90件中 31 - 40件表示
  • 中川和之

    中川和之から見た田臥勇太田臥勇太

    インカレ翌日に渡米した2004年は、独立リーグABAのロングビーチ・ジャムに入団。日本バスケ史上初の在学中のプロ選手となった。このシーズン途中にNBAフェニックス・サンズに所属していた田臥勇太も加わりチームメイトになった。2005年トルコで行われたユニバーシアードの日本代表(U-24)メンバーに選出され16位に終わった。その後、ニューヨークに本拠地を置くABAのハーレム・ストロングドッグスに所属し、日本人で初めてABAのオールスターに選ばれるなど活躍した。シーズン終了後は春季に開催されるUSBLのブルックリン・キングスに所属。ブルックリンでのホーム初戦で20得点をあげ会場を沸かせた。10月にはNBADLのアイダホ・スタンピードのトライアウトを受けたが語学力を理由に不合格にされた。中川和之 フレッシュアイペディアより)

  • バスケットボール日本リーグ機構

    バスケットボール日本リーグ機構から見た田臥勇太田臥勇太

    2000年、1部のリーグの2、3年後のプロ化を前提として、1・2部を「スーパーリーグ」と「日本リーグ」に名称を変更し、ホームタウン制を取り入れた地域密着型運営に着手した。田臥勇太のトヨタ自動車アルバルク入部によるスーパーリーグ参戦時にはマスコミも巻き込むほどの人気だった。ただし新潟アルビレックスなど一部チームを除けば、ホームタウン所在地とは関係ない地域の試合が多く、ホームタウン制は機能していない。バスケットボール日本リーグ機構 フレッシュアイペディアより)

  • カントン・チャージ

    カントン・チャージから見た田臥勇太田臥勇太

    2005-06シーズンは田臥勇太が新加入したことで、日本のバスケットボールファンにもサンダーバーズの名前が知れ渡った。田臥はシーズン後半に怪我で戦線離脱したが、チームは初優勝を果たした。同シーズンプレーした選手には他に元東京アパッチのニック・ビリングスも所属していた。カントン・チャージ フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙でイチバン逢いたい人

    宇宙でイチバン逢いたい人から見た田臥勇太田臥勇太

    29田臥勇太(プロバスケットボール選手)宇宙でイチバン逢いたい人 フレッシュアイペディアより)

  • 桜井良太

    桜井良太から見た田臥勇太田臥勇太

    姉の影響でバスケットを始める。長島中を卒業後、四日市工業高に入学。高校3年生時のインターハイ初戦、西塔佳郎、松本怜、伊藤孝志らを擁する強豪福岡大大濠高を相手に37点(3P1本、2P13本、フリースロー8本)をする活躍で番狂わせを起こしてみせた。そんな彼の名を一躍全国に知らしめたのが、高校3年生時のウィンターカップ。長谷川誠、田臥勇太など数多くの名選手を輩出している能代工業高を相手に、51点(うちフリースロー連続記録達成/21本、3P/6本、ダンク/3本)、7ブロックという大活躍により、ここでもインターハイに続いて、大番狂わせを起こしてみせた。またダンクでリングを掴んだまま回転するさまからメリーゴーランドダンクとも呼ばれ、全国区の選手へとのし上がった。桜井良太 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・バスケットボール・アソシエーション

    アメリカン・バスケットボール・アソシエーションから見た田臥勇太田臥勇太

    2003年 デニス・ロッドマン、田臥勇太(共にロングビーチ・ジャム) - 2人はこのシーズンはチームメイトだった。田臥は翌年もロングビーチと契約した。アメリカン・バスケットボール・アソシエーション フレッシュアイペディアより)

  • ノーザンアリゾナ・サンズ

    ノーザンアリゾナ・サンズから見た田臥勇太田臥勇太

    2003年、ABAの新チームとして設立された。設立時に新潟アルビレックスBBの資本が入っていた事で日本でも話題になった。また、オーナーであるTet Yamashita氏は、日本生まれの日本人でロサンジェルス在住で、NBAで外国人として初めてオーナーとして承認された。カリフォルニア州ロングビーチを本拠地とし、2003-04シーズンは初優勝を果たした。2004-05シーズンは田臥勇太やデニス・ロッドマンがプレイするなどして注目を集めたが、2005年5月に同リーグを脱退した。ノーザンアリゾナ・サンズ フレッシュアイペディアより)

  • フェニックス・サンズのチーム記録

    フェニックス・サンズのチーム記録から見た田臥勇太田臥勇太

    田臥勇太(日本)(大量得点差でリードしたため、開幕戦で初出場7得点をあげたが、ガードの層の厚さもあり1ヶ月ほどで解雇された。)フェニックス・サンズのチーム記録 フレッシュアイペディアより)

  • ファイブ (ノンフィクション)

    ファイブ (ノンフィクション)から見た田臥勇太田臥勇太

    佐古は、いすゞとアイシンの異なる方針に戸惑いながらも慣れていったが、今度は故障に苦しむこととなる。なんとかファイナルまで進むが折茂武彦や田臥勇太などが所属する前年の覇者、トヨタ自動車アルバルクが立ちはだかる。ファイブ (ノンフィクション) フレッシュアイペディアより)

  • 第53回国民体育大会

    第53回国民体育大会から見た田臥勇太田臥勇太

    大会は、柔道の井上康生の活躍、陸上ハンマー投げの室伏広治の当時の日本新記録が出るなど、話題を呼んだ。また、高校硬式野球では松坂大輔率いる地元の横浜高校が、明治神宮野球大会、センバツ、全国高校野球に続き、史上初のグランドスラムを達成。ボクシング少年フライ級では沖尚3年翁長吾央が選抜・インターハイに続き高校三冠王を達成。バスケットボール少年男子では地元出身の田臥勇太が秋田県(能工単体で参加)として高校通算8冠目(インターハイ3度・国体3度・ウィンターカップ2度)を獲得(その年のウィンターカップも制して9冠達成)。第53回国民体育大会 フレッシュアイペディアより)

90件中 31 - 40件表示