83件中 61 - 70件表示
  • 田臥勇太

    田臥勇太から見た進研ゼミ

    ベネッセコーポレーション・進研ゼミ 中学生の時にパトリック・ユーイングと共演した。田臥勇太 フレッシュアイペディアより)

  • 田臥勇太

    田臥勇太から見たバスケットボール男子日本代表

    2009-10年レギュラーシーズンでは、右かかとの怪我のために開幕から1カ月以上欠場した。2009年11月28日に復帰後、レギュラーシーズンを2位で終え、チームをJBL昇格後初のプレーオフに導く。2010年4月のJBLファイナルで、それまで2連覇していたアイシンシーホースを3連勝で破り、初優勝(JBL)を果たした。田臥はチームの中心選手として活躍し、プレーオフのMVPに選出された。また、年間ベスト5賞に選出された。2010年4月、リンク栃木と来季2010-11年シーズンの契約延長に合意したと発表した。同月17日、リンク栃木の本拠地・宇都宮市での優勝パレードに参加、沿道には約1万人の市民が駆けつけた。同年7月、12年ぶりにバスケットボール男子日本代表の試合に出場した。田臥勇太 フレッシュアイペディアより)

  • 田臥勇太

    田臥勇太から見たNBL 2014-15

    2014-15年レギュラーシーズンでは、オールスターに選出されるとともに、アシスト王、ベスト5を獲得した。田臥勇太 フレッシュアイペディアより)

  • 田臥勇太

    田臥勇太から見た中華人民共和国

    2010年11月、日本代表として初めて主要国際大会である2010年アジア競技大会(中国・広州)に出場、1994年アジア競技大会(広島市)以来16年ぶりのベスト4入りに貢献した。準決勝で韓国に敗れ、3位決定戦ではイランに敗れたためメダル獲得はならなかった。開催地が中国であることから各試合で激しいブーイングを受けたが、「国内ではできない経験をさせてもらっている」「相当嫌われているんだなと思うけど、見てろよ、とモチベーションになる」と感想を述べた。田臥勇太 フレッシュアイペディアより)

  • 田臥勇太

    田臥勇太から見た第53回国民体育大会

    1996年4月、バスケットボールの名門校・秋田県立能代工業高等学校に入学後、即スタメンとなり、3年連続で高校総体、国体、全国高校選抜の3大タイトルを制し、史上初の「9冠」を達成。公式戦で敗れたのは、1年生の時の東北大会で仙台高校に敗れたわずか1回のみである(ただし、この試合で田臥は勝負の瀬戸際に5ファールで退場している)。全国高校選抜では3年連続でベスト5に選出された。高校3年生時は地元で開かれたかながわ・ゆめ国体に出場、全国高校選抜では東京体育館に1万人の観客を動員した。また、この9冠目の試合が同校で50回目の全国大会優勝でもあった。現役高校生としては史上2人目の全日本候補選手に選ばれた。田臥勇太 フレッシュアイペディアより)

  • 田臥勇太

    田臥勇太から見た2006 FIFAワールドカップ

    サッカー日本代表の中澤佑二と親交があり、中澤が2006 FIFAワールドカップ後に代表引退を表明していた時期、田臥のバスケットへの真摯な姿勢や情熱に感銘を受け「オレはこんなに恵まれた環境にいるのに、何をやっているんだろう。もっと挑戦しないと」と代表復帰を決意するきっかけとなった。「約束の2010 中澤佑二ドキュメント」(2009年12月20日放送)では前述の代表復帰のエピソードを紹介されたほか、中澤の友人として共演している。田臥勇太 フレッシュアイペディアより)

  • 田臥勇太

    田臥勇太から見た関口宏の東京フレンドパークII

    関口宏の東京フレンドパークII」(2009年6月11日放送)に、五十嵐圭(バスケットボール選手)、宮崎大輔(ハンドボール選手)、稲葉洸太郎(フットサル選手)と共演した。田臥はチームをキャプテンとして率い、番組内のアトラクションに挑戦した。番組後半のダーツでは、健康に気を使って「ジューサーミキサーと野菜・果物」をリクエストし、これを稲葉が的中し、田臥にプレゼントした。田臥もダーツを投げたが「たわし」に当たってしまい、お返しとしてたわしを送った。田臥勇太 フレッシュアイペディアより)

  • 田臥勇太

    田臥勇太から見た東京体育館

    1996年4月、バスケットボールの名門校・秋田県立能代工業高等学校に入学後、即スタメンとなり、3年連続で高校総体、国体、全国高校選抜の3大タイトルを制し、史上初の「9冠」を達成。公式戦で敗れたのは、1年生の時の東北大会で仙台高校に敗れたわずか1回のみである(ただし、この試合で田臥は勝負の瀬戸際に5ファールで退場している)。全国高校選抜では3年連続でベスト5に選出された。高校3年生時は地元で開かれたかながわ・ゆめ国体に出場、全国高校選抜では東京体育館に1万人の観客を動員した。また、この9冠目の試合が同校で50回目の全国大会優勝でもあった。現役高校生としては史上2人目の全日本候補選手に選ばれた。田臥勇太 フレッシュアイペディアより)

  • 田臥勇太

    田臥勇太から見たPlayStation 2

    PS2・PSP用ゲーム『NBA LIVE 06』でエレクトロニック・アーツ社の「EAスポーツ・パートナー」として起用された。同ゲームには日本人選手として初めてFA選手として収録されたほか、日本国内向けの広告やポスター、パッケージに登場した。初回予約特典として、直筆応援メッセージの書かれたポスターおよびステッカーが用意された。田臥勇太 フレッシュアイペディアより)

  • 田臥勇太

    田臥勇太から見た日本

    田臥 勇太(たぶせ ゆうた、1980年10月5日 - )は、日本の男子プロバスケットボール選手。ポジションはポイントガード。神奈川県横浜市金沢区出身。B.LEAGUEの栃木ブレックス所属。秋田県立能代工業高等学校時代には世界ジュニア選抜に選ばれた。2004年、フェニックス・サンズの開幕ロースターに入った日本人初のNBAプレーヤーである。身長173cm、体重75kg、靴のサイズ29cm。田臥勇太 フレッシュアイペディアより)

83件中 61 - 70件表示