217件中 11 - 20件表示
  • 時代吉二郎

    時代吉二郎から見た田村正和田村正和

    運命峠(KTV / 東映) ※田村正和版 時代吉二郎 フレッシュアイペディアより)

  • TBS金曜9時枠の連続ドラマ

    TBS金曜9時枠の連続ドラマから見た田村正和田村正和

    第2期の主な作品は「男女7人夏物語」、「男女7人秋物語」(いずれも明石家さんま主演)、「親子ジグザグ」、「とんぼ」(長渕剛主演)、「パパはニュースキャスター」、「パパとなっちゃん」(いずれも田村正和主演)、「ダブル・キッチン」(山口智子主演)、「人生は上々だ」(浜田雅功主演。木村拓哉副主演)、「ひとり暮らし」、「理想の結婚」(常盤貴子主演)、「若葉のころ」「青の時代」、「Summer Snow」(いずれも堂本剛主演)、「池袋ウエストゲートパーク」(長瀬智也主演)などである。TBS金曜9時枠の連続ドラマ フレッシュアイペディアより)

  • 告発〜国選弁護人

    告発〜国選弁護人から見た田村正和田村正和

    『告発〜国選弁護人』(こくはつ〜こくせんべんごにん)は、テレビ朝日系列で、2011年1月13日から3月3日まで毎週木曜日の21:00 - 21:54(JST)に、木曜ドラマ枠で放送された田村正和主演の連続ドラマ。テレビ朝日における田村主演の連続テレビドラマは『若さま侍捕物帳』以来33年ぶり。初回は15分拡大して、22:09まで放送した。告発〜国選弁護人 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年のテレビ (日本)

    1994年のテレビ (日本)から見た田村正和田村正和

    13日 - フジテレビ系水曜21時枠にて、三谷幸喜脚本・田村正和主演の推理ドラマ『警部補 古畑任三郎』放送開始( - 6月29日)。以後、全3シーズンに亘って制作され、2006年1月『古畑任三郎ファイナル』で終了するまで約12年に亘って制作された。1994年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 東京ガス

    東京ガスから見た田村正和田村正和

    2006年(平成18年)1月から、広告コミュニケーションのイメージキャラクターに妻夫木聡を、それまでの田村正和に変えて起用した。2012年現在、妻夫木を中心に東幹久、小西真奈美、楽しんご、桐谷美玲らが出演する「東京ガスストーリー」というドラマ仕立てのCMを放送している。東京ガス フレッシュアイペディアより)

  • 金曜ドラマ

    金曜ドラマから見た田村正和田村正和

    くれない族の反乱(4月6日-6月1日、主演:田村正和、大原麗子)金曜ドラマ フレッシュアイペディアより)

  • 学園ドラマ

    学園ドラマから見た田村正和田村正和

    うちの子にかぎって…(主演:田村正和) 1984年、1985年学園ドラマ フレッシュアイペディアより)

  • 鹿鳴館 (戯曲)

    鹿鳴館 (戯曲)から見た田村正和田村正和

    テレビドラマ化は、1959年(昭和34年)に初演舞台と同じキャストでフジテレビで放映。1961年(昭和36年)は主演に佐分利信を迎え、それ以外は初演舞台とほぼ同じキャストでTBSテレビで放映。1970年(昭和45年)は岩下志麻・芦田伸介主演でNHKで放映。近年は2008年(平成20年)正月に田村正和・黒木瞳主演でテレビ朝日で放映された。映画化は1986年(昭和61年)に東宝によって菅原文太・浅丘ルリ子主演、市川崑監督でなされた。鹿鳴館 (戯曲) フレッシュアイペディアより)

  • フジテレビ火曜9時枠の連続ドラマ

    フジテレビ火曜9時枠の連続ドラマから見た田村正和田村正和

    このほか過去に放送された代表的な作品には、水曜劇場枠で2回シリーズ化された後第3シリーズが本枠で放送された『古畑任三郎』(田村正和主演)、4回シリーズ化された『救命病棟24時』(江口洋介主演)、同じく4回シリーズ化された後に映画化され、こちらもヒットした『ナースのお仕事』(観月ありさ主演)、『神様、もう少しだけ』(金城武主演)、人気映画をドラマ化した『WATER BOYS』(山田孝之主演、第2シリーズの『WATER BOYS2』は市原隼人主演)などがある。フジテレビ火曜9時枠の連続ドラマ フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た田村正和田村正和

    1996年、フジテレビの人気刑事ドラマ『古畑任三郎』シーズン2の初回スペシャルに犯人役でゲスト出演。古畑の部下である今泉巡査の知り合いでやり手の弁護士・小清水潔を演じる。当初は売れないロックシンガーの役の予定だったが、プロットを聞いたさんまは脚本家の三谷幸喜に対して軽い気持ちで「弁護士と古畑が闘うってのはおもしろいんじゃない?」と提案。すると自らも法廷モノが好きな三谷は快諾し脚本を書くが、あまりにもセリフが多くなりそれを覚えられないさんまに対し、主演の田村正和が撮影中に「今度間違えたら自分が帰りますよ」と言ったという。しかし、その直後に田村自身が「古畑任三郎」の中では初めてとなるNGを出してしまい、さんまが「あんた、これ貸しな。これでおあいこや。」と田村に発言した。スタッフ一同は凍りついたが無事に撮影は終了、さんまは今泉役の西村雅彦に別室に呼び出され、「さんまちゃん。あれはダメなの」と叱られたという。そういったこともあり、さんまは撮影後、「法廷物はもう嫌だ」と漏らしたと言われているが、後にゲスト出演したイチローがさんまが出演した回が好きだと語っているように古畑ファンからの人気は高い作品となっている。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

217件中 11 - 20件表示

「田村正和」のニューストピックワード