前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
173件中 1 - 10件表示
  • 疎開

    疎開から見た田舎田舎

    空襲や火災などによる損害を少なくするため、都市部の住民や産業を田舎へと移動(避難)させること。疎開 フレッシュアイペディアより)

  • ユニバーサルサービス

    ユニバーサルサービスから見た田舎田舎

    どこでも - 収益が上げられる都会のみならず、山村や離島などの田舎でも利用可能な地理的公平性ユニバーサルサービス フレッシュアイペディアより)

  • オクシデンタリズム

    オクシデンタリズムから見た田舎田舎

    と形容し、このような社会はやがて崩壊すると確信していた。フリードリッヒ・エンゲルスは、都市ですべての階級・地位の人々が、無差別かつ無関心に通り過ぎていくさまを団結の欠如と見て、「人間性が反発する何か」と評した。しかしこれは利点になり得るもので、都会の群衆や無関心は、人を開放することもある。19世紀イギリスをふくめ産業化過程にある国では、女性や田舎者が仕事・金・自由を求めて都会へ殺到した。産業化による荒廃・犯罪ギャング・売春宿等が待ち受けていても、人々は都会に流れ続けた。しかし一度去れば、田舎での確実な生活、固まった親戚関係、封建的・宗教的伝統への服従は失われ、それは時に猛烈な恨みを生む。オクシデンタリズム フレッシュアイペディアより)

  • ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇

    ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇から見た田舎田舎

    本作は、昭和50年(1975年)8月、母親が臨月を迎えたため、9歳の少年「ボク」が、伊豆半島の田舎町「富海」(ふみ)の田舎のおじの家へ預けられ、8月1日から8月31日までという決められた時間の中での過ごし方を自由に決め、行動し、子供のなつやすみを満喫する事を目的としたゲームである。ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇 フレッシュアイペディアより)

  • ぼくのなつやすみ

    ぼくのなつやすみから見た田舎田舎

    母親が臨月を迎えたため、田舎の親戚の家へ預けられた9歳の「ボク」(名前)が、夏休みの1ヶ月間、昆虫採集や虫相撲、魚釣りなどをしていくゲーム。ぼくのなつやすみ フレッシュアイペディアより)

  • 西村眞悟

    西村眞悟から見た田舎田舎

    1948年(昭和23年)7月7日、西村栄一の四男として大阪府堺市に生まれた。母・秀子は音楽家・東儀哲三郎の二女。一家は、堺市上野芝向ヶ丘町という丘の上の田舎の住宅街に住んでいた。西村が生まれたときには、家に長兄夫婦、姉、章三(のち衆議院議員)、勇三がいた。章三は、戦前戦後の混乱期に母子家庭となっていた生家から栄一のもとに来た。西村眞悟 フレッシュアイペディアより)

  • 都市

    都市から見た田舎田舎

    「都市」と呼んだ場合には、規模の大小を問わないのに対して「都会」「都(みやこ)」というと、「田舎」「鄙(ひな)」の対義語で、規模が比較的大きな都市を指す場合が多い。都市 フレッシュアイペディアより)

  • 鄙

    から見た田舎田舎

    フレッシュアイペディアより)

  • ウェスト・カントリー・ハーリア

    ウェスト・カントリー・ハーリアから見た田舎田舎

    イギリスの田舎に古くから存在する地犬で、現在のハーリアに比べるとよりオリジナルのものに近い犬種であるとされている。尚、生い立ちの異説としてフランスの旧王室犬であるキングス・ホワイト・ハウンドから生まれたとする説も唱えられているが、時系列的な食い違いが大きく信憑性に欠け、現在は否定されている。キングス・ホワイト・ハウンドは15世紀に献上された1匹の犬を基礎として誕生した犬であり、以後衰退する18世紀までフランス王室やその国と国交があった国の王族以外の手に渡ることが頑なに禁じられていた。ところが、ウェスト・カントリー・ハーリアはキングス・ホワイト・ハウンドが誕生する遥か前の15世紀にはすでに犬種として存在しており、その名の通り田舎で農民によってのみ飼育されていた犬種で、農民が王室の犬を入手すること自体が不可能であった。ウェスト・カントリー・ハーリア フレッシュアイペディアより)

  • 田舎町

    田舎町から見た田舎田舎

    田舎町 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
173件中 1 - 10件表示

「田舎暮らし」のニューストピックワード