131件中 31 - 40件表示
  • よろずや

    よろずやから見た田舎田舎

    「よろずや」と呼ばれる店は、主に田舎(地方)に多い。人口の少ない地域では、需要がないため専門店(食料品、日用雑貨)が成立しづらい状況にある。そのためよろずやが重宝されたのである。ごく小さなスーパーマーケットのような作りの場合もあるが、酒屋や駄菓子屋が他の商品も扱う場合などもあった。田舎の場合、生鮮食料品から文房具まで、という文字通りの「何でも屋」があることもあるが、小都市では日用雑貨のみ取扱う幅の狭い万屋の例が多かった。よろずや フレッシュアイペディアより)

  • アンデス・スペイン語

    アンデス・スペイン語から見た田舎田舎

    アンデス・スペイン語(スペイン語:español andino)は中央アンデスで話されるスペイン語の方言。コロンビアの南部から、エクアドル、ペルー、ボリビアを通り過ぎ、アルゼンチンの北西部やチリのアンデスの寒冷な荒地の地域に影響を与えている。アンデス・スペイン語はカスティーリャのスペイン語の影響を受けているが、都会の方がその傾向にあり、田舎や都会の一部ではケチュア語やアイマラ語、その他の土着言語の影響が見られる。アンデス・スペイン語 フレッシュアイペディアより)

  • 疎開

    疎開から見た田舎田舎

    かつては軍事用語であったが、日本においては第二次世界大戦末期に、攻撃目標となりやすい都市に住む学童、老人、女性、又は直接攻撃目標となるような産業などを分散させ、田舎に避難させるという政策を指す言葉として一般化した。都市計画学者の越澤明は、この言葉は元来防空都市計画用語で、当時の内務省の技師北村徳太郎がドイツ語「Auflockerung」を訳したものとしている。疎開 フレッシュアイペディアより)

  • ダーチャ

    ダーチャから見た田舎田舎

    ロシア語でダーチャは田舎の邸宅の意味である。ダーチャにはサウナを備えたものもある。普段は近隣の都会に居住し、週末のみ利用する持ち主が多い。特に夏の間は盛んに利用され、夏休みに家族そろって長期間ダーチャで過ごすケースも多い。かつての貴族の別邸から掘っ立て小屋のようなものまで、規模や質はさまざまである。ダーチャ フレッシュアイペディアより)

  • 土曜ワイド殺人事件

    土曜ワイド殺人事件から見た田舎田舎

    丑の刻参りをメインテーマとした今シリーズでは、舞台となる京都は魔界都市と称される程オカルト的な闇の部分が残っており、電車や救急車に大名行列のように先導者が付き、戦前という表現が太平洋戦争ではなく応仁の乱であるといった具合に時代錯誤な様子がよく描かれ、京以外を全て田舎と称する様に、群馬の存在を誰もが知らないとされて群馬以上に現実のそれを誇張した設定となっている。土曜ワイド殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • 恋の街東京

    恋の街東京から見た田舎田舎

    主人公、山田三起子(やまだみきこ、23歳)は、宮崎県の田舎(山奥郡山奥町(架空))出身で、現在は東京の青山の極小さな事務所でOL(オーエル)をしている。彼女は田舎出身であることに極度の劣等感を持ち、東京に代表される都会的なものに強い憧れと嫉妬を持っている。広尾生まれの友人に嫉妬し、代官山に嫁いだ友人を羨ましがり、原宿の無機質な雑踏の中に心の平安を感じ、そうしたお「洒落スポット」で友人達と夜遊びし東京の「都会」を心底楽しむ。都会の排気ガスの香りを喜び、外人や欧米在住の日本人を崇拝し、自動車はたとえベンツでも「大宮」ナンバーだと乗れない・・・など徹底的な俗物である。「エムザ有明」などバブル時期に刹那的に現れた娯楽施設も物語の舞台とされる。彼女は美人で、恋の出会いはあるのだが、こうした劣等感ゆえ、恋は紆余曲折を経る。最終的に彼女は好みの男性と結婚し、田舎へ帰り、田舎に東京の軽薄な文化を持ち込み、村おこしをし成功する。結局、彼女は一生軽薄な俗物として生き、幸福になる。恋の街東京 フレッシュアイペディアより)

