前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
78件中 1 - 10件表示
  • 田臥勇太

    田臥勇太から見たベネッセコーポレーション

    1980年10月5日、神奈川県横浜市金沢区に生まれる。父親は植木職人。高校時代に関東大会まで進んだ母親の影響で小学校2年生(8歳)でバスケットボールを始める。ミニバスケット時代は横浜市戸塚区の矢部小学校ミニで経験を積んだ。小学校3年生からはソフトボール(ポジションはキャッチャー)も掛け持ちで始め、シニアリーグからの誘いもあるほどだったが、中学からはバスケットボールを選んだ。1993年4月、横浜市立大道中学校に入学後、1995年8月の第25回全国中学校バスケットボール大会に出場し3位。大会ベスト5に選出された。1995年、ベネッセコーポレーション(当時は福武書店)のテレビCMでパトリック・ユーイング(当時ニューヨーク・ニックス)と共演した。田臥勇太 フレッシュアイペディアより)

  • 田臥勇太

    田臥勇太から見たデニス・ロッドマン

    2003年5月、トヨタ自動車アルバルクを退団し、同年7月、NBAダラス・マーベリックスのサマーリーグに参加した。同年9月、NBAのデンバー・ナゲッツと契約し、プレシーズン戦3試合に出場したが開幕ロースターには残れず解雇された。ナゲッツのチームメイトには田臥よりも身長の低い165cmのアール・ボイキンスがいたが、ポジションを奪うことはできなかった。同年11月、ABA(アメリカ・独立プロリーグ)のロングビーチ・ジャム・アルビレックスと契約した。ロングビーチ・ジャムではデニス・ロッドマンとも一緒にプレイした。2004年4月、ロングビーチ・ジャムで優勝を果たす。田臥勇太 フレッシュアイペディアより)

  • 田臥勇太

    田臥勇太から見た折茂武彦

    小さな体で大きな選手をすり抜ける抜群のスピード、類い稀なパスセンス、視野の広さとジャンプシュートがプレイの特徴。日本人で初めて世界ジュニア選抜に選ばれるなど、日本人では抜きん出た実力の持ち主。トヨタ自動車アルバルクや日本代表で共にプレイした折茂武彦は「勇太は欲しいところにズバッとパスがくる。他の日本人のガードとは違う目を持っている」と評している。田臥勇太 フレッシュアイペディアより)

  • 田臥勇太

    田臥勇太から見た加藤三彦

    2008年8月31日、能代工時代の指導者加藤三彦が率いるJBLのリンク栃木ブレックスに入団し、6年ぶりの国内復帰となった。田臥勇太 フレッシュアイペディアより)

  • 田臥勇太

    田臥勇太から見た中澤佑二

    サッカー日本代表の中澤佑二と親交があり、中澤が2006 FIFAワールドカップ後に代表引退を表明していた時期、田臥のバスケットへの真摯な姿勢や情熱に感銘を受け「オレはこんなに恵まれた環境にいるのに、何をやっているんだろう。もっと挑戦しないと」と代表復帰を決意するきっかけとなった。「約束の2010 中澤佑二ドキュメント」(2009年12月20日放送)では前述の代表復帰のエピソードを紹介されたほか、中澤の友人として共演している。田臥勇太 フレッシュアイペディアより)

  • 田臥勇太

    田臥勇太から見た宮崎大輔宮崎 大輔

    「関口宏の東京フレンドパークII」(2009年06月11日放送)に、五十嵐圭(バスケットボール選手)、宮崎大輔(ハンドボール選手)、稲葉洸太郎(フットサル選手)と共演した。田臥はチームをキャプテンとして率い、番組内のアトラクションに挑戦した。番組後半のダーツでは、健康に気を使って「ジューサーミキサーと野菜・果物」をリクエストし、これを稲葉が的中し、田臥にプレゼントした。田臥もダーツを投げたが「たわし」に当たってしまい、お返しとしてたわしを送った。田臥勇太 フレッシュアイペディアより)

  • 田臥勇太

    田臥勇太から見たマイケル・ジョーダン

    2000年、NCAA2部のブリガムヤング大学ハワイ校へ留学。しかし、2年間は単位取得や怪我(椎間板ヘルニア)のためにプレイが出来なかった。初めて選手登録された2001年には、「日本のジョーダン」と紹介され、全試合に先発出場。MVPに選ばれたゲームもあった。2001年8月、ヤングメン世界選手権に出場し第11位。2002年、大学を3年半で中退した。田臥勇太 フレッシュアイペディアより)

  • 田臥勇太

    田臥勇太から見たスティーブ・ナッシュ

    2004年9月6日、NBAフェニックス・サンズと契約した。同年11月1日、フェニックス・サンズの開幕メンバーに登録され、日本人として初めてのNBAプレーヤーとなった(なお、日系人としては、それ以前にワッツ・ミサカこと三阪亙という日系アメリカ人選手がいた)。その後、開幕戦を含む4試合に出場した(プレー時間は合計17分、7得点3アシストであった)が、同年12月18日に解雇された。サンズでは後にシーズンMVP、アシスト王になるスティーブ・ナッシュの指導も受けた。同月、ABAのロングビーチ・ジャムと再契約し、NBAへの復帰を目指した。田臥勇太 フレッシュアイペディアより)

  • 田臥勇太

    田臥勇太から見たダラス・マーベリックス

    2003年5月、トヨタ自動車アルバルクを退団し、同年7月、NBAダラス・マーベリックスのサマーリーグに参加した。同年9月、NBAのデンバー・ナゲッツと契約し、プレシーズン戦3試合に出場したが開幕ロースターには残れず解雇された。ナゲッツのチームメイトには田臥よりも身長の低い165cmのアール・ボイキンスがいたが、ポジションを奪うことはできなかった。同年11月、ABA(アメリカ・独立プロリーグ)のロングビーチ・ジャム・アルビレックスと契約した。ロングビーチ・ジャムではデニス・ロッドマンとも一緒にプレイした。2004年4月、ロングビーチ・ジャムで優勝を果たす。田臥勇太 フレッシュアイペディアより)

  • 田臥勇太

    田臥勇太から見たアサヒビール

    アサヒ・スーパードライ田臥勇太 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
78件中 1 - 10件表示

「田臥勇太」のニューストピックワード