとのタッグでマット・ジャクソン&ニック・ジャクソン組の持つIWGPジュニアタッグ王座に挑戦。試合はリコシェのシューティングスタープレスにより15分13秒で勝利し第53代王者となるが試合後のインタビュー中、鈴木軍のタイチのディーヴァであるあべみほが現れ、タグチジャパン入会を希望することに。誓いのキスをすると見せかけた後に田口が目を閉じた瞬間、田口はあべに平手打ちを食らわせた。その後、田口はタイチと金丸義信の襲撃を受けた。3人が去った後、恍惚の表情を浮かべた田口は壁によりかかって、「まだまだ踏みつけられ足りないんだよ! もっと踏みつけてもらいたいから、挑戦させてやるよ」とコメントした。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見た馳浩

    師と仰ぐサムライと同じく、日本のジュニアヘビー級の中では比較的長身のため、その身長や長い手足を利した攻撃を得意とする。独特の技名がつけられているのも特徴で、新技開発に余念がない選手とされているが、短期間の内に使用されなくなることも多い。また、技ではないがかつて馳浩も得意としていた両手を首の後ろで組んで腰をグラインドするパフォーマンスを決めポーズとして使用していた。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見たクリス・セイビン

    2009年1月、モーターシティ・マシンガンズ(アレックス・シェリー & クリス・セイビン組)の手に渡り他団体流出を許してしまったIWGPジュニアタッグ王座を奪還すべく、プリンス・デヴィットとタッグチーム、Apollo 55を結成。2度の挑戦を経てジュニアタッグ王者となり、同年のG1 TAG LEAGUEでは、ヘビー級選手に混じって出場し、ジュニアタッグチームでありながら準優勝を果たす好成績を残した。その中でもゴールデンラヴァーズ(飯伏幸太 & ケニー・オメガ組)とは幾度となく好勝負を展開。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見た内藤哲也

    タグチジャパン対Los Ingobernables de Japonの試合でEVILの手を胸に当てる、内藤哲也の入場テーマ曲(STARDUST)に乗ってロープをドラムみたいに叩く。BUSHIを真似てトップコーナーに座る、等。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見た奥村茂雄

    2月、メキシコ・CMLLへ海外遠征に出発、同団体で元全日本プロレスの奥村茂雄とツナミ・デル・オリエンテ(Tsunami del Oriente)を結成する。10月、緑のオーバーマスクをかぶり凱旋帰国した。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見たモーターシティ・マシンガンズ

    2009年1月、モーターシティ・マシンガンズ(アレックス・シェリー & クリス・セイビン組)の手に渡り他団体流出を許してしまったIWGPジュニアタッグ王座を奪還すべく、プリンス・デヴィットとタッグチーム、Apollo 55を結成。2度の挑戦を経てジュニアタッグ王者となり、同年のG1 TAG LEAGUEでは、ヘビー級選手に混じって出場し、ジュニアタッグチームでありながら準優勝を果たす好成績を残した。その中でもゴールデンラヴァーズ(飯伏幸太 & ケニー・オメガ組)とは幾度となく好勝負を展開。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見た斎藤了

    フィッシャーマンズ・バスターの要領で相手を頭上まで担ぎ上げ、首に回していた左腕のクラッチを解き、右肩あたりに左手を添え直し、スパイン・バスターのように自らの股の間に相手を背中からマットに叩き付ける。斎藤了が使用するシュリンプと同型。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見た矢野通

    11月22日、後楽園ホールにて矢野通を相手にプロレスデビュー。その後、前座戦線で活躍し、かなり早い段階で頭角を現す。また、ドロップキックの空中姿勢に定評があったことから「ドロップキックマスター」という異名を付与された。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見たヤング・バックス

    1月4日、レッスルキングダムの第0試合1分時間差バトルロイヤルに出場後、同日のIWGPジュニア王座戦では挑戦者のKUSHIDAのセコンドとしてバック・トゥ・ザ・フューチャーのドクの姿で登場。KUSHIDAに1度負けた後再び王者に返り咲いたケニーのセコンドについていたヤング・バックスを蹴散らしてKUSHIDAの勝利に貢献。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

140件中 41 - 50件表示

「田口隆祐」のニューストピックワード