  • メルボルンスプリングレーシングカーニバル

    メルボルンスプリングレーシングカーニバルから見た田舎田舎

    メルボルンスプリングレーシングカーニバル(Melbourne Spring Racing Carnival)は、オーストラリアのメルボルンを中心に、毎年春に行われる競馬のイベントである。都市部の大きな競馬場を中心に、田舎の小さな競馬場でも行われるが、本項目では代表的なカーニバルを取り上げる。日時は2007年のもの。メルボルンスプリングレーシングカーニバル フレッシュアイペディアより)

  • カントリーエレベーター

    カントリーエレベーターから見た田舎田舎

    アメリカ合衆国の穀倉地帯に設置された貯蔵用サイロが大型化して成立した。大型化したことにより巨大なエレベーターにて搬入を行うようになったことから、田舎にあるエレベーターという意味で名付けられたという説がある。カントリーエレベーター フレッシュアイペディアより)

  • 遥か群衆を離れて (1967年の映画)

    遥か群衆を離れて (1967年の映画)から見た田舎田舎

    19世紀ヴィクトリア朝時代のイングランド西部の田舎に済む農家の娘バスシェバ・エヴァーデンは容姿に優れ、頭の良い、独立心に富んだ女だった。彼女は近所の羊飼いガブリエル・オークから求婚されるが、物足りないと断ってしまう。叔父から大きな農場を相続したバスシェバは慣習に反して自ら農場を経営しようと試みる。牧羊犬の事故により全財産である羊をすべてうしなったガブリエルは偶然バスシェバの農場に雇われることになった。ガブリエルの助けで経営が軌道にのったバスシェバは、暇つぶしの悪戯に近隣の裕福な地主ウィリアム・ボールドウッドに恋を仄めかすヴァレンタインカードを送る。これを本気に受け取ったボールドウッドはバスシェバに夢中になり結婚を申し込むが、困惑するバスシェバは返事をはぐらかす。そのころ町に駐屯していた騎兵部隊の士官フランク・トロイは遊び好きで派手な男だったが、妊娠させた娘と結婚式を挙げようとした教会に娘が道に迷って現れなかったため侮辱されたと感じて婚約者を打ち捨てる。バスシェバはトロイに夢中になり、結婚する。トロイは農場の金を闘鶏に使い込んで夫婦の仲はうまくいかない。自分が捨てた婚約者が出産時に死亡したとしったトロイは後悔に苛まれてバスシェバの元を去り海に身を投じる。バスシェバへの愛を捨て切れないボールドウィンは結婚を申し込み、バスシェバは逡巡のすえにトロイが法的に死んだと宣告されるまで待って欲しいと返事をする。2人の婚約発表パーティーにおいて、トロイが突然現れ、激怒したボールドウィンはトロイを射殺する。ボールドウィンが牢獄に送られ、トロイを埋葬したバスシェバに対してガブリエルはアメリカに渡り人生をやり直すつもりだと告げる。これまでガブリエルが与えてくれていた無償の献身をようやく自覚したバスシェバは、ガブリエルに農場に残り夫となって欲しいと懇願する。遥か群衆を離れて (1967年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • コテジ

    コテジから見た田舎田舎

    コテジ(cottage)とは、近代においては田舎に建設された比較的小規模であるがこぎれいな建物をさす。建築学における用語としてはコテジが用いられるが、一般的にはコテージと称されることが多い。コテジ フレッシュアイペディアより)

131件中 31 - 40件表示

「田舎暮らし」のニューストピックワード