131件中 11 - 20件表示
  • アイディル

    アイディルから見た田舎田舎

    アイディルは一種の絵とも言え、通常、田舎を舞台に、羊飼いと飼育される動物たちを描く。気取らない方法で語られ、人・動物・自然環境の3つを構成要素とし、調和の取れた一貫性、風景画や風俗画、動物画にならないようにする。この組み合わせの中で自然は素朴で写実的な方法で描かれる。アイディル フレッシュアイペディアより)

  • 所

    から見た田舎田舎

    後者の意味における「所」という表現は中世以後しばしば見られる。例えば特定の地域及びその住民の荷物などを差し押さえる「所質」、罪を犯した人間を特定の地域での居住・立入を禁止する「所払」、都会に住んでいた人が元来住んでいた故郷――江戸時代には田舎一般を指した「在所」などは、そこから派生した用語である。 フレッシュアイペディアより)

  • 交流居住

    交流居住から見た田舎田舎

    交流居住(こうりゅうきょじゅう)とは、都会に居住する人たちが、都会と田舎の両方に滞在・居住する場所をもち、仕事、余暇、趣味、学習など多様な目的において使い分け、田舎では地元の人たちと交流をする生活スタイルを指す。総務省による施策の一つ。交流居住 フレッシュアイペディアより)

  • いなか王兆作

    いなか王兆作から見た田舎田舎

    日本のどこかに存在する架空の村「屁呼壺村(へこつぼむら)」を舞台に、主人公田舎部兆作が巻き起こす騒動や型破りな田舎生活を描いた一話完結型の作品である。小学館の雑誌『月刊コロコロコミック』にて1992年8月号から1993年6月号まで連載された。単行本は同社より全2巻が発売されている。いなか王兆作 フレッシュアイペディアより)

  • トレンド

    トレンドから見た田舎田舎

    18世紀から19世紀にかけてのアメリカは、大半の生活物資の供給源は家庭内という生活様式で、家庭が生産活動と社交の場を担った。19世紀に入り、産業資本が生産する生活物資・日用品を広い地域に渡って存在する生活圏へ供給する単独行動の行商人という職業が生まれ、行商人は、未知の「物」に対するイメージを提供し欲望を駆り立てる役回りを果たし、近代的な広告や宣伝活動の先駆者となった。19世紀の半ば、田舎や小都市に雑貨屋が生まれ、工業都市が生む製品・商品やイメージを、定常的に地域へ供給する役回りを担うことになった。エルマー・ホィーラーのセールスマン心得第一条は、「ステーキではなく、ステーキの焼ける音を売れ!」である。キャンベルのスープ、ハインツのケチャップ、ヘッカーの小麦粉、カーネーションのミルクといった商標やブランド銘が憧れの的となった。これらのイメージは同時代のヨーロッパにも流れ、「豊かさ」を求めて、東欧や南イタリアから2300万人以上の人がアメリカへ移民として渡った。トレンド フレッシュアイペディアより)

  • Iターン現象

    Iターン現象から見た田舎田舎

    Iターン現象(アイターンげんしょう)とは、人口還流現象のひとつ。出身地とは別の地方に移り住む、特に都市部から田舎に移り住むことを指す。Iターン現象 フレッシュアイペディアより)

  • Mr.マサヒロ

    Mr.マサヒロから見た田舎田舎

    小さい頃、田舎(奈良県)に預けられ(両親が地方公演が多く)大人の顔色をうかがう、場の空気を読める子供に育った。田舎の大自然で育ち、山野を駆け巡る毎日。遊び中に、吉野川でおぼれて、九死に一生の経験をする。段々畑で、忍者ごっこをしながら、飛んでる最中に、着地に失敗し、両手首を骨折し、包帯で両手首をつられ、その時についたあだ名は「ピグモン:怪獣」だった。Mr.マサヒロ フレッシュアイペディアより)

  • トンヒルのクソの役にも立たないラジオ!

    トンヒルのクソの役にも立たないラジオ!から見た田舎田舎

    3月31日(第73回) - トンヒルのわがままし放題で田舎から上京して新生活を送る学生・社会人に向けて、タケノコ剥ぎの実態をKと共に調査。トンヒルのクソの役にも立たないラジオ! フレッシュアイペディアより)

  • 権兵衛狸

    権兵衛狸から見た田舎田舎

    田舎に一人住いをする権兵衛は百姓の傍ら髪結床を営んでいる。権兵衛狸 フレッシュアイペディアより)

  • 権助

    権助から見た田舎田舎

    田舎の出身で、非常にまじめな性格でもあり、「奉公人が三日たたないうちに逃げ出す」という人使いの荒い家で3年間勤め上げたことがある。権助 フレッシュアイペディアより)

131件中 11 - 20件表示

「田舎暮らし」のニューストピックワード