83件中 31 - 40件表示
  • 田臥勇太

    田臥勇太から見たジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ

    田臥 勇太(たぶせ ゆうた、1980年10月5日 - )は、日本の男子プロバスケットボール選手。ポジションはポイントガード。神奈川県横浜市金沢区出身。B.LEAGUEの栃木ブレックス所属。秋田県立能代工業高等学校時代には世界ジュニア選抜に選ばれた。2004年、フェニックス・サンズの開幕ロースターに入った日本人初のNBAプレーヤーである。身長173cm、体重75kg、靴のサイズ29cm。田臥勇太 フレッシュアイペディアより)

  • 田臥勇太

    田臥勇太から見た日本バスケットボールリーグ

    2008年8月31日、能代工時代の指導者加藤三彦が率いるJBLのリンク栃木ブレックスに入団し、6年ぶりの国内復帰となった。田臥勇太 フレッシュアイペディアより)

  • 田臥勇太

    田臥勇太から見た宇都宮市

    2009-10年レギュラーシーズンでは、右かかとの怪我のために開幕から1カ月以上欠場した。2009年11月28日に復帰後、レギュラーシーズンを2位で終え、チームをJBL昇格後初のプレーオフに導く。2010年4月のJBLファイナルで、それまで2連覇していたアイシンシーホースを3連勝で破り、初優勝(JBL)を果たした。田臥はチームの中心選手として活躍し、プレーオフのMVPに選出された。また、年間ベスト5賞に選出された。2010年4月、リンク栃木と来季2010-11年シーズンの契約延長に合意したと発表した。同月17日、リンク栃木の本拠地・宇都宮市での優勝パレードに参加、沿道には約1万人の市民が駆けつけた。同年7月、12年ぶりにバスケットボール男子日本代表の試合に出場した。田臥勇太 フレッシュアイペディアより)

  • 田臥勇太

    田臥勇太から見た2010年アジア競技大会

    2010年11月、日本代表として初めて主要国際大会である2010年アジア競技大会(中国・広州)に出場、1994年アジア競技大会(広島市)以来16年ぶりのベスト4入りに貢献した。準決勝で韓国に敗れ、3位決定戦ではイランに敗れたためメダル獲得はならなかった。開催地が中国であることから各試合で激しいブーイングを受けたが、「国内ではできない経験をさせてもらっている」「相当嫌われているんだなと思うけど、見てろよ、とモチベーションになる」と感想を述べた。田臥勇太 フレッシュアイペディアより)

  • 田臥勇太

    田臥勇太から見たロサンゼルス・クリッパーズ

    2005年9月、NBAロサンゼルス・クリッパーズと契約し、プレシーズン戦7試合に出場したがシーズン開幕前の10月31日に経験不足を理由に解雇された。同年11月3日にNBA傘下のNBAデベロップメント・リーグに9巡目70位でドラフト指名され、アルバカーキ・サンダーバーズに入団した。チームの主要選手として活躍したが、シーズン後半に怪我で戦線離脱した。田臥勇太 フレッシュアイペディアより)

  • 田臥勇太

    田臥勇太から見た2009年

    2008-09年レギュラーシーズンでは、アシスト王・スティール王の2冠に輝き、レギュラーシーズンのベスト5に選出された。しかしチームは5位に終わり、プレーオフに進出できなかった。2009年6月、NBAに再挑戦する意向を表明し、NBAダラス・マーベリックスから招待されたミニキャンプに臨んだが、直前の練習で右かかとを打撲し練習に参加できなかった。同年7月、2009-10年シーズンはNBAを断念し、引き続きリンク栃木でプレーすると発表した。田臥勇太 フレッシュアイペディアより)

  • 田臥勇太

    田臥勇太から見た日本文化出版

    『アメリカ留学体験記 Never Too Late―今からでも遅くない』(日本文化出版 2002年12月) ISBN 4890840702田臥勇太 フレッシュアイペディアより)

  • 田臥勇太

    田臥勇太から見たエレクトロニック・アーツ

    PS2・PSP用ゲーム『NBA LIVE 06』でエレクトロニック・アーツ社の「EAスポーツ・パートナー」として起用された。同ゲームには日本人選手として初めてFA選手として収録されたほか、日本国内向けの広告やポスター、パッケージに登場した。初回予約特典として、直筆応援メッセージの書かれたポスターおよびステッカーが用意された。田臥勇太 フレッシュアイペディアより)

  • 田臥勇太

    田臥勇太から見た秋田県立能代工業高等学校

    田臥 勇太(たぶせ ゆうた、1980年10月5日 - )は、日本の男子プロバスケットボール選手。ポジションはポイントガード。神奈川県横浜市金沢区出身。B.LEAGUEの栃木ブレックス所属。秋田県立能代工業高等学校時代には世界ジュニア選抜に選ばれた。2004年、フェニックス・サンズの開幕ロースターに入った日本人初のNBAプレーヤーである。身長173cm、体重75kg、靴のサイズ29cm。田臥勇太 フレッシュアイペディアより)

  • 田臥勇太

    田臥勇太から見た金沢区

    田臥 勇太(たぶせ ゆうた、1980年10月5日 - )は、日本の男子プロバスケットボール選手。ポジションはポイントガード。神奈川県横浜市金沢区出身。B.LEAGUEの栃木ブレックス所属。秋田県立能代工業高等学校時代には世界ジュニア選抜に選ばれた。2004年、フェニックス・サンズの開幕ロースターに入った日本人初のNBAプレーヤーである。身長173cm、体重75kg、靴のサイズ29cm。田臥勇太 フレッシュアイペディアより)

83件中 31 - 40件表示