82件中 61 - 70件表示
  • アンドレアス・グリニアダキス

    アンドレアス・グリニアダキスから見た田臥勇太田臥勇太

    2005-06シーズンには、NBADLのロアノーク・ダズルや田臥勇太が所属していたアルバカーキ・サンダーバーズに所属。特にサンダーバーズではスターターに定着し、チームの優勝に大きく貢献した。アンドレアス・グリニアダキス フレッシュアイペディアより)

  • 須田拓弥

    須田拓弥から見た田臥勇太田臥勇太

    中学から大学時代まではバスケットボールの選手だった。日本人史上初のNBA選手である田臥勇太とは同期で、鎬を削ったこともあった。須田拓弥 フレッシュアイペディアより)

  • 金沢区

    金沢区から見た田臥勇太田臥勇太

    田臥勇太 - バスケットボール選手金沢区 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋市立船橋高等学校

    船橋市立船橋高等学校から見た田臥勇太田臥勇太

    男子は1985年インターハイと1998年ウィンターカップでそれぞれ準優勝を経験(決勝の相手はいずれも能代工業で、1985年インターハイでは金子寛治、1998年ウィンターカップでは田臥勇太をそれぞれ擁していた。)。現在も柏市立柏高等学校、千葉県立八千代高等学校と全国大会の出場権を争っている。船橋市立船橋高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 光永亮太

    光永亮太から見た田臥勇太田臥勇太

    昭和55年生まれの音楽業界人や芸能人などが集う「55年会」の会長を務めている。ほかのメンバーは田臥勇太、SOFFet、mihimaru GTのmiyake(ミックン)、Def TechのMicro、キングコングの西野亮廣など。光永亮太 フレッシュアイペディアより)

  • リンク栃木ブレックス

    リンク栃木ブレックスから見た田臥勇太田臥勇太

    オーエスジーフェニックス東三河が2007-2008シーズン限りでJBLからbjリーグへ転籍したため、2008-09シーズンよりJBLに昇格。昇格にあたりチーム名の命名権をメインスポンサーのリンクアンドモチベーションに売却し、4月1日より「リンク栃木ブレックス」とする。またヘッドコーチに秋田県立能代工業高等学校で監督を務めた加藤三彦が就任。山谷はゼネラルマネージャーも兼任する。新入団選手に加藤の高校の後輩かつ教え子でもある高久順ら、移籍選手として日本代表の川村卓也、元日本代表の伊藤俊亮、地元出身の大宮宏正らを獲得した。さらに2008年8月31日、加藤の高校の後輩かつ教え子である元NBA選手の田臥勇太を獲得した。リンク栃木ブレックス フレッシュアイペディアより)

  • ワッツ・ミサカ

    ワッツ・ミサカから見た田臥勇太田臥勇太

    NBA初の日本出身選手は、2004年の田臥勇太ワッツ・ミサカ フレッシュアイペディアより)

  • 加藤三彦

    加藤三彦から見た田臥勇太田臥勇太

    コーチ・監督を通じチームをインターハイ12回・ウィンターカップ10回・国体7回優勝へと導き、長谷川誠・田臥勇太ら日本を代表する選手を数多く育てた。加藤三彦 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年バスケットボール世界選手権日本代表

    2006年バスケットボール世界選手権日本代表から見た田臥勇太田臥勇太

    代表招集を巡り協会幹部とジェリコHCの間でメンバーの食い違いが発生した。これの影響として日本人初のNBAプレイヤーである田臥勇太が合宿前に辞退を表明したのみならず、佐古賢一ら代表合宿に招集された選手の辞退が相次いだ。2006年バスケットボール世界選手権日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • NBA

    NBAから見た田臥勇太田臥勇太

    2004年 シャーロット・ボブキャッツが新設され、アメリカに29チーム、カナダに1チームの計30チーム、2カンファレンス6ディヴィジョンに。田臥勇太がフェニックス・サンズに入団。NBA フレッシュアイペディアより)

82件中 61 - 70件表示

「田臥勇太」のニューストピックワード