131件中 21 - 30件表示
  • 田舎者

    田舎者から見た田舎田舎

    田舎者(いなかもの)は、田舎に住む人、田舎育ちの人のこと。また物を知らない粗野な人をさげすみ馬鹿にしていう場合もある。田舎者 フレッシュアイペディアより)

  • ボルガルネース

    ボルガルネースから見た田舎田舎

    ボルガルネースは、アイスランド西部での商業の中心である。町の経済はレイキャヴィークからの旅行者および町の周囲の僻地にある別荘の利用者や農業従事者を対象としたサービス業、および種々の工業が主なものである。ボルガルネース フレッシュアイペディアより)

  • 中出那智子

    中出那智子から見た田舎田舎

    1966年ブラジルに渡った中出那智子は、油絵を描く時に独特のタッチ(マチエール・技法)を生み出すある道具と出会った。サンパウロの田舎で、家の壁を塗るのに使われていた「刷毛筆」と「砂」である。このマチエールを用いて描かれた最初の油絵作品が「牛と少女」。ブラジルの明るい太陽を象徴するかのように、コントラストの効いた力強い色調。また、その厚塗りは完成までに七度も漆が塗られる「輪島塗」を彷彿とさせるものだった。以降、本マチエールは、中出那智子独特のマチエール、油絵技法として定着した。中出那智子 フレッシュアイペディアより)

  • バイエルサ州

    バイエルサ州から見た田舎田舎

    多くの住民は田舎に住み、交通手段、道路が十分に無いこともあり彼らは貧しく生活している。州設立以来このことは主要な問題で、現在でも改善出来ていない。バイエルサ州 フレッシュアイペディアより)

  • ファミコン文庫 はじまりの森

    ファミコン文庫 はじまりの森から見た田舎田舎

    夏休みを利用して祖父の住む田舎である「くずの木村」にやってきた小学生の主人公が、一人の少女と出会い、ひと夏の不思議な体験を過ごす物語。田舎の描写は、昭和50年代頃を思わせるような、どこか牧歌的な雰囲気である。ファミコン文庫 はじまりの森 フレッシュアイペディアより)

  • 歴史序説

    歴史序説から見た田舎田舎

    王朝の交代を招く主因として、アサビーヤ(集団における連帯意識)を挙げる。「田舎や砂漠」( )の集団は質実剛健で団結力が強く、「都市」( )の住人を服属させて王朝を建てる。だが代替わりが重なると、建国の祖たちが持っていた質素で武勇を尊ぶ気風が失われ、奢侈や富裕生活への耽溺により王族同士の団結力が弱まり、かつて服属させた都市の住人のようになる。そうして支配力が低下するうちに、田舎や砂漠から来た別の集団につけ込まれ、実権を奪われたり王朝が滅ぼされてしまう。その集団によって新たな王朝が誕生するが同じ道をたどり、また次の連帯意識を持った集団に取って代わられると言う。農民と遊牧民の違い、その文明の発達、都市化という流れを押さえている。歴史序説 フレッシュアイペディアより)

  • 陸軍中野予備校

    陸軍中野予備校から見た田舎田舎

    たけしと同級の友人。天然ボケで人を疑うことを知らない性格。趣味は田舎のじーちゃんに手紙を出すことだが、必ず後に起こる騒動の前触れになる。陸軍中野予備校 フレッシュアイペディアより)

  • ダサい

    ダサいから見た田舎田舎

    語源については田舎という単語を「だしゃ」と読み、形容詞化して「だしゃい」と読んだものが転じて「ダサい」となったとする説、東京都民が埼玉県民を「だって埼玉だから」と蔑視した言葉が簡略化されて「ダサい」になったとする説、1978年版『現代用語の基礎知識』では暴走族起源の言葉とする説を採用しているが、定かではない。1970年代前半から関東地方の若者の間で広まり、1980年代にタレントのタモリが埼玉県民を嘲笑する意味で「ダサい」と「埼玉」を掛け合わせた「ダ埼玉」という造語を生み出して流行させた。ダサい フレッシュアイペディアより)

  • 道具屋 (落語)

    道具屋 (落語)から見た田舎田舎

    お次は田舎出らしい中年紳士。道具屋 (落語) フレッシュアイペディアより)

  • スウィフツ・クリーク

    スウィフツ・クリークから見た田舎田舎

    スウィフツ・クリーク(Swifts Creek)は、オーストラリア・ビクトリア州にある、メルボルンから約379キロメートル東にある海抜300メートルの田舎地域である。スウィフツ・クリーク フレッシュアイペディアより)

131件中 21 - 30件表示

「田舎暮らし」のニューストピックワード