82件中 21 - 30件表示
  • 熊谷宜之

    熊谷宜之から見た田臥勇太田臥勇太

    トヨタではかつて田臥勇太も背負った番号「11」を使用。熊谷宜之 フレッシュアイペディアより)

  • 中川和之

    中川和之から見た田臥勇太田臥勇太

    2004年に渡米し、独立リーグABAのロングビーチ・ジャムに入団。田臥勇太とチームメイトになった。2005年は、ニューヨークに本拠地を置くABAのハーレム・ストロングドッグスに所属し、日本人で初めてABAのオールスターに選ばれるなど活躍した。シーズン終了後は春季に開催されるUSBLのブルックリン・キングスに所属した。10月にはNBADLのアイダホ・スタンピードのトライアウトを受けたが不合格だった。中川和之 フレッシュアイペディアより)

  • NCAA男子バスケットボールトーナメント

    NCAA男子バスケットボールトーナメントから見た田臥勇太田臥勇太

    田臥勇太(現・リンク栃木ブレックス)がブリガムヤング大学ハワイ校でNCAA2部に出場。NCAA男子バスケットボールトーナメント フレッシュアイペディアより)

  • 桜井良太

    桜井良太から見た田臥勇太田臥勇太

    姉の影響でバスケットを始める。長島中を卒業後、四日市工業高に入学。高校3年生時のインターハイ初戦、西塔佳郎、松本怜、伊藤孝志らを擁する強豪福岡大大濠高を相手に37点(3P1本、2P13本、フリースロー8本)をする活躍で番狂わせを起こしてみせた。そんな彼の名を一躍全国に知らしめたのが、高校3年生時のウィンターカップ。長谷川誠、田臥勇太など数多くの名選手を輩出している能代工業高を相手に、51点(うちフリースロー連続記録達成(21本)、3P6本、ダンク3本)7ブロックという大活躍により、ここでもインターハイに続いて、大番狂わせを起こしてみせた。またダンクでリングを掴んだまま回転するさまからメリーゴーランドダンクとも呼ばれ、全国区の選手へとのし上がった。桜井良太 フレッシュアイペディアより)

  • 約束の2010

    約束の2010から見た田臥勇太田臥勇太

    横浜F・マリノスの中澤佑二に密着したドキュメンタリー。中澤はヴェルディ川崎に入団した1999年にJリーグ新人王を獲得するなど輝かしい記録を残し、サッカー日本代表にも選ばれた。2006 FIFAワールドカップ後に一度は腰痛などを理由に代表からの引退を決意したが、バスケットボール・田臥勇太(リンク栃木ブレックス)との出会いで再び代表を目指す決意をした。約束の2010 フレッシュアイペディアより)

  • 板倉令奈

    板倉令奈から見た田臥勇太田臥勇太

    能代工高では1年先輩である田臥勇太らとともに全国タイトル6度に輝く。2年次には世界青少年競技大会日本代表に選ばれる。板倉令奈 フレッシュアイペディアより)

  • 安齋竜三

    安齋竜三から見た田臥勇太田臥勇太

    福島工業高校で1996年ウィンターカップ準優勝。決勝では後にチームメイトとなる田臥勇太擁する能代工業高校に敗退。安齋竜三 フレッシュアイペディアより)

  • JBL 2010-11

    JBL 2010-11から見た田臥勇太田臥勇太

    田臥勇太(リンク栃木)JBL 2010-11 フレッシュアイペディアより)

  • JBL 2011-12

    JBL 2011-12から見た田臥勇太田臥勇太

    田臥勇太(リンク栃木)JBL 2011-12 フレッシュアイペディアより)

  • 勝又穣次

    勝又穣次から見た田臥勇太田臥勇太

    新潟県の五十沢中学3年生の時、既に身長192cmを越えており県選抜選手に選ばれた。多くのバスケットボールの名門高校からのスカウトを受け、北陸高校に入学を決め、同じ新潟県出身の五十嵐圭(三菱電機)の後輩となる。スカウトの際、コーチと共に五十嵐圭も勝又家を訪れたと言われている。高校時に日本代表として国際大会も経験。この頃同じ日本代表の先輩田臥勇太(リンク栃木ブレックス)の努力する姿を見て、強い影響を受けている。現在JBLでも屈指の努力家として有名である。大東文化大学4年の時には主将を務め、インカレで敢闘賞を受賞。宮永雄太(東芝)と共に準優勝に貢献した。勝又穣次 フレッシュアイペディアより)

82件中 21 - 30件表示

「田臥勇太」のニューストピックワード