131件中 41 - 50件表示
  • 福井県道115号殿下福井線

    福井県道115号殿下福井線から見た田舎田舎

    起点付近は静かな田舎の県道といった感じで片側一車線の平凡な区間が続くが旧清水町域を抜けてからは徐々に周囲に家屋や店舗が出てき始め、未更毛川を越えてからは一気に都会の県道に変貌する。片側2車線、右折レーンも含めると3車線という区間もあり、非常に高規格な県道となる。しかしそれに伴って交通量も格段に増え、渋滞が起きることも珍しくない路線である。市交通網の中核を担う路線であるため、利用に際しては渋滞に十分注意が必要な路線といえるだろう。福井県道115号殿下福井線 フレッシュアイペディアより)

  • 夏色☆こみゅにけ〜しょん♪

    夏色☆こみゅにけ〜しょん♪から見た田舎田舎

    日本のどこかの田舎。今ここでは、ある1組の若い恋人達が離れ離れになろうとしていた。少年の名は鹿嶋直人、少女の名は月島千夏。小さい頃からずっと一緒だった2人は、鹿嶋家の都会への引っ越しに際してようやくお互いの気持ちに気付き、別れを惜しみながらファーストキスを交わした。夏色☆こみゅにけ〜しょん♪ フレッシュアイペディアより)

  • 田舎っぺ

    田舎っぺから見た田舎田舎

    田舎っぺ(いなかっぺ)とは、田舎で産まれ育った人のことである。田舎っ兵衛(いなかっぺえ)とも言う。田舎っぺ フレッシュアイペディアより)

  • デカ 黒川鈴木

    デカ 黒川鈴木から見た田舎田舎

    滝田務雄の警察小説『田舎の刑事シリーズ』を原作に、都会から離れた田舎にある警察署の刑事・黒川鈴木が、無能な部下たちと共に田舎で起きた凶悪事件の解決に全力で取り組む姿をコメディータッチで描く。デカ 黒川鈴木 フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・ソーンスウェイト

    チャールズ・ソーンスウェイトから見た田舎田舎

    1899年3月7日、ミシガン州の田舎町・ベイシティ(Bay City)に父アーネスト・ソーンスウェイト、母ミルドレッド・ソーンスウェイトの3人きょうだいの長男として誕生。家は貧しく、早くから家計を助けなければならなかったが、中央ミシガン師範学校(Central Michigan Normal School、現在のセントラルミシガン大学)に進学、1922年に卒業した。師範学校では地理も学習したが、得意科目は理科であったという。ここでは後に妻となるデンズィル・スレンツ(Denzil Slentz)、友人で後に研究上のライバルとなるジョン・レイリー(John Leighly)と出会っている。卒業から2年間はミシガン州で高等学校教員を務めたが、1924年にカリフォルニア大学バークレー校大学院に入学、カール・O・サウアーの最初の指導学生として地理学を専攻した。翌1925年に結婚するが、妻は慢性病を患っており、苦しい大学院生活を送った。チャールズ・ソーンスウェイト フレッシュアイペディアより)

  • シルバニアファミリー

    シルバニアファミリーから見た田舎田舎

    森に囲まれたシルバニア村に住む動物たちという設定を沿え、欧米の田舎のような世界観を築いている。シルバニアファミリー フレッシュアイペディアより)

  • ローカル線

    ローカル線から見た田舎田舎

    日本語でのローカル線は、閑散線区や旧国鉄の赤字83線など、もっぱら輸送量の少ない線区や航路に対して用いられているが、英語の「ローカル」(Local)は「地方」や「局所」など「狭い範囲の場所」という意味しか持っておらず、「都市」に対する「田舎」を表すものでも無ければ、「過疎」の意味合いも無い。都市も一つの地方であるため、「首都」でさえ「ローカル」である。ローカル線 フレッシュアイペディアより)

  • ぷくぷく天然かいらんばん

    ぷくぷく天然かいらんばんから見た田舎田舎

    初めはケケロの家の隣に住んでいたが、生まれつき身体が弱かったこともあって飼い主の配慮とケケロの説得で田舎へ引っ越す。ぷくぷく天然かいらんばん フレッシュアイペディアより)

  • 農村経済学

    農村経済学から見た田舎田舎

    農村経済学(のうそんけいざいがく, Rural economics)とは、農村(田舎)経済を対象とする経済学である。その分野は以下に渡る。農村経済学 フレッシュアイペディアより)

  • 北越雪譜

    北越雪譜から見た田舎田舎

    牧之が最初に本書の出版を期したのは、文化年間ごろ(1800年代、牧之30代の頃)とされている。縮みの仲買商人である牧之は江戸へ行く機会も多く、何人かの文化人と面識があった。田舎住人の自分では出版不可能と考えた牧之は、知己の関係にあった在江戸の文人山東京伝の協力の下に出版する計画を立てた。京伝も協力的であったが、前例のない著作であるため、費用の問題で出版を引き受ける版元が現れず、計画は沙汰やみとなった。そこで牧之は曲亭馬琴に相談し、馬琴も出版計画に乗り気であったが、京伝との関係悪化を懸念して、出版には至らなかった。北越雪譜 フレッシュアイペディアより)

131件中 41 - 50件表示

「田舎暮らし」のニューストピックワード