82件中 51 - 60件表示
  • 秋田県立能代工業高等学校

    秋田県立能代工業高等学校から見た田臥勇太田臥勇太

    田臥勇太(JBL、リンク栃木ブレックス:1996-99年在学)秋田県立能代工業高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 波多野和也

    波多野和也から見た田臥勇太田臥勇太

    大学は専修大学に進学。この年の専修大学の新入生には、中川和之、中川直之、長澤晃一など豪華なメンバーが揃っていた。また、2年先輩には現在東京アパッチに所属する青木康平、1年先輩には、現在波多野のチームメートである佐藤浩貴らがいた。波多野は、大学1年生時からスタメンなどで試合に出場。迎えた2001年インカレでは、専修大学の3位入賞に貢献し、自身も専修大学勢では唯一の優秀選手賞を受賞。この年、ヤングメン(U-20)日本代表のメンバーに田臥勇太らと共に選出され、埼玉で行われたヤングメン世界選手権に出場する。翌、2002年にはオールジャパンに出場。同年に出場した2度目のインカレでは優勝し、自身も2年連続で優秀選手賞を受賞。2003年には再びオールジャパンに出場、3度目ののインカレでは7位入賞。この年韓国で行われたユニバーシアードの日本代表(U-24)メンバーに大学でチームメイトの佐藤浩貴、大宮宏正らと共に選出された。2004年オールジャパン出場。大学4年生時、前述した波多野らの世代のメンバーとひとつ下の世代の大宮宏正、伊藤孝志、小淵雅らを加えた専修大学はこの年あらゆる大会で好成績を残す。関東選手権では優勝し、自身は優秀選手賞を受賞。関東1部リーグ戦では準優勝。インカレでも準優勝をし、同大会3度目となる優秀選手賞を受賞。2005年のオールジャパンにも4年連続で出場。波多野和也 フレッシュアイペディアより)

  • 東京アパッチ

    東京アパッチから見た田臥勇太田臥勇太

    なお、選手については日本人選手及びハンフリーと契約を更新。新外国人としてNBADLで田臥勇太のチームメイトだったニック・ビリングス(開幕直後契約解除)とNBAのキャンプに参加したジェレミー・マクガイヤ、(12月に契約解除)元仙台89ERSのマイケル・ジャクソンの3選手と契約。外国人以外の補強は行わずにシーズンを迎えた。リーグ屈指の得点力を誇ったが、リーグ最多失点を喫し、外国人選手の入退団も頻繁であったためチームの歯車が狂い、結果として、8チーム中最下位に終わった。個人タイトルは、青木康平はリーグベスト5、最高フリースロー成功率、ハンフリーは、試合平均得点の個人タイトルを2年連続で獲得している。東京アパッチ フレッシュアイペディアより)

  • ポイントガード

    ポイントガードから見た田臥勇太田臥勇太

    ポイントガードの「ポイント」とは得点ではなく、線路の分岐器 (ポイント) を意味し、チームの司令塔的な役割を担う。そのため、ポイントガードは通常チーム内で最も器用な選手が務める。チーム戦術によっては大きな選手が務めることもあるが、センターやパワーフォワードとは違い高身長が要求されるわけではない。体格に関わりなく敏捷性、バスケットボールIQとリーダーシップが要求されるのは同じである。NBAにおいてマグシー・ボーグスは身長160センチメートルで最も小さい選手であったが、リーダーシップを発揮し名ポイントガードとして知られた。日本選手では、田臥勇太、五十嵐圭、青木康平、竹野明倫などがいる。ポイントガード フレッシュアイペディアより)

  • Wii Sports Resort

    Wii Sports Resortから見た田臥勇太田臥勇太

    田臥勇太 - バスケットボールWii Sports Resort フレッシュアイペディアより)

  • 週刊スポーツTV

    週刊スポーツTVから見た田臥勇太田臥勇太

    日本初のNBAプレーヤー田臥勇太や、女子バスケットボールの大神雄子、全日本男子バレーボールの加藤陽一などのほか、シドニーオリンピックの柔道男子95kg超級で日本の篠原信一と決勝戦を戦い、判定で物議を醸したダビド・ドゥイエ()などが出演した。週刊スポーツTV フレッシュアイペディアより)

  • ミエナイチカラ 〜INVISIBLE ONE〜/MOVE

    ミエナイチカラ 〜INVISIBLE ONE〜/MOVEから見た田臥勇太田臥勇太

    1995年の12月からすでにベネッセ「進研ゼミ中学講座」CMソングとしてオンエアされており、このCMには、当時はまだ無名だった元NBA選手・田臥勇太が出演していた。ミエナイチカラ 〜INVISIBLE ONE〜/MOVE フレッシュアイペディアより)

  • 五十嵐圭

    五十嵐圭から見た田臥勇太田臥勇太

    『関口宏の東京フレンドパークII』(2009年06月11日放送)に、田臥勇太、宮崎大輔(ハンドボール選手)、稲葉洸太郎(フットサル選手)と共演した。ウォールクラッシュに挑戦した際には、踏切に失敗したがバスケット選手らしい跳躍力を見せて一発クリアした。番組後半のダーツでは、ゆったりできる「ソファ」をリクエストし、これを自分でダーツを投げて命中させた。五十嵐圭 フレッシュアイペディアより)

  • 進研ゼミ高校講座

    進研ゼミ高校講座から見た田臥勇太田臥勇太

    田臥勇太 - バスケットボール選手。進研ゼミ高校講座CM出演した経験がある。進研ゼミ高校講座 フレッシュアイペディアより)

  • コーリー・ゲインズ

    コーリー・ゲインズから見た田臥勇太田臥勇太

    キャリア晩年はABAのロングビーチ・ジャムでアシスタントコーチ兼任としてプレー。そのときのチームメイトに田臥勇太、デニス・ロッドマンがいた。2004年引退。コーリー・ゲインズ フレッシュアイペディアより)

82件中 51 - 60件表示

「田臥勇太」のニューストピックワード