70件中 51 - 60件表示
  • 田口隆祐

    田口隆祐から見たタイガー・スープレックス

    現在のフィニッシュ・ホールド。相手の背後に回りタイガー・スープレックスのように相手の腕をリバース・ダブルチキンウィングで固め、仰け反る様に上に持ち上げて一旦静止してから相手を前のめりにマットに叩きつける。相手を持ち上げた後はそのまま背後から相手の腰を抱え両足をフックする形になるため、持ち上げられた相手は自然と柔道で言うところの前受身の態勢で落下する。最近は自身より軽量の相手が前方回転エビ固めに切り返そうとしたところをジャーマンで投げたり、相手が粘る時はタイガー・スープレックスに移行する場合もある。名前の由来は田口が通っている「どんぶり どどん」という店名であることを週刊プロレスで明かしている。メキシコでは比較的ポピュラーな技でこちらは類似技もまとめて単純にフェイス・バスターと呼ばれることが多い。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見たG1 TAG LEAGUE

    11月に行われたG1 TAG LEAGUEではApollo 55でエントリー。スピード溢れる連携を駆使して数々のヘビー級タッグチームと互角に張り合い、Bブロック2位で通過。準決勝では中邑真輔、矢野通組を撃破し決勝進出。決勝でジャイアント・バーナード、カール・アンダーソンと対決するも、あえなく敗戦。しかし、ジュニアながらも準優勝という大健闘を見せ付けた。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見た週刊プロレス

    現在のフィニッシュ・ホールド。相手の背後に回りタイガー・スープレックスのように相手の腕をリバース・ダブルチキンウィングで固め、仰け反る様に上に持ち上げて一旦静止してから相手を前のめりにマットに叩きつける。相手を持ち上げた後はそのまま背後から相手の腰を抱え両足をフックする形になるため、持ち上げられた相手は自然と柔道で言うところの前受身の態勢で落下する。最近は自身より軽量の相手が前方回転エビ固めに切り返そうとしたところをジャーマンで投げたり、相手が粘る時はタイガー・スープレックスに移行する場合もある。名前の由来は田口が通っている「どんぶり どどん」という店名であることを週刊プロレスで明かしている。メキシコでは比較的ポピュラーな技でこちらは類似技もまとめて単純にフェイス・バスターと呼ばれることが多い。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見たフォール技

    外道の外道クラッチを反してフォールを奪う。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見たJ SPORTS CROWN〜無差別級6人タッグトーナメント〜

    J SPORTS CROWN 6人タッグトーナメント(2010年,2011年, w / 後藤洋央紀,プリンス・デヴィット)田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見たSUPER Jr. TAG TOURNAMENT

    SUPER Jr\. TAG TOURNAMENT 準優勝(2012年, w / プリンス・デヴィット)田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見たラ・マヒストラル

    相手の腕をラ・マヒストラルの要領で極めておいての外道クラッチ。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見た後楽園ホール

    宮城県仙台第一高等学校サッカー部、東海大学レスリング部出身。2002年3月に新日本プロレスのスカウト部長になる前の木村健悟にスカウトされて新日本プロレスに入団し、同年11月22日後楽園ホール興行での対矢野通戦でプロレスデビュー。その後前座戦線で活躍しかなり早い段階で頭角を現した。またドロップキックの空中姿勢、華麗さがありドロップキック・マスターというニックネームがついた。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見た将棋

    田口 隆祐(たぐち りゅうすけ、男性、1979年4月15日 - )は、日本のプロレスラーである。新日本プロレス所属。宮城県岩沼市出身。宮城県仙台第一高等学校卒業。将棋の実力はアマ五段。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見た首投げ

    背後から両手で相手の両目を塞ぎこみ、戸惑いを見せた相手を目隠しにした状態で首投げの要領で投げ込んだ後、右脚を取って丸め込むフォール技。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

70件中 51 - 60件表示